いい店を見つけたときの喜びと体をケアすることの大切さ。



先日、江坂に昨年オープンしたKICHIRIに食事に出かけました。
かつては根本家も外食が多かったのですが、子どもができてからはやはり自宅で食事を摂ることが増えて、新しい店を開拓することも減ってたんですね。

で、今回は久々のアタックで、大成功!


とても素敵なお店で、スタッフの方も子連れなことにたくさん配慮してくださって、すごく嬉しい気持ちで食事が楽しめました。
一番奥の個室に案内してもらったので、少々子どもが騒いでも大丈夫。
むしろ、心地よい狭さで思い切り和めました。
子どもは途中から元気に部屋の中を動き回ってましたが、全然余裕!
子どもと来て、こんなにゆっくり食事が楽しめたのは本当に久しぶり!(初めてか?(笑))

お店の雰囲気もとても良い感じで、お気に入りのお店がまた一つ増えました!!
料金も手ごろですし、素晴らしい出会いですな・・・。
これからは席指定(ちゃんと席番号を覚えました!)で予約して来たいと思いますー。

ゆっくり夫婦でご飯食べたいなあと思う一方で、子供なしでは考えられないのが子持ちの不思議です・・・。
ときどき実家のお義母さんの配慮などで、夫婦二人で食事をすることもあるのですが、最初はとてもぎこちなく、変な感じ、そして、つい子どもの姿を探してしまうのでした。
少なくても子どもが幼稚園に行くようになるまでは、できるだけ家族で揃って食事をしたいと思っています。

そして、夕方からは懇意にさせていただいてる整体師さんのところへ久しぶりに顔を出しました。
色々と体を通して心の状態などを教えてくれるので、とても助かっています。
その方は占い師っぽい要素があるので面白いんです。

僕は自分自身のことはつい放り出してしまう性質で、かつ“鈍感(丈夫)”にできている(らしい)のでバランスを崩していても気付きにくく、客観的に見てもらうことがとても大切なんですね。

それと、いつも常用している心理学的な見方から離れることも。
心理学そもそもがとても広い視野を持つとはいえ、さらに多面的に物事を見ることは重要です。

「体の状態はとても良く、いい気が流れている・・・」とのことでしたが、一方で「頭はとても疲れているので集中できないことも多いやろ?」と言われ、文章の組み立てなど、理論的に頭を使う仕事が最近は手に付かなかった理由が解明されました。

カウンセリングは相変わらず楽しくて面白いんだけど、企画書は書けない・・・などと思っていたんですが、これですっきり解消しそうです。

あとは「痩せた?なんかすっきりしてるで」とストレッチをしてることを見抜かれたのも良かった。
何ちゃってレベルで始めて、まだ1週間くらいなのにちゃんと効果があるなんて素晴らしい。

あと普段使えるツボ(?)もいくつか教えてもらえて、またもすごく助けられました。
かえって奥さんに早速使ってみると、とても効くようです・・・。

ただ、「ゆっくり休める自分だけの時間、自分を解放できる時間を持つように・・・」とアドバイスされ、畳み掛けるように「あんたがいつも言ってることやな」とも駄目押しされまして、苦笑いするほかありませんでした・・・。

カウンセリングでよく自分で言ってる事というのは、やはり自分自身に向けたメッセージでもあるんですね。
改めてふんどしを締めなおして、この土日に向き合いたいと思います。

日々のミニコラム

あわせて読みたい