すっかり忘れていたゲラチェックをしながらホテルでの最後のひとときを過ごしてます。



朝起きたらそれはそれは良い天気で暖かくなるぞ!と思って窓を開けたら風が冷たくてビビった私です。こんにちは。
目の前の木はもうすぐ芽吹きそうな勢いで、その向こう側の空はとても青い。春が来たなあ、という実感。

そういえば東京は桜が咲き始めたそうですね。
ということは、すぐ近くの靖国神社の桜が咲き始めたということだから見に行けばよかったです。
・・・というのも「18日締め切りの仕事をすっかり忘れていた」ということにハタと気付き、朝から取り組んでいたからです。

すなわち、「寂しさ・孤独感」の本の校正。。。

ゲラをチェックするだけなら余裕なのですが、これに加えて「はじめに」「おわりに」を書き上げなければならず、そのことをすっかり忘れていたのです。はい。
余裕こいてました。(毎度のことです)

とりあえず、ゲラを一通りチェックし、編集者ってすげぇな、と感動し、さらに、ここまで細かく意向を聴いてくださる編集者って初めてだな、とこれまた感動したので、そのことをブログに書こうとパソコンを開いた次第です。

実は今日でこのホテルにお世話になるのも最後。
事情によりあと1週間でホテルがクローズになってしまうので、来週再び東京に戻って来るときは別の宿に行かねばならないのです。
6年近くも定宿とし、年に100日近く滞在していた場所がなくなるというのは未だに信じがたいんですよね。
昨晩もなじみのスタッフの方と長話をして気持ちの整理が少し付いたけど、やはり去りがたきものがあります。
フェイスブックにはそのことを少し詳しく書いたのですが、またその気になったらこちらでも書き綴ろうと思います。
卒業シーズンではありますが、長年お世話になったこのホテルから私も卒業するということで、また新たな世界に踏み出すことになるのですね(少し大げさだ笑)。
いい場所が見つかるといいなあ。

とりあえずチェックアウトの時間は過ぎたけれど、まあ最後だし、と甘えつつブログを書いているわけです。

あわせて読みたい