15年前の不貞を妻に告白して謝罪した方がいいのか?罪悪感に苛まれています。

奥さんに伝えた方がいいのかどうか?という質問への答えはきっとNさんを満足させるものではないと思います。
しかし、女性とコミュニケーションをするのならこれが大切だ、って私が思うことをお伝えします。

***
根本様のことを何年も前からネット上で追い求めて来ました。すがるような思いでリクエストさせていただきます。
40代男性、妻子ありです。今から15年ほど前に2度(別の人)、職場の同僚の若い女性と不適切な関係になってしまいました。
1度目は飲み会の帰りに自宅に寄って欲しいという誘いに乗ってお邪魔したところ、寝てしまい、そこへ迫ってきた女性に反応してしまいました。
それから数年後、別のある女性から家に来ないと死ぬみたいなことを言われ、何もないまま寝てしまったところを迫られてまたしても本能的に反応してしまいました。2度とも共通して言えるのは良い人を気取って優しくし過ぎたと今になって反省しています。
自業自得ですが当時はまさか自分がそんなことをするとは思えなかったという自己嫌悪とショックと家族への罪悪感で自殺を考えるような状況でした。
その後10年以上、心に蓋をしていたのでしょうか、平静を装って生活することができたのですが、15年以上が経過しようという今になって罪悪感が激しさを増してきました。ここ2年は目覚めてから寝るまでそのことばかり考えています。
衝動的に何かしてしまいそうな不安定な気分です。とにかく自分が汚らわしく、家族に対して申し訳ないという気持ちでいっぱいです。
事実を伝えて謝罪したいというきもちも強いのですが、妻を苦しめたくないし、自分が楽になるための口実のように思えて控えてきました。
しかし、最近はそのことも違うのではないか(隠し事があること自体ダメなのではないか、自分と家族でいること自体が不幸にしているのではないか)とも思います。
静かに自分が消えてしまえば家族には迷惑をかけないで済むのだ、と思ったり、反対にこれからも家族と一緒に生きていたいという矛盾した感情もあります。
過去は変えられないのですが、すべてを消し去り、もう一度妻と隠し事なく向き合いたいと願ってしまいます。こんなことを1日中頭の中で堂々巡りさせています。
昨年カウンセリングを受けたのですが、前向きな気持ちにはなれたのは一瞬でした。
すべて自分が悪いのですが、こんな自分がこれからどういった心持ちで生きていけば良いのか、アドバイスいただければ本当に幸いです。
(Nさん)
***

貴重な(というよりもほとんど初と言ってもいい)男性からのリクエスト、ありがとうございます。
おそらく、奥様読者の皆様が食い入るように今日の文章をお読みのことと思います。
そして、「うちの旦那はこんな気持ちなのか?」「いや、うちの旦那はもっとひどい!」などの判断から「正直に奥様に言って小指を切り落とすべき」「いや、知らない方がいいことも多いから何も言わずに頭を丸めて出家するのがいい」、あるいは「あたしが東京湾に沈めたる」等々の、喧々囂々の議論がなされてることと思います。

「根本さん、あたしにも一言言わせて!!」と思った方も多いでしょう。
Nさんはまるでピラニアの池に放り込まれた子羊・・・・・・・いや、これは冗談ではなくて、ほんとに(笑)

そして、「根本さんがこの男になんて返すのか久々にワクワクするわあ。ロクなこと言わなかったら今度軽く指詰めてもらうから~♪うふふ~♪」なんてドスを片手に読まれてることと思います。

ま、本気で怖くなってきたので冗談はほどほどにして本題に入りましょう。

もし、私がNさんをカウンセリングすることがあれば必ずこういう話をすると思います。
「1回私のセミナーに来てください。そこにはたくさんの(飢えた)女性たちがいますから、ぜひ、そこでこのご自身の話をしてみてください。そこで(飢えた)女性たちが口々に『私が奥さんだったら』という話をしてくださると思います。
それをただ聴いてみてください。
中には味方をしてくれる方もいると思います。
でも、中には厳しいことを言ってくれる方もいると思います。
ただ、皆さん、とても親身になってくださいますよ。
そして、実際夫には言えない本音とか、女性としての素直な気持ちを言ってくれると思います。
そうして、Nさんはいろいろな方の話を聞いて『女性の気持ち』について知り、考える機会にしてみてください。」

これが私が一番提案したいことです。
もちろん、セミナーを受けることが主ではなく、たくさんの女性に話をすることが目的です。
その数は1人や2人ではなく、5人、10人、、、できれば、30人くらいの女性とこの話をして欲しいのです。
だから、もしカウンセリングを受けるにしても、女性カウンセラーにも相談してみてください。
1回、2回ではなく何十回も、何人も。

男性だから結論が気になりますよね。
「で、僕はどうしたらいいんですか?」って。

でも、私にこういう相談をしていただくとたいていは期待外れの答えが返ってきます。

「奥さんに告白して謝罪するかどうか、ですよね?僕に言わせればどっちでもいいと思います。それは表面上のことですから。どうして告白したいのか?なぜ、告白したいのか?その方がよほど大事だと思います。
そして、少なくても今はまだやめられた方がいいと思います。もし伝えるならば女性の気持ちについて学ばれてからがいいでしょう。
今伝えてしまうと予想外の展開に混乱してしまう可能性が高いと思いますので」

色々な人に話をすることによって心の中が整理されていきます。
男性は苦手ですけど、女性は日常的にやっている方法が「人に気持ちを話してすっきりする」ということ。
Nさんは文章を見る限り、男性的な生き方、考え方をされてる方のようにお見受けします。
だから、尚更人に話すのは苦手かもしれませんが、ぜひ、気持ちを話す機会を作っていただきたいんです。
それでこのモヤモヤはかなりの部分が解消されるでしょう。

>衝動的に何かしてしまいそうな不安定な気分です。とにかく自分が汚らわしく、家族に対して申し訳ないという気持ちでいっぱいです。

その気持ちをぜひたくさんの方に話してほしいんですね。
そうしていくうちに、この罪悪感、自己嫌悪は少しずつ薄まっていきます。

「奥さんに話さないと解決しない」というのは短絡的な思い込みで、現実に奥様に話すためにもぜひ“練習”をしていただきたいと思うんです。
だって、奥様にもただただ事実を話されるつもりでしょう?
それって女性からするとすごくきついんですよね。
「え?どういう気持ちでそういうことしたの?私のことどう思っていたの?今はどう思ってるの?」などなどの“気持ち”についてたくさん質問が返ってくるものです。

話して終わり、ではなく、話すことは単なるスタート地点であることにそのとき気付かされるでしょう。

しかし、Nさんが話慣れていないと、そこで奥さんの質問に答えられず、しどろもどろになったり、政治家のように同じセリフを繰り返すだけになってしまったりします。
そして、そのうまく答えられないNさんの姿を見て“不誠実だ”とか“私への気持ちはないんだ”とか“ものすごくショック”という気持ちになりやすいのです。

それはおそらくNさんとしては予定外、想定外の状態で、ますますNさんは自己嫌悪を重ね、罪悪感を強め、感情的にはパニックになりやすくなります。

男性は「情報」を伝えるためにコミュニケーションをします。
「昔、女性と不適切な関係になったことがある。それも2人と。そのことについて長年、ふたをしてきたが、自分としてはその罪悪感に耐えられなくなり、妻や家族を欺いているような気持ちなったのでどうしても今日そのことを伝えたかった。すまなかった。」
という風に。

でも、女性は「感情(気持ち)」を伝えるためにコミュニケーションをします。
それが「言ってくれたのはうれしいけれど、どうしたいの?どういうつもりなの?そのときどう思ったの?15年も言わずにいたのはなぜ?どうしてそういうことができたの?私たちの気持ち考えたことある?」という「気持ち」の方が「情報」よりもはるかに重要で、知りたいことなのです。

みんながみんなそうというわけではありませんが、過去に不誠実な事実はあったとしても、今、私のことをすごく愛してくれている、ということが分かれば女性はその事実を許しやすくなります。

女性は「上書き保存」、男性は「名前を付けて保存」って言います。

だから、過去にどんな女性と付き合おうが、何があろうが、今愛情を感じ、誠実さを感じ、そして、自分もこの人のことが好きだ、と思えれば「上書き」しやすいんですね。
過去の出来事にチクッとすることはあっても今愛されている事実の方がずっと大切にしたいものなのです。

だから、Nさんがもし奥さんに事実を話されたとすると、きっとそのことを求められると思います。
「今、私のことを愛してるってはっきり私が感じられるようにして」と。
「私がこの人は心から謝罪してくれてるとはっきり私が感じられるように謝罪して」と。

ま、男性には無理な注文ですけどね(笑)
「本当に申し訳ないと思ってるならエルメスのバーキンくらい買ってよ」って言われる方が楽ですよね。
男性はどうしても「形」に意識が行きやすいです。
一方女性は「気持ち」なんです。

私がNさんに多くの女性にこのことを話してほしいと提案するのは、こうした男性とは違う女性の反応に慣れ、そして、気持ちを伝えるというレッスンをし、女性のコミュニケーションを知ることにあるんです。

そうでなくて、「言いたいから言う」ではあまりにも「自分勝手」過ぎるのです。
だって、Nさん、奥さんの気持ち、まだまだ汲み取れていないでしょう?

よく男は「自分勝手」って言いますよね。ま、かくいう私も奥さんから「ほんとに男って勝手で自分のことしか考えてない。4歳児と同じ!」という称号を頂くに至っているわけですが、シングルタスクな男性の生き方は、マルチタスクで細やかな配慮気遣いができる女性から見ると「自分勝手」にしか見えないものです。
だからこそ、男性には創造性があり、何かを作り上げる、成し遂げるだけの強い意志と忍耐力、いわゆる職人気質が備わりますから、シングルタスクが悪いってことじゃないんです。
それに「43歳なのに心は4歳児」ってかわいいでしょ??(あ、単にバカなだけでか・・・すいません)

役割が違う。
生き方が違う。

ただそれだけです。

女性からすれば職場の女性と不適切になったことも、それを自己嫌悪するのも、15年もそのことを黙っているのも、黙っているのに耐えられなくて奥さんに話したくなるのも、事実を伝えて謝罪したいのも、妻を苦しめたくないのも、隠し事自体がダメなんじゃないかと思うことも、全部が「Nさんの自分勝手な考え」なのです。
Nさんは奥さんの気持ちを一生懸命考えているつもりだと思います。
でも、おそらく女性からすれば「うちのダーリンよりちょっとだけマシなレベルで、全然足りない」と思われます。

Nさんのお仕事は存じ上げませんが、ビジネスの世界でもし新たな展開にチャレンジするときはマーケットを調査し、そのマーケットでどんなニーズがあるのかを吸い上げ、それに応えられる商品・製品を開発していきますよね?
そして、それを売り出す際はターゲット層の心理に届くような広告を打ちますよね?

男女関係にも同じ発想をしていただきたいんです。
女性の気持ちを調査し、女性にはどんなニーズがあるのかを知り、それに応えられるだけの能力を身に着け、奥さんの心に届くようなコミュニケーションをすることを目指して頂きたいんですね。

もちろん、今日お話ししたのは一般的な女性の心理をベースにしています。
つまり、私が今までお話を聞いてきた多くの女性(その多くは武闘派であり、情熱的な女性ですが)の気持ちをベースにしています。
(上記で言う、マーケット調査の結果の一部をお伝えしているわけです)

だから、奥さんにそれが当てはまるかどうかは全く分かりません。
奥さんがどんな性格で、どういうものの考え方をし、感情面はどうなのか?自立的なのか、依存的なのか。男性的なのか女性的なのかによって具体的な方法は変わってまいります。

もし、自立的かつ武闘派かつ情熱的な女性であれば「本当に申し訳なかった」と心から謝罪し、土下座をし、その後の生活で誠実さを伝え続ければ許してもらえる可能性は高まります。
しかし、依存的でお姫様的な性格の女性であれば土下座くらいで許せない!となり、「何てことしたのよ・・・」とショックを受け、また、パニックになり、そして、その後相当の期間、嫌味を言われたり、感情をぶつけられたりする可能性もあります。

その覚悟をするためにもぜひ女性心理を学んでいただきたいわけです。

>事実を伝えて謝罪したいというきもちも強いのですが、妻を苦しめたくないし、自分が楽になるための口実のように思えて控えてきました。

こうした思いはNさんの正直さと誠実さの一片を表していると思います。
しかし、それは「僭越」であり「傲慢」でもあると言えます。

事実を伝えて謝罪した時に奥さんが苦しむかどうかなんてわかりません。それは奥さんの問題です。決めつけるのは良くないですよね?
意外とさらっと「じゃ、離婚ね!やったー!!」ってなるかもしれないし、「それって過去のことでしょ?じゃ、いいじゃん」ってなるかもしれませんよ。

>しかし、最近はそのことも違うのではないか(隠し事があること自体ダメなのではないか、自分と家族でいること自体が不幸にしているのではないか)とも思います。

まあ、実は私もよくこういう思いに至り、奥さんから「そうやって罪悪感にハマらない!!すぐに男はそこに行く!アホか!!」と説教されるので(反省)、あまり偉そうなことは言えないのですが、「自分といることで家族が不幸になる」なんてまさに「偉そう」なんです。
それもまた相手が決めること。
Nさんに決められることではありません。

>静かに自分が消えてしまえば家族には迷惑をかけないで済むのだ、と思ったり、反対にこれからも家族と一緒に生きていたいという矛盾した感情もあります。

そう、男って「自分が消える」って発想をよくしちゃうんですよね(反省)。

なんせ、このブログ、私の奥さん読んでるんですよね・・・。なんか、怖いんですよね・・・。「ちゃんと分かってるじゃん。なのにすぐに出てくとか消えるとかいうわけ?どうして男ってすぐに1人になりたがるわけ?あ?」って言われそうで・・・。(土下座)

Nさんの本音は「家族と一緒に生きたい」んじゃないですか?
都合がいいことを承知で許してもらって、平和な家族関係を築いていきたいんじゃないですか?
それくらい家族を愛し、奥様を愛していらっしゃるんじゃないですか?

それを言う資格がないとか、その気持ちに自信がない、と思われるかもしれませんが、本音の本音ってそうじゃないかと思いますよ。
そうでなければ、こんなに真剣に相談なさるわけありませんから。

女性とのコミュニケーションは「本音、本心」が大事です。
女性は「嘘」が大っ嫌いですから。
女性からすると「自分が消えれば・・・」というのは「嘘」に見えてしまいますよ。
これらはあくまでNさんの「考え」ですから。

「考え」ではなく「気持ち」が大事だし、嘘偽りのない「本心」が伝わったときに女性はようやく心の扉を開いてくれるものです。
そして、そのやり方は我々男性の最も苦手とするところなのです。
だってNさん、「考え」と「気持ち」の区別って何?って思いません?
「これって俺の気持ちじゃないの?考えなの?」って思いません?
私もそう思います(笑)
そして、私もいまだに分かりません(笑)

特にこうした罪悪感を伝えるなどのネガティブコミュニケーションは本当に難しいんです。
男性は「家族への詫びとして、そして、今後二度と家族を苦しめないように、腕に家族の名前のタトゥーを入れる」って方法の方が分かりやすいんです。
でも、女性はその姿を見て「アホちゃう?そんなことしてほしいなんて思ってないのに」としか思えません。

つまり、完全にすれ違ってしまうんです。

男女ってそれくらい違うんです。
あ、そう言えばとても偉い先生が男女の違いについて2冊も本を出されてるそうですよ!!

男性としては「こうしたらうまく行く」とか「こうしたらいい」という具体的かつ即効的な方法が欲しいと思っちゃうんですけど、女性とコミュニケーションする際はそうしたマニュアルかつシステム的なやり方はうまく行きません。

だから、めんどくさかったり、遠回りに感じたり、そんなこと?って思われるかもしれませんが、一度、女性の気持ちについて知る機会、学ぶ機会をぜひ作っていただきたいと思います。

Nさん、実はとても誠実で実直な方です。まっすぐな方です。
だから、女性心理を学べば立派なプレイボーイになると思いますよ。
うちの師匠は昔こんなことを教えてくれたんです。
「真実のプレイボーイは色々な女性に手を出すんじゃなくて、この人って決めた人を骨の髄まで愛し抜く男なんだ」と。

私もまだまだ修行中ですね。ははは(滝汗)。

長文読むの、男性としてはしんどいですよね?(笑)
私だったら読み切れないと思います(笑)
そして、なんかグザグザわが身に刺さって痛いです・・・。

参考になりましたら幸いです。
そして、「小指詰めろ」というメールが殺到しないことを祈ります。

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆根本本。
根本の著作