地球という遊園地に遊びに来た私たちはあらゆる“イベント”を自ら選んで楽しんでいる。~人生は大きな遊園地。どんなアトラクションで遊ぶかは生まれる前に選んでくる~

私がセミナー/カウンセリングをしていく上でのベーシックな考え方はある意味運命論のようなものです。
だから、起きたことはすべて正しい、と言えるんです。

これが正しい、というつもりはありませんが、私にとっては真実だろうなあ、と思うお話。
セミナーやカウンセリングの大前提となってる考え方です。

「人生は大きな遊園地。どんなアトラクションで遊ぶかは生まれる前に選んでくる」

ある意味、運命論です。
これから起こることも決まってるんですけど、それを私たちは知らないので現実的には決まっていないことと同じと解釈できます。

もちろんそれは、運命を変えようとすることそのものも計画通りです。

だから、心理学の世界でもよく言われていたことですが、

「起きたことはすべて計画通り。自ら望んで起こしたこと。これから起こることは自分が好きに決められる。」

と考えています。

さて、天国という場所があるとするならば、そこはとても素晴らしいところで何ら不自由なく暮らせる世界。
人々は仲良く、幸せに、何の問題も起こらずに過ごせるところ。

しかし、ずっと単調な毎日では退屈してしまうし、刺激が欲しくなります。
そこで3次元という制約を持ち、ぶよぶよの肉体を持った地球という遊園地に遊びに行くのです。

私たち日本人にとってはTDLやUSJに行くような感覚でしょう。

予めきちんと計画する人は「初めに○○のファーストパスを取って、その間に××に並び、それが終わったら、次は△△に行って、そこから□□でランチ、その後は・・・」って綿密に予定を立てて行くでしょう。

それと同じできちんとした人は地球という遊園地に行くとき「この親に生まれて、こんな生活モードで暮らしして、ここで大学受験失敗イベントに参加して、あの会社で働いて結婚して、8年で離婚イベント起こして、そのあと・・・」ってかなり細かく設定してい来たんだと思います。

よく「私、人生問題だらけなんです」という方に「今生、ほんとやる気ですね!」なんて言って顰蹙かったりするんですけど(笑)、裏にはそんな考えがあるんです。

実際、病気とか死別とか離婚とかのアトラクションはものすごく人気なんじゃないかなあ?って思います。
向こうの世界にはお金って概念もありませんから、お金苦労設定なども意外と人気かもしれません。
やはり恋愛で苦労するのも、その情熱を思い切り味わいたいわけですから、大人気でしょうね。特に生まれる際に「女性」を選んだ方などは、それをメインにして来た方が多いかもしれませんね。
先日の土曜日も「ダメンズじゃないと恋愛した気にならないオプション」を積極的に選んだ女子が神楽坂に集まってくれましたね!

またUSJやTDLに行くときに特に予定を決めず「何となく刺激を求めていく」って感じの方もいらっしゃるでしょう?実は私もそんなタイプなんですけどね。
同じようにこの人生、「なんとなく生きてる感じ」で今まできた方はきっとそんな風にあまり計画を立てずに雰囲気を楽しみに来たのかもしれません。

どちらにせよ、この地球って遊園地は大行列ができるくらい人気みたいですからね。

とはいえ、いつ行って、いつ帰るかくらいは決めて来てるわけですね。
流産したり、死別して悲しんでいる親御さんにはこの話をさせてもらうんです。
「もともとここに半年しかいるつもりなく来てたんですから。TDLにせっかく行ったのにすぐ帰る奴もたまにはいるでしょう?それと同じなんですよ」って。
もちろん、自死(自殺)イベントで急にあっちの世界に帰ると決めてる方もいるわけです。
最後のパレードまでがっつり見て帰る、と決めてる方はきっと長生きされるでしょうね。

そうして京葉線に乗って日常に帰って行くように、死というイベントを選んで本来住む世界に戻って行くのです。

これが真実で、間違いはない!って主張するのが今日の記事ではありません。
こんな考え方もあるよ、こういう見方もできるよ、ちなみに私はそんな風に思ってますよ、というお話です。

この考え方をするとね、「すべて自分が選んでる」「起きたことはすべて正しい」「必要なことしかやってこない」「人生はいかようにも変えられる」などの見方がしやすいんですね。

だって自分が選んでこのイベントを起こしてるんだから、と。

誰かのせいにして受け身として生きるのではなく、主体的に、自分らしく生きるためには役立つなあ、と思っています。

毎日使える心理学講座
○セミナー・スケジュール
○カウンセリング・スケジュール
☆根本本。
根本の著作