「お役御免」



*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

お母さんにとっていい子をしてきた・・・
お父さんを助けようと自分を犠牲にしてきた・・・
彼を困らせないようにいい彼女を演じてきた・・・
嫌われるのが怖くて、いつも都合のいい人をやってきた・・・

そんな「役割」が苦しくなったら、そろそろ自分を自由にしてあげるとき。
もっと自分を許し、そして、解放してあげるために、自分で自分に宣言をしてあげてください。

このお役目はもう終わったと。
お役御免だと。

そして、イメージの力を借りて、そのお役目を返上する儀式を執り行って見ましょう。

親御さんに返してもいいですし、神様や大いなる存在に預けてもいいでしょう。
また、自分自身のハイアーマインド/ハイアーセルフに手渡してもいいですね。

何度も何度も心の中で繰り返し宣言しましょう。

肩の力が抜けて、視界が広がりませんか?

心の処方箋

あわせて読みたい