(2/2)受け取ること。



2月になりましたね。
あっという間に1月も終わったようで、妻のお腹ももうすぐ9ヶ月に入ります。

ホームページの更新作業を終えて、ベランダに出ると、外は冬にしては思いのほか暖かく、しとしとと細かい雨が降っていました。
普段は夜中でも車が通り過ぎる家の前の道もさすがに日曜の深夜ともなれば閑散としていて、雨に濡れた道路が絵画のような趣を放っていました。
酔い覚めのぼーっとした頭で眺めていると、なんだかちょっと幻想的な景色に見えますね。

2月初日のカウンセリングは「受け取ること」がテーマだったようです。
自分自身の変化、魅力、愛情、価値、優しさ・・・等々。
罪悪感が強いと、ついつい「趣味=自己攻撃」みたいになってしまいます。
自分の魅力を受け取れなかったとしたら、嫌味となり、嫉妬を招くことになり得ます。
また、自分をすごくちっぽけに扱ってしまったとしたら、幸せになる道すら閉ざしてしまうようになるんです。
もちろん、そうしたくてやってるわけではなく、自然な心の流れではあります。

自分自身の変化も分かりにくいですよね。
毎日鏡を見ていれば、髪の毛が伸びるのもなかなか気づけません。
それと同じように自分自身の内面的な変化、雰囲気の変化もなかなか気づけないものです。

その流れを変えるには難しい・・・と思われるかもしれませんが、物事の見かたをちょっと変えるだけで、良い場合も少なくないものです。
「最近友達からよく愚痴を聞かされるようになった・・・」としたら、愚痴を言われていやだなあ・・・気分わるいなあ・・・という見方もあれば、逆に「愚痴を言ってもらえるくらい信頼されるようになったんだ」「受け止めてもらえるって思ってくれているんだ・・・という受け取り方もあります。
僕達は不信感のある人、どうでもいい人に、愚痴を言いたいとは思いませんもの。

自分をちっぽけに扱ってしまう理由はたくさんあろうかと思います。
もちろん、そういう部分があってもかまいません。
でも、そんなあなたにもかけがえのない魅力が備わってるってこと、知って欲しいな、と思います。
自分なりに一生懸命生きてること、一生懸命やってることを認めてあげて欲しいな・・・と思うんです。

1日はそんなことを教えてもらった一日だったのかな・・・と思います。
みんな、素敵な、きらきら光るものを持った方ばかりでしたよ。

あわせて読みたい