「自分に優しくできないとき」



*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

自分に優しくできないのはどうしてなのでしょうか?
そんなに自分のことが嫌いなのでしょうか?
ミスをした自分を許せないのでしょうか?
そんな価値はないと思ってしまうのでしょうか?

私達はみんな、誰かに怒っているとしたら、その人に優しくしたいとは思いません。
許せない人に、優しさを送ることはとても難しいことなのです。


だから、自分に対する怒りから少しでも自由になろうと決意してください。
その怒りはもっともだけど、その嫌悪ももっともだけど、それらを一旦横に置いて自分を許してみましょう。
それだけの価値はきっとあなたにもあります。

でも、急に自分に優しくするのは難しいものです。

まずは、あなたの近くにいる誰かにあなたなりの優しさを与えてみましょう。
誰かのことを心に浮かべて「元気してるかな?」「幸せになって欲しいな」などと思ってみてもOKです。

そうすると少しずつ心が和んでくるのが感じられるでしょう。
そうしたら、次は自分の番。

今ここにいる自分を感じながら、できれば、手で体のどこかに触れながら、自分自身に優しい言葉を一つかけてあげます。
そのまま優しく自分に触れてあげてもいいですね。

まるで自分じゃない誰かに接するようにしてみるとやりやすいかもしれません。
私達は自己嫌悪が強いとき、人には与えられる優しさを自分には与えられなくなるものですから。

もし、そこで挫折してしまっても大丈夫。
また、誰かに優しい思いを抱くところから。
そうして、優しさエネルギーを自分の中に貯めて、で、自分に対して与えてあげるんです。

心の処方箋
あわせて読みたい