FM局をハシゴした日。FM横浜~オンラインスクール収録~J-WAVEな1日。9月に出演させていただきますー!



【FM出演情報】

J-WAVE:9/6,13,27 10:55頃~STEP ONE「SAWAI SEIYAKU SOUND CLINIC」
FM横浜:9/19,26 21:30-22:00 Baile Yokohama

***

前日は港区白金のホテルを出発し、江東区砂町銀座で鍼を打ってもらい、その後、踵を返して鎌倉に移動。怪しげな治療を施されたのち、最近一番デートしているブロガーの立花さんとお食事。
そして、横浜に移動。ホテルにチェックインしてベランダに出れば目の前はこんな景色。

いやー、こんな素敵な景色を独り占めって最高じゃないですかー。部屋も広々としているしー。デスクもあるしー。仕事しやすいっすね!by 締め切りを翌日に控えた男より。

さて、朝10時に待ち合わせ、というのは私のスケジュール的には非常にレアであり、それゆえ、前夜からけっこうなプレッシャーを抱えての就寝となった。
締め切りを抱えている身でありながら、23時前には寝落ちしていたため、朝は変な時間に目覚め、まだ起き上がるのはちょっとアレだなあ、とベッドでゴロゴロしているうちに2度寝というかうたた寝。
そして、時計を見れば9時になっており、ひそかに計画していた朝ランもしくは朝散歩も取りやめて急ぎ外出の準備。

とはいえ、待ち合わせ場所であるランドマークタワーはすぐそこである。
出版社の方と無事落ち合ったまでは良かったものの「えーっと、エレベーターはどこですかね?」「あ、こっちですかね?」「ああ、ありました、ありました。あれ?FM横浜ってどこですかね?」「あれ?ほんとどこですかね?」とわちゃわちゃしながらランドマークタワーの10階に移動。

エレベーター前の企業一覧で目的のフロアを探すわけだけど、FM横浜って言うんだから「え」行か「F」行で探すじゃないですか。それなのに「横浜エフエム放送株式会社」という名前はトラップですな。

今回は出版社(日本能率協会マネジメントセンター)があちこちに働きかけてくださったお陰で実現した出演で、夕方にはJ-WAVEにもお邪魔する。
要するに本のプロモーションというわけである。


自己肯定感を高める100の法則 ありのままの自分をすきになる最もシンプルな方法

「Baile Yokohama」という日曜日の21:30から毎週放送されている番組にゲスト出演させていただき、自己肯定感とは何か?高いとどうなるのか?自己肯定感をあげるにはどうしたらいいのか?などのお話を2週分、収録させていただいた。

パーソナリティは目﨑雅昭さんと細木美知代さんが務められている番組なのだけど、目崎さんは企業経営の傍ら「幸福研究家」として活動されているようで、その鋭いツッコミや見解はとても刺激的でめちゃくちゃ楽しかった。
短い番組なんですけど、少しは深い話ができたので、FM横浜が聴ける方はぜひ聴いていただけたらと思います。ま、radikoで聴けるよね?

しかし、今回はゲストであったために私の話が中心だったのだけど、目崎さんの見解は深くて面白いのでぜひそのお話を伺ってみたいと思った。

さて、1時間ほどの収録を終えたのち、そのままみなとみらい駅に移動して今度は戸越に移動である。
以前も横浜から戸越に移動したことはあって、何となく「東横線で自由が丘、そこから大井町線で戸越公園」という認識をしていたのだけど、横浜まで出て京浜東北線から大井町線という手段も有力らしい。とはいえ、横浜駅で乗り換えするのはめんどくさい上に、ちょうど特急がやってきたのでそのまま東横線に乗っていくこととした。

さすがに腹が減ってきたので戸越公園駅前の商店街を右往左往したところ、地元のおばちゃんたちがやっていそうなお店を発見してランチを取ることにした。
ということで、かき揚げ付きのサラダうどん(冷)。昨日までよりもマシとはいえ、暑い中をスーツ姿でスーツケースを引きずってきたので体は涼を求めている。
お昼時だと言うのに誰もお客さんがいなかったのは若干引っ掛かったが、まあ、その分早く食えるだろうと入店。
のちに分かったが、ここ、店内飲食も可能だけどお弁当も販売しており、そっちの方が需要が高いそうだ。

ということで、通い慣れたMR.COFFEEに到着。

ここでオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」の11月配信分を収録。
今回は時間が読めなかったので観覧はナシで、大塚さんとサクサクと4週分を撮影。

余談であるが、前回の収録時に怪しげな動きをしていたエアコンが新しく変わっていて、大変快適な撮影・収録となった。

収録終了後は六本木ヒルズへ移動。とはいえ、待ち合わせ時間までは余裕があるのでカフェで仕事でもしようと思ったのだけど、意外と森タワー周辺ってカフェがないのね。
道理でスタバは大混雑なはずだ。
とりあえず空いた席に陣取り、パソコンを開き、締め切り当日であるがゆえに少しでも先に進めようと思ったのだけど、近くでおしゃべりしているうら若き女子たちの会話が面白くてついつい集中力を削がれる。Youtubeの話をしていたのだけど「カジサックはめっちゃ面白い。あと朝倉未来も好き。じゃにのチャンネルはやっぱ見ちゃう。山田くん最高だけど、ニノが可愛くて推しになりそう。」的な話で盛り上がっていた。けっこう出てくるチャンネル名が50を前にしたおっさんとかぶっていたので思わず話し掛けそうになったのであるが、そこは大人であるし、六本木ヒルズにいるし、ということで、理性で抑え込んだのであった。
しかし、もしもそこで「SATA builder’s」とか「さらば青春の光」の名前が出てきたら確実に声をかけていたのだが、さすがにそうはならなかった。

さて、待ち合わせ時間になったので、番組のスタッフさんと落ち合い、森タワーの中へ。
J-WAVEに出演するのは何年振りだろう?
この特別意識を直に刺激してくれるパスでゲートをくぐり、感動する間もなくエレベーターで33階へ移動する。

そのまま収録ブースに吸い込まれ、あれよあれよという間に収録がスタート。
流れ作業のまま、3週間分の収録分を語り、びっくりするくらい早く仕事が終了。

こちらも本のプロモーションの一環なので「自己肯定感とは何か?自己肯定感が低いとどうなるか?高い人はどうなのか?どうやったらあがるのか?」という話を端的にさせていただいた。

朝9時から放送される帯番組STEP ONEの1コーナー、「SAWAI SEIYAKU SOUND CLINIC」で流れるもので、だいたい1回は5分程度だそうなので、だいぶ短めにまとめてお話しさせていただいた。

一応、プロなので放送枠に合わせて話の内容を加減できるのは私の密かな強みである。
1,2分でまとめてほしい、と言われたらその通りにするし、10分しゃべっていいと言われたらその尺に合わせて何なりと話をまとめることができる。

スタッフの方に写真をお願いしたら「マイクも入れてそれらしい雰囲気で撮りましょう!」と言っていただいた。さすがである。東京タワーまでばっちり映ってる。

収録ブースからの景色はこんな素敵。

ちなみにスタッフさんが言うには「このビルって東京タワーとの間に遮るものがなくて高さがぴったりだったので、開設当初は電磁波でスタッフみんなが頭痛やらなんやらで大変だったんですよ。それで今は二重のガラスで仕切るようにしてそれで大丈夫になりました。」とのこと。
改めて電磁波ってすげぇ、怖い、と思い知らされたものです。はい。

ということで、驚くほど早く収録が終わり、そのまま案内されるままエレベーターに乗り、あの憧れのゲートをくぐって下界に戻ってくることとなった。
都合、30分ほどの滞在だったろうか?
めちゃくちゃ短い!笑

その後、中途半端になっていた仕事を夕方になって涼しくなってきたテラス席で進め、その後、品川へ移動し、大阪に戻ってきた。

ふだんは引きこもりで、東京に行けばホテルと神楽坂の往復ばかりの私が、前日から港区→江東区→鎌倉→横浜→品川区→港区(六本木)→港区(品川駅)→大阪と大移動をする1日は大変レアであり、年に1度あるかないかくらいであるので、この貴重で面白い1日を記録しておこうと思った。

そういえば以前からラジオ出演といえばFM局がほとんどで、これはやはりふだんからFM好きで、よく聴いているから天が導いてくれたのだろうか?
確かにテレビを全然見なくなって久しいが、その頃からテレビ局からの話がぱったり止んだ気もするし。
ということは、最近はYoutubeを激しく視聴しているので、どこぞのYoutuberからゲスト出演の話がやってくるのだろうか?それはとても楽しみである。

ということで、FM横浜ならびにJ-WAVEが視聴できるエリアの方に限ってしまうのだけど、もし覚えていたら聴いていただけると嬉しい。

ちなみにこの日が締め切りだった書き下ろし書籍原稿は編集者に泣きを入れて1週間延ばしていただいたことをここに報告いたします。

あわせて読みたい