「ココロ(心)」が「現実」を創り出す。

愛されないと思っている人は、愛されないと感じられる状況を作り出し、自己嫌悪があると自分を嫌悪するような出来事に遭遇する。私たちは現実に振り回されやすいのですが、実はその現実は心が作り出しているのです。

心が先なんだな・・・と様々な事例を見て思うのです。

罪悪感があるから、自分を傷つけるような出来事を引き寄せる、、、
自分は必要とされてないという感情があるから、気が付けば輪から離れてポツンとしてしまう、、、
無価値感があるから、彼の心無い言葉にいちいち傷ついてしまう、、、。
我慢して様々な感情が溜まってしまってるから、それを解消するためにお酒を呑み、ギャンブルにハマる、、、。
その感情の存在を証明するかのように、現実が起こるのです。
というよりも、正確には現実に起きていることはすべてニュートラルですよね。
良くも悪くもありません。
それをどういう風に解釈するかによって、それが最悪の出来事にも、最高の出来事にも変えられるのです。


ある人は後から思えば豊かな家庭で育ちました。経済的に何も困ったことがなかったのに、お母さんはいつも「お金が無い、お金が無い」と言いまくっていたそうです。
だから、彼女はいつしか「うちにはお金が無いんだ」と思い込むようになりました。
大人になり、仕事を始めた頃からある問題が彼女にのしかかります。

「決して少なくない給料を頂いているのに、なぜか毎月ぎりぎりの生活になっている」

彼女の心の中にはお母さんからの影響を受けて「お金は無いものだ」という概念が出来上がってしまっています。
だから、彼女は忠実にその言葉を守り続けるために、稼いだお金を使って「お金が無い」という状態を作り出しているのです。

だから、彼女にはこんな提案をすることになるんです。
お金を何とか貯めようとして頑張るよりも、お母さんに対して持っている感情や、お金に対する概念を変えていく方が効果的だよね、、、、と。
また、ある人はお父さんとの関係がとても悪く、自分は父に嫌われている、という思いを持って大人になりました。もちろん、自分も父のことが嫌いなんですけどね。
「お父さん」は「男性」のシンボルです。
だから、彼女は男性との関係がどこに行ってもうまくいかないのです。最初はいいのですが、だんだん悪化して上司でも、恋人でも、ケンカ別れをしてしまうんです。
その行動を通じて彼女は「自分は男性に嫌われている」という現象を創り出しています。

そんな彼女に私はとてもえげつない提案をしたんです。
「ほんとはファザコンなんだよね~!だから、パパに好き!って言ってごらん!」って。
苦虫をかみつぶしたような顔をして、でも、彼女は数年間連絡を取っていなかった父に連絡をし、本当はお父さんのこと好きだったみたい、と伝え、思わず、ごめんね、という言葉が出てきて、その後、号泣してしまったそうです。なぜか。
お父さんは黙って聞いてくれ、何も言わずに電話が切れたそうですが、後日、お母さんが「あの日、たぶん、お父さんも泣いてたと思う」と聞きました。1人で背中を向けてじーっっとしていたそうです。
また、ある人のご主人は浪費癖がありました。いきなりスポーツカーやら海外の別荘を買ってきたりしたこともありますし、競馬好きで共同オーナーになっていたりもしました。
でも、彼はふだんものすごくいい人で、ものすごく仕事に熱中する人だったんです。
だから、奥さんにはこんな話をしたんです。
もし、その浪費癖を直したければ、彼のいい人な部分を先に直した方がいいですね、と。
その癖は彼の行き場のない感情(ストレス)が作り出したもの。
いい人をしてる分、また、プレッシャーの強い仕事をしている分、我慢してるものもまた相当なものですから。
ある人は自分なんて愛されない、と強く信じていました。親から全然愛された記憶が無いからです。
だから、彼女を褒めても、価値を伝えても、承認しても、すべてネガティブにしか受け取れません。
「また心にもないことを言って」「仕事だから仕方なくやってるんでしょう?」「全然違うと思います」「それって私、性格悪いってことですよね?」「誰にでもそういうこと言うんですか?」「それってセールストークですよね?」等々。
「愛されない」という思いを守るために、誰からの愛も拒否していくのです。

そんな彼女には親の愛、人の愛を見つめていくことを提案していきました。
時間はかかりますけれど。
でも、不思議と彼女の周りには彼女のことを温かく見守ってくれる人もいたんです。
彼女が拒否しても与え続けてくれる人たちが。
そうして少しずつ彼女の心は開かれ、愛、というものが分かるようになっていきました。
私たちは現象に振り回されてしまうものですが、その奥にある心、感情に目を向けていくと、その本質が見えてきます。
そして、その本質を変えることで、現実を変えていくことを私は提案し続けています。
少し時間はかかりますが、確実だと思いませんか?

さて、今あなたが抱えている問題があるとするならば、それを作っている心(感情)は何なのでしょう?

そういう見方をするだけでも、またその問題の意味が見えてくるのではないでしょうか。

毎日使える心理学講座

Facebookページ > https://www.facebook.com/nemotohiroyuki

Twitter > http://twitter.jp/nemotohiroyuki

★好評発売中!根本裕幸の近著。

こじれたココロのほぐし方 頑張らなくても愛されて幸せになる方法


関連記事