(本のご感想)螺旋階段のように8年前よりは少し成長して生きていけたらと思います。



「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)に感想を頂きました!

ありがとうございます。

「7日間で自己肯定感をあげる方法」のワークを終了しました。
自分をわかっているようでわかってない部分もあれば、わかっていても認めたくない自分がいたり、落ち込みもすれば、これでいいんだと思えたり。笑

自分にダメ出しすることはありますか?の問いで、「人ができてることが自分には出来ない」と紙に書いた瞬間、「いや?そうでもないな…。」と思い苦笑いしました。
自分では当たり前にみんなやる事と思っていることを、話す人みんなに「私にはできない」と言われたことあったなと思いだしたからです。

結局、本を読み終えて、8年前先生のセミナーに何度か参加させてもらって、他に心理学の勉強もして、自分で乗り越えられる!と思ってきたけど、また元に戻ったじゃん…と落ち込みましたが、自分軸で生きたらいいとわかっていながら、また犠牲の道を選んでの繰り返しをしてきたから当然こうなるわなと納得もし…。

病気になって、いつまで元気で動けるかわからんとなった時にやっと、「自分はどう生きたいか」に向き合おうと思えたのが遅かったかなと思ったりもしますが、そうやって自分を犠牲にして生きてきた優しすぎる自分も認めてあげないと可哀想すぎますかね。

私はなぜか知らない人によく声をかけられます。人に仲良くしてほしいと思われもするのですが、なに分正義感の強さと白黒ハッキリしたい性格と、直感で生きてしまうので、人を遠ざけもします。信じたがために裏切られた事があるからかもしれませんが。 今の私でもOKと言ってくれる友人たちがいるし、わたしが今したいと思っていることを形にしていこうかなと今は考えています。

螺旋階段のように8年前よりは少し成長して生きていけたらと思います。
上がったり下がったりでしょうが。笑 先生にもまた会いにいけたらと思っています。
(Nさん)


あなたにオススメ