(1/24)後悔するのは?



朝ぼーっと窓から眺めを見てたら明るい日差しがマンションの窓辺をたくさん照らしていていました。
ぽかぽかと温かそうに見えます。
なんだか日差しが柔らかくて幸せそうだなーと。
外に出れば寒いのでしょうけど、日差しはもう春なのでしょうか。

夜は夜で、夜景がとてもきれいに見えました。
友人から紹介してもらったマッサージを堪能して、いても溜まらず30階のバーに走ったんです。
閉店時間が早い(24時)ので、ほんまに廊下を走って(笑)
今日もゆらゆら蠢く電灯の明かりを眺めながらおいしいお酒を楽しみました。
それにしても、ホテルのバーで飲むテキーラ・トニックはなんでこんなに美味なんでしょう?とか思いながら。

23日の学びは、自分で自分を認めてあげることがとても大切だということ。
これは今回の出張の2大テーマのひとつなのかな・・・と思うくらい、今回よくお話させていただいています。
自分を知る、ということ。
自分が知らず知らずのやってきていることが、実はベストを尽くしていることを知る、ということ。
そして、自分の当たり前が最大の才能を示唆している、ということ。

もうひとつのテーマは『家族愛』ですね。
今回は特に家族(親)からの見えない愛情についてよく触れていくことが多いようです。
「そうは言っても愛されているんだよな・・・」と気づけたら、すべての問題はすぐに癒されてしまうのかもしれません。

後悔も執着もネガティブな感情(怒り、寂しさ、悲しみなど)だけからできるものではないんですよね。
それ以上に「与えられなかったこと」で僕達は苦しむのかもしれません。
彼が構ってくれなかった・・・ということよりも、彼の気持ちを分かってあげられなかった・・・で後悔するものです。
でも、そう感じられるとしたら、あなたは大人だってことも分かります。
子どもはそうは感じられないから。

カウンセリングを連続してこなしてると、どんどん深く、スピリチュアルに僕の見方が展開していくのがよく分かります。
思考がだんだん効かなくなって、直感のようなもので何となく分かってしまうことが増えます。
自分でしゃべっておきながら「お、そうなのかー」なんて気づくこともよくありますね。
(そういうときは講座などのいいネタになるので、ぜひ、メモしておきたいんですけど、すぐに忘れちゃうんです・・・)

昼間、近くのカフェにココアを飲みに出かけた後、本屋さんで気ままに買いだめしてしまいました。
お風呂で長湯して疲れをとるために本(小説が多い)を持ち込むのですが、これで数週間は楽しめそうです。

あわせて読みたい