「人の気持ちを受け取れないとき」



*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

誰かがあなたに送ってくれる感謝や愛情、その他多くの価値、魅力を表す言葉を、もし、あなたが受け取れないとしたら・・・そんなときあなたの心の中はどれくらい辛い状態なのでしょうか?

私達は受け取ることに、とても、慎重に、また、警戒し、疑いを持ち、拒絶してしまいます。
本当は嬉しくても、謙虚さのため、または、自己嫌悪のために、遠ざけてしまうことが少なくないのです。


もちろん、その誰かがあなたの苦手な人、嫌いな人だとしたら、それは受け取れなくても仕方が無いでしょう。
でもね、そういう時ですら、私達は、受け取れなかった自分を責めてしまうこともあるのです。
「いい子でいたい」
そんな思いが、そこでいらぬ罪悪感を抱えさせてしまいます。

でも、そうでない大切な人から送られた気持ちを受け取れなかったとしたら、あなたは酷く自分を責めている状態のようです。
そんな気持ちを受け取る価値がないと思っているのでしょうか?(無価値感)
そんな気持ちを受け取る資格がないと思っているのでしょうか?(罪悪感)

でも、そこで、気付いてください。
私達は受け取ってもらえなかったときに傷つくと言う事。
あなたはあなたの事情により、受け取りを拒否してしまったのかもしれません。
でも、相手はきっとあなたの事情というよりも、自分が悪いと思ってしまうでしょう。

つまり、あなたが受け取れなかった事で、自分を責める人が2人になってしまったと言うことです。

そして、自己嫌悪に陥り、自分を責めているとき、そこからは一人ではなかなか抜け出せません。

顔を上げ、相手をきちんと見つめることが大切なのです。

受け取るのは、自分のためだけではありません。
相手のために、受け取ることもできます。

その気持ちの全てに同意しなくてもいいのです。
その送ってくれた相手の気持ちに感謝するのです。

「私にそのような思いを抱いてくれてありがとうございます」

その気持ちがあれば、お互いに自己嫌悪や罪悪感、無価値感から抜け出す事が出来るのです。
あなたがその人の気持ちを受け取ったとき、実は、あなたはその人を助けているのです。
そして、あなた自身も、自己嫌悪という魔窟から救い出しているのです。

受け取るというのは、とりもなおさず、癒し、助け、救いの行為なのです。

心の処方箋

あわせて読みたい