野良猫君との結婚ってアリですか?


ポイントは「野良猫を追いかけてるのもまた野良猫」の法則。
自分がほんとに結婚したいのか?という内面的事情に目を向けるのがお勧めです。

根本センセ
野良猫男と結婚ってあるんでしょうか?
野良猫との関係も1年がたち、待つってことを学びつつあるのですが、彼に待っててもいいことなんてないって言われたんです。待ってもプロポーズとか結婚とかねーよってニュアンス。
未来のない男とずっとこのままいるのって、アホらしい。
私だって結婚してみたーい!けど、人畜無害の男じゃ物足りない。
根本センセ、野良猫が好きな女が野良猫と結婚できるか教えて!
(Yさん)

ま、野良猫らしい反応ですわなー。
でもさ、野良猫と結婚すると、家猫になるわけでしょう?
それって面白い??

それとも、結婚しても野良猫のまんまでいいの?
気が向いたときだけ帰って来て、よその雌猫にあちこち手を出したりするの。

あと、最近よく聞くのが「野良猫のエサやりがうまく行ってだんだん懐いてくれるようになったんだけど、なんだかおもしろくなくなってきたんだけどー」って話。

Yさんもそうだけど、野良猫がなんでいいか?っていうと、思い通りにならなくてキリキリしたり、あんまり来ない連絡にやきもきしたり、他の猫との関係にドキドキしたり、嫉妬したり、そういう「刺激物」としての魅力が大きいんでしょう?

手に入りそうで手に入らない、という部分にコーフンするのよね?
ほら、スカートの中身が見えそうで見えないコーフンってあるじゃない?それと一緒でしょ???(え?違う?)

ということで、ほんとに野良猫な彼と結婚がしたいのか?ってのが一つのポイントなんですよね~。

例えば、こんな人もいるんです。
野良猫くんを追いかけてるのに疲れたから、ふつうのまともな人と結婚した女性。
けど、やっぱりつまんなくなって、気まぐれに連絡寄こしてくる野良猫くんと浮気しちゃってるのね。
「もー、あたし、なにしてるんだろー??」って思うんだけど、それがやめられなくてねえ・・・という話。

それから、こんなケースもあってね。
野良猫くんを追いかけてて色々勉強して餌付けをするようになって、結婚することになったのです。
おぉー!すげーじゃん!!って感動してたら、

「で、でも・・・私、断っちゃったんです・・・」

って。「なんで?」って思うじゃない?1,2年も追いかけてた獲物が手に入るんだよ!?

そしたら、彼女、彼から「結婚考えてる」って言われた瞬間にもんすごく怖くなっちゃって、ダメダメダメーって思ったそうな。
それで、なにしてるんだろー?って思いながらも、別の野良猫を探し始めて、職場の年下の子がそれっぽくて気が写り始めてたのね。

結局、相手じゃないのかもなあ・・・と思うんです。

野良猫を追いかける女子って自分も野良猫の可能性が高いんですよね。
Yさんは自覚あると思うけど。

野良猫君と結婚すると、彼も家猫になるってことなんだけど、じゃあ、自分も家猫になるんですよね。
それ、許せるのかなあ?と。

そう、カギは「私も野良猫?」ってところにあるのかもしれないのです。

つまり、今は彼が「待ってても何もねーよ」って言ってくれてるんですね。
それが自分にとって“大変都合がいい状況”だとしたらどう?

自分が結婚しないのは彼のせいにできるでしょう?
彼が逃げてるし、彼が捕まらないから結婚できないって正当な理由ができるでしょう?

でも、ふと立ち止まって自分の心を見てみたらどうでしょう?

「うわっ!結婚したくないのはあたしの方だった!」と言う革命的な気づきが出てくるかもしれないのです。

で、根本センセはYさんに問うわけです。

「私だって結婚してみたーい!」って言うけど、なんで???って。

結婚して、何を手に入れたいの?どんな気分になりたいの?どんな未来を描いているの?
結婚したら、Yさんはどういう生活をするようになるの?
彼とどんな夫婦になりたいの?

そんな「内面的事情」に目を向けてみるのもすごく大事なことだと思うのよね。

だから、自分なりに結婚へのイメージを高めていくのがお勧めです。

そうすると自分が結婚に対して求めているものと、野良猫君が一致しなくてあっさり手放せる人もいたりしてね。

どうなるかは分からないんだけど、やっぱり答えは自分の中にあるんです。

野良猫君に対してはプロポーズを待つのもアリ。
けど、結婚に関しては彼はものすごく臆病だし、自信もないので、彼女の方から積極的に仕掛けていくのが一般的。

よく「トンビに油揚げ事件」というのが勃発するんだけど、それは「彼が結婚したくなるのを待っている」ところに、若い何も考えてない女子とかが「ねー、○○さーん、大好き~!!ケッコンしようよー!ええーなんで!?いいじゃん、いいじゃん!」って押し切っちゃうケースがとても多いのですね。

だから、小手先のテクニックかもしれないけど「私と結婚するとこんなお得よー、あなたこんないい思いができるのよー」って、結婚をにおわしつつ、徐々に包囲網を狭めていくのもいいよね。

少なくても、野良猫君との結婚には、彼女側のコミットメントが必要なんです。

本気で「彼と結婚して幸せになるんだ!!」という思いが大事なんです。

「もし、彼がその気になったら~」ではちょっと後手に回っちゃうかな??

ということで、自分が「結婚」に対してどれくらい本気かどうか?を見極めて、さらにその本気度を高めていく意識を持ってみるのがお勧めですよー。

どう?読んでて怖くなってきてない?(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事