(9/20)家族のつながり。


気が付けばもう9月も半分過ぎたんですね・・・
早いなあ・・・
この間誕生日で、東京、名古屋に出張して、んで・・・と思っていたら、もう9月も下旬に差し掛かるんです・・・

あかん、このままではあっという間にまた一年が過ぎてしまう・・・そう思って気だけ焦ってる今日この頃です・・・(笑)

しかも、ここ数日、一日が過ぎるのが、本当に早いです!

*--*--*--*--*--*--*

出張から帰ってくると、乳児は色んな変化(成長)を遂げていました。

・体重が8,000グラムに到達。(普通くらいの成長です。)
・興味のあるものに手を伸ばせるようになった
・左回りだけでなく、右回りにも寝返りが打てるようになった
・離乳食が一日二回になっていた
・バナナヨーグルトが大変好みだということが分かった
・動物、同じくらいの幼い子を見ると、大人には分からない言葉で会話するようになった
・声がするほうにきちんと顔を向けるようになった
・「パパでちゅよ~」と言うとニッコリ笑ってくれる回数が増えた
・寝ていると(↑)から(→)になっていたが、(↓)まで回転していくようになった
・匍匐前進の体制が前より上手になった
・俯いて眠れるようになった
・ますますかわいくなった!(←ばか親)

相変わらず面白い態度を取り続け「なんで赤ん坊はこんなに笑えるんだろう?」と思わされる毎日です。

*--*--*--*--*--*--*

先日、あるお客さまが教えてくれた不思議な話。

「カウンセリングを受けるようになって(主に仕事と恋愛がテーマ)、家族の関係が良くなったんです。
お母さんとは感情的にぶつかり合うばかりだったのに、お互いにお互いの話が聞けるようになったんです。
それに不思議なことに、今までちょっと家に閉じこもってた妹までが仕事を探し始めて・・・」

こういうお話は時々耳にします。
絶交状態だった妹さんと今は親友みたいになっていたり、
10数年口を聞かなかったお父さんと普通に話が出来るようになったり、
遠く離れ離れになって離婚寸前だった夫婦が寄りを戻したり、
もう会うこともないと思っていた元彼とひょんなことから再会して、また付き合い始めたり。

家族やパートナーというのは離れ離れになっていても、見えない糸で結ばれているんだなあ・・・とよく思わされます。

特に家族などは血が繋がってるわけですから、誰か一人が変化することによって、その家族間のバランスも微妙に変わっていくようです。
以前、パートナーシップのバランスについては、心理学講座(メルマガ)でお話したことがあったんですが、家族のバランスというのはより緻密に繊細に成り立っているようで、ちょっとした変化が大きな関係性の変化に結びつくことが多いんです。

カウンセリングの中では恋愛をテーマにしているのに、家族の関係が変わるなんて不思議な気もしますが、一番近い存在・・・ということを証明しているような出来事ですね・・・。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事