痛み止めのための?


「来月になればやっと旅行に行ける。それまで何とか頑張ろう」
「週末やっと彼に会える!それまで我慢我慢」
「今週、ようやく飲みに行ける。それまでは何とか凌ごう」
「今週を乗り切れば3連休だ。釣りに行ったり、友達と遊べる」

旅行やデートや飲みや遊びが「痛み止めの注射」になってませんか?


例えば、今週は仕事が特別に忙しくて(大変で)、それを乗り切れば解放される!というのならばまだいいかもしれません。

しかし、もともと仕事はつまらない、けど、生活のためにやっている、仕事以外にワクワクするものがそんなにない、毎日が退屈している、いっぱいいっぱいで疲れてる状況だとすると、旅行や遊びはいわゆる“現実逃避”の手段になってしまいませんか?

旅行に行ってリフレッシュして、でも、日常に戻ればまた次の旅行を目指して耐える日が続く・・・

それで本当にいいんでしょうか?
どうしようもないじゃん・・・と諦めていませんか?

歯が痛くなって痛み止めの薬を飲んで、痛みが去って・・・でも、また痛むようになって薬を飲んで・・・。
やはり歯医者さんに行って、虫歯そのものを治療した方がいいと思うんです。

カウンセリングでもいっぱいいっぱいな方に旅行はよくお勧めします。
私自身が好きだからというのもありますが、日常を飛び出して違う世界に行けば、自分の日常を客観的に見つめ直すことができます。
また普段できないことも旅先ならばできるので自分の可能性を広げることができますし、リラックスした分だけ、様々なインスピレーションを受け取れます。

友達と会ったり、趣味にでかけるのも、当然、デートだって大事なものです。

しかし、それが“今”から目を背けるものであったとしたら虚しいかな、と思うのです。

“今”をもっと楽しませてくれるもの、やる気にさせてくれるものならばいいんです。
「来月になればやっと旅行に行ける!めっちゃテンションあがって仕事が楽しい~!」
「週末やっと彼に会える!だから、嫌な上司の小言も笑顔で聞ける~」
「今週、ようやく飲みに行ける!ワクワクしてめっちゃ仕事が捗る!」
「今週を乗り切れば3連休だ~!よっしゃやるぞー!」

もし、そうでないのであれば、やはり“今”苦しい自分がいるんです。
その自分を解放させてあげることに目を向けるのも大切なんじゃないでしょうか。

本当の自分って何なんだろう?
自分は何をしたいんだろう?
自分がワクワクする物って何だろう?

感情を押し殺して、ロボットのように、無表情で日常を過ごすことをやめていきませんか。
諦めてること、我慢してること、無理していることから脱却しませんか?
もうそのこと自体を諦めようとしていませんか?

大丈夫です。必ず復活は遂げられます。

ちょっとした勇気で変えられます。

1月ですしね。いろいろ始めるにはいい時期だと思います。

“今”をより楽しめ、幸せを感じられますように!

ちなみにこんなワークショップもあります。

ワクワクしたことを探したい方のために。

『夢を現実にするための心理学~夢や目標はこう設定すると実現しやすくなる!~』
1/19(日)名古屋・名駅・ウインクあいち
1/26(日)東京・五反田・ゆうぽうと
2/23(日)大阪・江坂・ホテルパークサイド

詳細はこちらl

毎日使える心理学講座

関連記事