(罪悪感本の感想)根本先生の「愛」で罪悪感がなくなるんだと思います




『いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本』の感想を頂きました。
※リトリート仲間やお弟子さんたちの希望者に原稿(ゲラ)をお渡しして読んで頂きました。

根本先生の「愛」で罪悪感がなくなるんだと思います

去年、東京でライフワーク・セミナーを受講したおかげで、今年3月に突然「どうしてもやりたいこと」(以下「ホニャララ」とします)が降って湧いてきました。
まあ、「降る」というよりも、地下からマグマが噴出するような勢いで大噴火してしまいました。
それで、3月以降そのホニャララのために猪突猛進しています。

ところが、そのホニャララに関わることをしていると、とんでもなく罪悪感に襲われるんです。ホニャララに近づくと、ゾッとするような罪悪感が湧いてくるのです。まるで冷水を浴びせられるかのようで、しかも猛烈な破壊力を伴っていて、高速道路を走行中、自滅したくて思わずハンドルを切りそうになったりもしました。

私の場合、この罪悪感の出どころは非常に明らかで、かつて「親が禁止したこと」をやろうとしているからでした。
ああ、どうしたらこの罪悪感から逃れられるのだろう?と悩みつづけていた最中、この新刊「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」が出版されて、根本先生、本当にありがたかったです!

けれども、これまでの先生のご著書のなかで、読んでいていちばんつらく、そしていちばん感動させられたご本でした。
根本先生ご自身のこともくわしく書かれていたし、「ゆるし」の事例もとても深く掘り下げて描かれていて、もう泣けて泣けてしょうがなかったです。

いまも泣きながらこの感想書いています。
根本先生、「愛」ってなんなんですか?
罪悪感も愛も、なんだかまったく同じに思えてきました。
この世に生を受けた理由は、この「愛」を味わうためなんでしょうか?

私は、ホニャララを手段にして、表現者として生きる決心をしました。
愛や罪悪感などあらゆる感情を表現して、それを多くのひとたちと共有したいからです。
いまその準備過程にいますが、結局そのプロセスは「自分との和解」であったり、「幼いころの自分の救出」だったりです。

そのための方法が、まさにこのご本の「STEP 2
今の罪悪感をすーっとなくす、自分のゆるしかた」に大変わかりやすく解き明かされていて、本当にありがとうございました。具体的なアファメーションやイメージワークもとてもすばらしいです。

いまの私があるのは、本当にすべて根本先生のおかげです。2014年11月23日に、はじめてセミナーでお話を聴いて「こ、こんなヒトが実在するんやあ!」って、ドタマをぶん殴られたかのような衝撃を受けて茫然としましたが、私のタマシイは「根本先生に従えばだいじょうぶ」とわかっていたんでしょうね。

2015年3月18日に受けた個人セッションで、私が根本先生に「やりたいけどどうしようか迷っています」と相談していたことを、現在実行しています。
行動するまでに4年以上もかかってしまいましたが、いまとてもしあわせです。
助けてくれる人、応援してくれる人も現れました。ふしぎな出来事も次々と起きています。あ、7月にとりあえず引っ越しします。転職も考えています。

根本先生、私の人生を変えてくださり本当にありがとうございました。
本当に本当に深く感謝申し上げます。
(AMさん)

あわせて読みたい