トンビに油揚げ事件はなぜ起きるのか?~なぜ狙っていた獲物をいつもかわいい女子に奪われてしまうのだろう?~



自分が少しずつ近づいて仲良くなっていい感じの雰囲気に持って行こうとしているまさにその時、いきなり素敵女子が現れてその獲物を掻っ攫っていく・・・そんな経験をなさったことはありませんか?
私はそれを「トンビに油揚げ事件」と呼んでいるのですが、その全容解明に努めてみたいと思います。

リクエストです!
南ちゃんタイプ(注1)にいつも狙ってた獲物掻っ攫われる当て馬ポジションからの脱却指南いただけないでしょうか?

※注1:昭和期の国民的ほのぼのしみじみ野球恋愛漫画のヒロイン。

南ちゃんの方はこちらなど眼中にも入ってないご様子で、なんならメンズも目に入ってなさそうなのに男らはふらふらと以下同音に吸い寄せられるんですよね。

てことは、南ちゃんは自分軸、私は他人軸。
ただそこに咲き誇る可憐な花の香りに蜜蜂もカナブンもヘラクレスオオカブトもただ引き寄せられているだけ、という自然の摂理でしょうか。

つい先日も包容力抜群の優しく成熟したオオクワガタも結局南ちゃんが一番だったという「ブルータス、おまえもか!」な事件がありまして。
鞘当て当て馬家業にほとほと嫌気がさしました。

でもバーンアウト状態が自粛期間より長引いて社会生活に支障が出てきたので根本さんに救難信号お送りしてる次第です。

南ちゃんたち(歴代たくさんいる笑)とは生育過程が違うからこその私なのだから、彼女たちとは違う魅力があるはず!の希望のもとに自己表現してきたのですが、その出発点がそもそも間違ってたのかな…?とふと思うこともあります。

ポジショニングのあれです。
よく姉妹で「お姉ちゃんがいつも赤とかピンク選ぶから、私は青とか緑選ぶようになった」とかあるじゃないですか。

私も南ちゃんたちは「遅れて来た人の追加オーダーさり気なくとる気遣い女子」だとしたら、私は「おっそーい、ペナルティーに一品おごって。と軽口言う役」だったり。

南ちゃんたちがみんな大好き北欧お花柄食器で手製のスイーツを振る舞うなら、私は旧帝国海軍デッドストックどんぶりに尾頭入あら汁出して「豪快だね…」と引かせたり。

私に姉妹は居ないし母が南ちゃんタイプだったというわけでもありません。
心当たり…がないのです。
いつの間にやらですね。
しいて言えば南ちゃんはなんというか「社会(とくに男ら)が求める理想の女子」の「私の中での投影」なのかな?とか。

根本さんのご見解いつかお読みしたいです。

野良の当て馬女子より。
(Aさん)

ああー、そういうのあるよねー。ほんと、めっちゃあるよねー。という声があちこちから聞こえてきそうな今日この頃ですが皆さんいかがお過ごしですか?

色々とお伝えしたいことはあるんですけど、Aさんって恥ずかしがり屋ですか?シャイですか?恥ずかしがり屋だからこそ、お祭り女になっちまうアレですか?

さて、「結局男は南ちゃんが好きなんじゃん」というブーイングの声もあれば、それをかき消すように「いやいや不二子ちゃんが一番でしょ!」という意見もあれば、「なんだかんだ入浴シーンを欠かさないしずかちゃんがいい!」という男もいれば、まあ、永遠に終わらぬ議論になりそうです。はい。

で、実は(というか予想通りかと思います)「トンビに油揚げ事件」というのは各方面で発生しておりまして、その被害状況が頻繁に寄せられております。
まさに「ブルータス、お前もか!事件」です。

で、Aさんはよくご自身のことを観察されていてご自身のこともよく分かってらっしゃいます。なので、正直、あんまり申し上げることないような気がしておりましてー笑

>ポジショニングのあれです。よく姉妹で「お姉ちゃんがいつも赤とかピンク選ぶから、私は青とか緑選ぶようになった」とかあるじゃないですか。

ええ、それってめちゃくちゃデカいように思うんですよねー。
要するに「自分を偽って生きてない?」という話です。

南ちゃん=気遣い女子 vs Aさん=ツッコミ(軽口)役
南ちゃん=お手製スイーツ vs 豪快お頭付きあら汁

ってことなら、男性に対しては勝負あったようなもので、むしろ、自分から勝負下りてませんか?という気がするんです。

その裏側には「あたしが南ちゃんと同じことをしても絶対敵わない」という思い込みのようなものがあるのかもしれません。

なぜ?
どうして?
なんで敵わないと思ってんの?

器量が良くないから?
性格がひねくれてるから?
色気がないから?
拾い食いしちゃうから?
根っからの武士だから?

・・・女を出すのが恥ずかしいから?

少しだけ、ほんのちょっとだけ、嫌な話をするとですね。

「南ちゃんタイプの女にいつも男を盗られるの!きーっ!くやしい!!」という方は、けっこうな確率で「実は、あんた、ほんまは南ちゃんやん」というケースなのです。

「ほんまの自分は南ちゃんやねんけど、それが受け取られへんっていうか、認められへんから、南ちゃんの逆に行こうとしてるねんな。でも、言うても基準は南ちゃんやろ?そしたら、ほんまは自分が南ちゃんやってこと知ってはんねんな」という話です。

(抵抗が強く出ると思いましたので、大阪ことばにてお伝えしました)

ところがー、ほんまは南ちゃんなんだけどー、それを出すにはなんか抵抗がある、いやいやあたし、そういうキャラじゃないし、というすっごい否定があるんですよね、たぶん。

>しいて言えば南ちゃんはなんというか「社会(とくに男ら)が求める理想の女子」の「私の中での投影」なのかな?とか。

ってなことも分かってるわけですからねー。誰が南ちゃんなのですかねえ?笑

Aさんがほんまにそうだ!とは正直言いきれないのですが、「トンビに油揚げ事件」でよくあるパターンとして、

【ほんとはとてもまっすぐで純粋な女の子】
→【そんなのは自分に似合わないと思って汚れ役に染まる】
→【表に出てるキャラが本物だと周りから認知される】
→【自分でもその役割が板に付いてきて違和感なくなる】
→【自分の本来の姿をすっかり忘れる】
→【なぜかまっすぐで純粋な女子が出てきて男を奪い去っていく】
→【なんであたしじゃあかんねやって悩む】

という流れです。

で、なんで本来の自分を受け入れられないか?というと、周りから否定されたこともあるし、親からそう決め付けられたこともあるし、学校での友達関係でそうなったこともあるんですけど、それらに加えてよくあるのが「思春期に素の自分で居ることがすごく恥ずかしくなった」という経験からです。

そりゃあ、自分で仕留めた鯛をさばいて一部は熟成かけて刺身にし、残りを豪快に鍋にぶち込んであら汁作ったりするのも嫌いじゃないし、できちゃうんだけど、本当はロイヤルコペンハーゲンの上品なカップにセイロンティーを注いで、手作りのパウンドケーキを振舞うことが、ほんまのAさんはしたいことかもしれません。

けど、そんなの似合わねーよ、とか、恥ずかしいじゃねーかよ、と思っちゃうんですよね。

だから、Aさんが持ってるほんとの魅力を出してなーい!!ので、せっかく育てた獲物を南ちゃんタイプに掻っ攫われることになるのかもしれません。

そして、そのとき男に教えられるんです。
「ほんまのあんたは南ちゃんやねんけどな」と。

それは切ないっすよねー。寂しいっすよねー。惨めっすよねー。

だから、Aさんが今向き合った方がいいかもしれないテーマは「セクシャリティ」ということになります。

飛躍した?
めっちゃ話飛んだ?

Aさんをカウンセリングするなら、真っ先に聞きたいのは「思春期ってどんな子やったん?学校ではどんなキャラで、家ではどんな子やったん?その頃、好きな子おった?その子とどうなったん?」的な話をあれこれ聞きたいと思います。

っていうか、私のお見立てだと「南ちゃんって言うよりも、大人になった南ちゃんって感じやと思うけどな」ってところですが。

なので、Aさんには特別にこんな宿題を出してみたいと思います。

○自分が大人の女性である証拠を探せ。

○色気を意識したメイク、ファッションで日々過ごせ。

○「いい男に愛される、大人のいい女」を日々イメージせよ。

この辺を1か月頑張ってみたら、雰囲気もガラッと変わるかもねー。

で、一般的に見ても「トンビに油揚げ事件」が起こる理由は、「本来の自分を隠して、全然違うキャラを演じているために、自分の魅力が伝わりにくい」というところにあるんですね。

そうすると、時には相手に自分の好意が全然伝わってなかったり、そもそも「女」を隠してしまって恋愛対象から自ら外れちゃったりしてしまうんですね。

じゃあ、なんでそんなことが起きるんだろう?というと、周りの影響もありますが、特に思い当たらないってときは「セクシャリティ」というか「恥ずかしさ」がポイントになることが多いですよ、と思うんです。

素直な自分になるのって恥ずかしくない?
彼の目を見て「好き」って伝えるのって恥ずかしくない?

そのあたりかな、と思うのですが、いかがでしょうか。

★すっぴんの自分で生きられるようになる本&セミナー動画

『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』(大和書房)

*セミナー動画:心のメイクを落として本来の自分らしさを取り戻すワークショップ3days


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
トンビに油揚げ事件はなぜ起こるのか?
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
音声・動画配信サービス
セミナーDVD

あわせて読みたい