理不尽な態度には嫉妬が隠れている!?


なかなか分かり辛いけれど、理不尽な態度を取られる裏にはかなりの確率で嫉妬心が隠れています。
だから、それを否定するのではなく「ありがとう」って受け取るのが解決への近道なのです。

新しく勤めた先で何かと意地悪をされるというAさん。
仕事のことを質問しても無視されたり、お昼ごはんも一緒に食べさせてもらえなかったり、陰口を叩かれていたり、明らかに理不尽な仕事を回されたり。

嫌われてるのかな・・・と悲しくなってしまう彼女。
でも、出会ってすぐに嫌われるって・・・そういう酷い雰囲気の職場なのかなあ?

転職をして念願だった仕事に就けて、毎日が楽しくなってきてから、彼とのケンカが増えてきたというBさん。
彼がやたら理不尽な理由で怒りだすそうで、この間もGWに旅行行こうって言うから色々と案を練ってきたら、「仕事になるかもしれんから旅行の計画なんか立てられへん」と言われて、え?どういうこと?って戸惑ってしまったそうで。



最近彼ができたCさん。
でもそんなこと言ってないのだけど、最近お母さんの態度がやたら冷たくなってます。
ちょっとでも帰りが遅くなると「あら、色気づいちゃって」みたいな嫌味を連発。
休日に普段は見向きもしないショッピングモールへ連れて行けと吹っかけてきて、彼氏とのデートを邪魔してる(!?)お母さん。
今までは「いつになったら私は孫に会えるのかしら」って言ってたのに、「あんなは結局お父さんとお母さんと一緒に暮らすのが一番なのよ」と言い出したり。

一見、そうとは分からないものですが、一歩掘り下げてみると意外と出てくるのが「嫉妬」の感情。
私たち日本人はとかく嫉妬の民族と言われるくらい嫉妬心が強い、情熱の男女が集まってる国なのです。

しかし、嫉妬なんて感情、感じたい人はいないですし、感じても認めたくないですし、できるだけそこからは離れたいと抑圧するのが人の心理です。

だから、「嫉妬してる」と言うことが分からないように嫉妬してるんです。
その嫉妬が出やすいのが「理不尽な態度」という側面。

まさか嫉妬されてるなんて当の本人は思っていませんし、指摘されてもすぐにはピンと来ません。

Aさん。自分は新人で一生懸命仕事を覚えようとしているだけです。
Bさん。やりたい仕事に就けたんです。
Cさん。彼氏ができたとはいえ、お母さんのこと蔑になんかしていません。

でも、もしかしたら相手はあなたの境遇や、あなたの若さや、一生懸命さに嫉妬してしまうのかもしれません。

あるいは、自分はつまらない仕事をしているのに、お前ばっかり好きな仕事ができて良かったな、と思うのかもしれません。

それとも彼氏に娘を盗られると思うから、娘を束縛しようとしているのかもしれません。

でも、A~Cさん。その話を伝えても、えーっ!?そんなことないですって!とおっしゃるに違いありません。

だって、この自分が嫉妬されてるなんて、全然想像できないですもの・・・と。

でも、人は自己否定が強く、自信がない分だけ、すぐに嫉妬心に火を付けます。
そして、嫉妬してるなんて認めたくないからそれを抑圧します。そして、その理不尽な態度が生まれます。

その嫉妬される領域が自分でも分かるようなところだったらいいんです。
でも、意外と人はあなたが気付いていないあなたの長所に嫉妬したりするんです。(それがとてもややこしい)

「自分はふつうにしていた。でも、相手はその素直さや一生懸命さに嫉妬した。」としたら、全然理解できないでしょう?気付きすらしませんよね。

だから、むしろ、こう思ってみてください。

「理不尽な態度を取られたら、何かは分からないんだけど、嫉妬されてるんだ、この私が・・・」

嫉妬されるということは、相手はあなたの価値を見ている、ということです。
つまり、あなたは素晴らしいと相手は思ってくれているのです。
信じられないでしょ?
でも、それを信じないと関係性はますます悪化します。

先輩「あなたってほんとに可愛いよね」
自分「え?そんなことないですよー。全然私なんて可愛くないですよ~」
先輩「そんなことないよ。あなたってほんと可愛らしいよ」
自分「そんなことないですって!冗談言わないでください!」
先輩「あ、そう。(ムッ)」

ってシーン、想像できます?

嫉妬されてるときってこれが起きてるんですよ。
もちろん、水面下ですけどね。

だから、あなたが自分の価値を信じていないと、余計にこじれてしまうんです。

ややこしいでしょ?
でも、相手も悪気はないんですよ。
嫉妬してる自分にすごく嫌気が指してるんですよ。
何とか正当化しようとしてますが、理不尽なことしてることに罪悪感すら持ってるんですよ。

そこで、自分がその嫉妬を受け止めることができれば最高です。
理不尽な態度を取られてるのに、ああ、嫉妬されてるんだ、私の価値見てくれてるんだ、ほんとは私のこと好きなんだ、と思うのは難しいですけどね。
だから、思い込んだらいいと思います!(笑)

そしたら、自然とその人たちに対してあなたは物腰が柔らかくなり、ありがとうございます、という態度に出られます。

先輩「あなたって可愛いよね」
自分「本当ですか?ありがとうございます。嬉しいです!」
先輩「そういうところも可愛いよね」
自分「え?嬉しいです。そんなに褒めないでください。照れます」

こんな関係を築くイメージです。

理不尽な態度の影には嫉妬あり・・・そう覚えておくと役立つんじゃないでしょうか?

毎日使える心理学講座

 Twitter > http://twitter.jp/nemotohiroyuki
 Facebookページ > https://www.facebook.com/nemotohiroyuki

 ★好評発売中!根本裕幸の近著。
こじれたココロのほぐし方 頑張らなくても愛されて幸せになる方法


あなたにオススメ