離婚後の婚活がなかなかうまくいかない理由とは?


自信もあるし、自己肯定感も高め、そんな自分がなぜ婚活がうまく行かないのか?
様々な理由がありますが、よく浮上する理由をいくつか紹介しています。
(1)離婚の清算は済んでる?(2)親との距離感は適切?(3)その他、です。

はじめまして、Fと申します。
根本さんのブログはいつも本当に楽しみにしてます!大好きな根本さんにネタのリクエストがあります、聞いてください。
私はシングルマザーです。元夫とは、不倫と借金が、原因で、離婚しました。
根本さんに相談したいのは私の婚活についてです。いま再婚を目指して婚活をしています。でも根っからのイケメン好きで(元夫もイケメンでした)、イケメンとマッチングしても、子どもがいることを伝えると音信不通になってしまうことが何度かあり、うまくいきません。
イケメンじゃないと気持ちが盛り上がらないし、会うことがめんどくさくなってしまいます。絶望的です。
あと、元夫とは性格の相性は良かったのに離婚してしまったので、自分にどんな人が合うかわかりません。私にはどんな人が合うと思いますか?子どもがいることはいつの段階で言えばいいと思いますか?イケメンじゃない人を好きになるにはどうしたらいいですか?
私は母親以外にはやってもらうことが苦手で、受け取り下手だと思います。人当たりは良く、昔から要領よく生きてきました。
私、いけてるじゃんと思える自己肯定感も高めです。空気や人の気持ちを読むことは得意で人間関係も良好です。ただ表面的な人間関係だけです。だから、深くつながれるパートナーが心底欲しいんです。使えそうならネタで使ってもらえるとうれしいです!
(Fさん)

好きなものは好きなので、イケメンがタイプだったらしょうがないと思うんですよね。
「うまく行かせるためにタイプじゃない人を選ぶ」というのは、なかなかドMな選択だと思うので、基本的にあまりお勧めしていないんです。

だから、

>イケメンとマッチングしても、子どもがいることを伝えると音信不通になってしまうことが何度かあり、うまくいきません。

という場合もそれはイケメンだからなのかなあ?と思っていいんですな。

「今まではたまたま子どもがいることを伝えたら音信不通になるイケメン」としか出会って来なかった、と解釈すればいいと思うのです。

「子どもがいても態度が変わらないイケメン」だっていると思います。

それに、、、イケメンを外して「この人とならうまくいく」と思った彼に同じ目にあったら殺意すら覚えるでしょ?(笑)

好きなものは好きで、しょうがないんですよね~。

ただ、離婚したあとって予想以上にダメージが大きくて、うまく行かない相手を選んでしまうことも多いんです。
離婚後に不倫ばかりを繰り返したり、体だけの関係ばっかりになったり、野良猫くんやロックマン氏にしか惹かれなくなった話は私のブログでもよく登場してますよね~。

カウンセラーとしては、その離婚問題に気持ち的にちゃんとカタをつけられたのかどうかが気になるところです。

意外と内面的に「うーん、今は男は欲しいけど、ちゃんと付き合うってのはまだいいかなー。いずれは欲しいと思ってるんだけどね~」なんて場合も多いです。

今起きていることが正しいこと、という見方をするならば、うまく行かない状況をどこかで望んでる自分がいるんですね。
そもそも人付き合いが上手なFさんですから、テキトーな男ならすぐ見つかるはずでね。

離婚の傷を若干引きずっていたり、それがゆえに、「次こそは!」と鼻息荒くしていたり、あるいは、どこかで「復讐心」が首をもたげていたり、もしかしたら自分自身を見失ってしまっているのかもしれません

だから、改めて、自分にとって何が大事なのか?ってことを考えて見るのがいいんです。

どういう恋愛がしたいのか?
どういう人とお付き合いしたいのか?
どういう関係性を築きたいのか?

こういうところを具体的に描いて見るんですね。

それこそ私の個人セッションでは生活スタイルから笑いのツボからセックスの相性から、非常に事細かく見ていくことも多いです。

その辺はライフワークストーリーを描くのと似ています。

私ってこういう女なんだぜ!!と自覚するためにも役立ちます。

ちなみにこの本で紹介しているワークは恋愛や結婚に関しても役立つと思います。

>「つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法」(あさ出版)

相変わらずさりげないステマをかましております(笑)

Fさんはきっと表面的にうまくやれる器用な人なので、それが逆に災いになってるかもしれないですねー。
いわゆる器用貧乏ってやーつ。

自己分析もできているし、空気も読めるし、そつなくうまくやっちゃうタイプかもしれません。

そういう方は自己肯定感が高めでも、中心部分は闇に閉ざされていることも多く(心のドーナツ化現象)、ある面で他人軸になってしまうケースも散見されております。

つまり、外向きの自己肯定感は高めでも、内面的な自己肯定感が低くなっちゃってるパターン。
そういう方は野良猫化して、親密な関係を築くのが苦手になってるケースもあるんです。
外から見たら「なんの問題もなさそう」なんて言われる人に多いです。

それで、揚げ足取り名人と呼ばれる(!?)私が引っかかったのがこの部分、

>私は母親以外にはやってもらうことが苦手で

お母さんとの距離感ってどう?近過ぎたりしてない?と勘繰ってしまうのです。

特にシングルマザーになると実家に頼るケースも増えると思います。
そうすると、お母さんとの距離感が近くなりすぎてしまう場合もあるんです。

つまり、「私のパートナーはお母さん」現象が生まれます。

お母さんが1番になるので、そういう心理状態で婚活をすると「愛人探し」をしているような感じになります。

だから、刺激的な恋がしたくなったり、うまく行かない恋に走ったりしてしまいがちになりますね。
安定的なパートナー(=母)がいるわけで、愛人探しとしては冒険ができるからです。

また、本命のパートナー(=母)がいるわけですから、愛人探しにはそんな本気にならなくても大丈夫になります。

でも、その相手がお母さんですからそんな意識はありません。

それで、なんでうまく行かないんだろう?という現実が巻き起こるわけです。

以前も夫の不倫から離婚された奥さんが実家に戻って親に子どもの面倒を見てもらいながら婚活を頑張っていたのですがやっぱりうまく行かず、内なる心を掘り下げていったら「イケメンとセックスしたいだけの私」が出て来たケースもありました。

だから、彼女は「顔はいいけど中身のない男」とか「顔はいいけど気まぐれな遊び人」のことばかり追いかけていたのです。

Fさんの場合はそこまで確信をもって話をしているわけではないのですが、そういう可能性もあるのかなあ?という目で見てもらえると新たな発見につながるかもしれません。

だから、ライフワークを含めた「私の人生の設計図」を描いてみることをお勧めしているんですよね。

最高の幸せって何だろう?
どんな暮らしがしたいんだろう?
どんなパートナーシップを築きたいんだろう?

そういう視点に立って自分を見つめ直してみるといいかもしれません。

そんなパートナーシップをテーマにした1DAYセミナーはこれだ!!

『もう野良猫・ロックマン・ダメンズはいらない!自立系武闘派女子が幸せなパートナーシップを築くための1DAYセミナー』
東京:2018/12/22(土)10:00-18:00 (神楽坂)
大阪:2019/1/20(日)10:00-18:00(本町)

東京:12/22(土)、大阪:1/20(日)もう野良猫・ロックマン・ダメンズはいらない!自立系武闘派女子が幸せなパートナーシップを築くための1DAYセミナー

ということで、まとめてみると・・・

〇元夫との心理的な葛藤って大丈夫?
〇自分がほんとにしたい恋って何かデザインしてみる
〇お母さんとの距離感は適正?

この辺に注目してみてはどうだろう?というお話でした~。

★毎週月曜日はオンラインスクール!恋愛ネタももちろん扱ってます。次回のテーマなんてまさにそうじゃね?

次回はコレ!
『性欲が強い男性が抱える罪悪感を癒してあげるにはどうしたらいいのでしょうか?』

登録はこちらから!!
https://www.mag2.com/m/0001677732.html


あなたにオススメ