(新刊執筆中)脱稿にはまだまだだけどラフスケッチ的に終了した感が満載な土曜日。



前回より1万文字ほど積み上げて1冊の本にするにはあともう少しな文字数となってきました。(1冊が何文字という決まりはないのですが、何となく6万文字がひとつの目安だと思っている)

まだまだラフスケッチな感じが強いので、改めて読み返しながら肉付けをしたり、矛盾点を解消したり、重複部分を消したりする作業が残っているのですが、とりあえず、お伝えしたい事項はだいぶ詰め込めたような気がします。
あとは「インパクト」だったり、「オリジナリティ」だったり、「この本ならではの強み」だったりに目を向けていく感じになるのですが、とりあえず、何となく目途が立った気がします。

一旦、一通り書き切ると余裕ができてきて客観性が入ってくるので「これも追加した方がよくね?逆にこれはいらなくね?ここはもう少し厚みがあってもよくね?」というアイデアが降ってくるんですね。
個人的にその作業はなかなか楽しくて面白くて、骨組みだけの作品にどれくらい肉付けができるのかを自分としても楽しみにしているのです。

とはいえ明日からは東京出張。
たぶん、執筆時間も取れないほどに仕事と遊びに終始するので、いい感じに来週あたり追い込みがかかるんじゃないでしょうか?(自虐的に)

やはり斬新さとインパクトを私自身が求めてるので、それなりのものに仕上げていきたいと思うのです。
プレッシャーもあるし、正直、まだ落としどころがつかめてないので不安ですが、とりあえず、最低限なことは書き表せたので、あとは自分の直感、感性に頼りたいと思うのです。

あわせて読みたい