(罪悪感本の感想)『愛を思い出す』




『いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本』の感想を頂きました。
※リトリート仲間やお弟子さんたちの希望者に原稿(ゲラ)をお渡しして読んで頂きました。

『愛を思い出す』

「罪悪感本」とても香ばしい香りのテーマです。

根本先生が長年書きたかったテーマという事で、「罪悪感」に関する事がこれでもかと書かれています。心理学を勉強しているとこの罪悪感というお話は結構な頻度で出てきます。
特にパートナーシップがうまくいかない、生きづらさを抱えて、やりたい方向行きたい方向に進んでいいはずなのになぜか二の足を踏む。なぜか自分のせいではないはずなのに自分を責めてしまう。そんな方への強烈な応援本なのだと思います。

「罪悪感の兆候」ということで様々なパターンが掲載されていますが、半分以上当てはまっていました。その時点で自分の中の「罪悪感」が少々刺激されますが、読み進めていくに従い不思議とその「罪悪感」が軽減されていくことを感じます。

カウンセリングのケースを通して「罪悪感」が「愛」に変わっていく様子に触れる事で、自分の中の「罪悪感」もふっと軽くなる瞬間がありました。

そして、もしかしたらこの「罪悪感」も「愛」の一種かもしれない。そのような暖かな感覚に包まれた読後感でした。

長年培われたカウンセラーのテクニックが十二分に使われていると思うのですが、この辺はとても不思議な感覚です。
「罪悪感」で苦しんでいる人はぜひ根本先生のマジックを体験してみてください。

(MOさん)

あわせて読みたい