ヴィジョンを描くならば、それを描く場所も重要では?



カウンセリングやセミナーの宿題でヴィジョンを描いて頂くことがあります。

こんな風になったら嬉しいな。
ああなったらめっちゃ楽しいだろうな。

と夢を描いて頂くこともあれば、その人の問題に合わせて、

どんな仕事をどのようにしているのか?
彼とどんな関係になっているのか?

などのテーマに設定することもあります。

そうしたヴィジョンを描くための場所って重要だと思うのです。

インスピレーションを受け取りやすい場所。
心がオープンになりやすい場所。


例えば、オシャレなカフェの窓際の席で外の景色を見ながらヴィジョンを書き出すのと、書類が山積みになったオフィスの自席でヴィジョンを書き出すのでは、きっと出てくるアイデアが全然違うと思うのです。

(もちろん、今、好きなことをしていて、オフィスのデスクは最高の作業場だ!という方にとっては違いますけどね!)

今回出版した本で、私もこの点をこだわりました。
自分にとって居心地のいい場所でしか書かないって。
自室のデスクの上で書く時は、ちゃんとお片付けをして心地よい空間にし、好きな音楽をかけてから書き始めました。
お気に入りのカフェのお気に入りの席、ウェスティンなどのいい雰囲気のホテルのラウンジ、新幹線のグリーン車など、自分が居心地のいい場所を選んで執筆していました。

すると素敵なメッセージがどんどん降りて来るんですよね。

その時に改めて、この方法が効果的であることを知りました。

さて、あなたはどんな場所に行くとテンションが上がったり、気分が良くなったり、心が開くでしょう。

私の場合は上記以外では、温泉、緑の多い公園、きれい海が見える場所、オシャレな飲み屋さん等々。

温泉に入ってぼけーっとしているときによくインスピレーションが舞い降りてきます。

気分のいいところで描いた方が気分が良くなるヴィジョンが描きやすい、と思うのですが、いかがでしょうか?

毎日使える心理学講座
あわせて読みたい