(9/21)自分を変える一歩目とは?


外に出ると涼しくてとても気持ちよい風が吹いているのに、家の中はとても湿気てます。
じめじめ。
うちは東からの風は入ってこないんです・・・

大阪は真夏日の日数が過去最高に達したようで、9月も終わりが近いのにまだまだ30度をキープする日が続いています。
一時期は涼しかったのにね。
でも、朝晩はすっかり涼しくなって、気持ちよいです(外に出れば)。

夕食後、乳児を寝かしつけていると、お約束どおり寝てしまいまして・・・
起きたら「クイズ!紳助くん」(深夜番組)をやっていてびびりました。
こんなに寝てしまったのか・・・
今日は月曜日だった・・・
という2点で。

その頃乳児は相変わらずの寝相の悪さを見せてまして・・・
mizuki0921.jpg
画面左側が正しい頭の位置です。

さらにその後は襖(画面上端)に頭をぶつけてまして・・・

仕方が無いので、熟睡中の乳児を元の位置に戻し、ミルクをぶち込み、オムツを替えてあげたところです。
これで朝7時まではゆっくり寝てくれるはず・・

その前に、長いお昼寝(?)をしてしまった僕は眠れるのだろうか???

*--*--*--*--*--*--*

自分が変わるチャンスというのは、得てして嫌なことと同時にやってきます。
自分を変えるのはなかなか嫌なことなので・・・ついつい見過ごしたくなるし、見なかったことにしたくなるんですが、そうすると後からまた大きな痛い目にあうんで、早い目に手を打った方がいいです。

で、そこまで分かると・・・今度は「じゃあ、どうしたらいいんだろう?」と方法を考えてしまいます。

寂しくて、甘えたい自分に気付いた・・・
もっと素直に甘えられるようになりたい・・・
・・・
ん?でも、甘えるってどうしたらいいんだろう?
分からない・・・

という風に詰まってしまいます。

本屋さんに行っても「上手な甘え方100選」なんて本は無いしなあ・・・
あってもうまく行くとは限らないしなあ・・・

考えがちな方は、こういうことに良くはまりませんか?
考え勝ち、ということは、自立的な方はみんなそうかもしれません。

これ、意地悪な言い方をすれば、そうやって答えの無い答えを考えることで、見過ごそうとする「心の抵抗(恐れ)」なんですよね。
やったことないことなわけですから・・・やり方なんて分からないものです。
初めてダンス・スクールに行った時と同じ。
ステップも授業の進み方も、全然わからないですよね・・・
そこからがスタートなんです。

そういうときは「甘えたいなあ」とだけ、まずは思ってみましょう。
それが一番簡単な目標設定です。

「変わりたいなあ」
「我慢せずに言えるようになりたいなあ」
「執着を手放したいなあ」
等々。

方法はたくさんあります。
それこそ、無数に・・・
その目標設定ががっちりしてるとしたら、目の前のお茶を飲むだけで執着が手放せます。

・・・つまり、方法を『考える』必要はなくて、まずは、目標としてきちんと立ててみましょう・・・ということです。

うまくやろうとしないこと、かっこつけてしないこと、見栄を張りすぎないこと、恥ずかしがらないこと・・・がコツです。

それも難しいかもしれませんが・・・

今、自分を変える、広げるときなんだなあ・・・と思ったら、まずは深呼吸。
「変えるぞー」って更に深い決意を宣言してみましょう。

それらの思いを頭でも心でも深く認識してあげること・・・それが一歩目ですね。

方法は、目標が設定されたら、あんがい自然と見つけられるものなんです・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事