永遠の王子さま



ラブ・カウンセリング

忘れられない昔の彼、いませんか?
あんな人はもういないな、と感じていたり、あんな恋は二度とできないだろうな、と遠い目で見てしまうような彼。
「今、また彼と付き合いたいか?」と聞かれたら、「それはないんだけどな」と思います。執着してるわけではないんだけど、でも、ある意味絶対的な存在として心の中にいるかつての彼。

私はそんな元彼の存在を「永遠の王子さま」と呼ぶことにしています。

#まだ「付き合いたい」という気持ちが残っている場合は「執着」が残っている状態なんですよね。だから、今回のテーマとは少しずれてしまうかと思います。

永遠の王子さまはだいたい20歳頃にお付き合いしていた(好きだった)彼が多いようです。恋がとても濃密で盛り上がる時期だからでしょうか?
もちろん、もっと大人になってからも王子さまが出現するケースも多いですよ。

また、お付き合いの期間が長い例をよく耳にしますが、それほど長くなかったとしても、さらには、その彼と「お付き合いしていない」場合でも王子さまの資格は十分にあります!

要はあなたの心の中の気持ちですからね。


こうした永遠の王子さまが心の中にいると、今の彼に十分愛情を感じられなくて、あまり盛り上がった気分にはなりにくいですよね。
「本当に今の彼のことが好きなのかな?」
「ま、こんなもんなのかな、大人の恋愛って」
「もう少し情熱的な恋がしたいんだけどな」

でも、だからって「あの頃に戻りたいとは思わないし、今、元彼と付き合っても、やっぱりうまく行かないと思う」ことも多いです。

ある意味で「過去の栄光」なんですね。

過去であるがゆえに、王子さま化・神格化され、実物以上にすごい存在に書き換えられてしまっている場合もあります。

さて、心の中に永遠の王子さまがいると、今の恋、これからの恋にあまり希望が持てないばかりか、妥協やあきらめが常に付きまとうようになります。

だから、どこか心がさめたような、沈んだような、退屈しているような・・・。
そういうときって私たちは思考的になることが多いですから、付き合う相手をプロフィールで決めてしまうこともありますね(学歴、年収、職業、外見などの)。

そうすると「結婚ってやっぱり安定だよね」「そのくらいの方が長続きするからいいって」と自分に言い聞かせるようになります。

一方で、こんなケースもあります。
それは、今の彼に気持ちが盛り上がらないことを責めるタイプ。彼はいい人で、何でも受け入れて理解してくれる人。外見だっていいし、仕事や友達だって多い。にもかかわらず、彼を好きになれないなんて、私ってひどいんじゃない?と自分を責めてしまうわけです。

「今の彼、とっても素敵なんだけど愛せないんです」というご相談を頂くと、王子さまがいるのかな?と思ってしまうことも多いくらいで。

さて、そんな王子さまの存在をどうしていけばいいのでしょうか?

意識的には「たぶん、今、元彼と付き合ってもダメじゃないかな」と思っていても、潜在意識の中では実は何らかの形で執着していると言える場合もあるんですね。

まるでその彼と付き合っている時代で時計の針が止まってしまっているような状態と言えるのです。

だから、心の中の時計の針を動かしていく作業が必要になります。

例えば、その彼と楽しかった時代、その彼の笑顔、印象に残っている思い出、出来事などをあえて思い出しましょう。きゅんとしたり、懐かしい思いが心をいっぱいにしたり、ほろっと涙がこぼれたりするかもしれません。
しばらく、その時代の情景を感じ続けみます。
よりリアルに感じるため、当時の写真があれば眺めてみたり、その当時よく行っていた街に行ってみるのもお勧めです。
その頃の店がまだ残っていたら入ってみて、そして、当時の記憶を辿っていきます。

このプロセスは、その彼との恋愛が「過去」であることを改めて自分自身に教える作業です。
一時的に執着心が強まったり、今の恋愛にさっぱり興味が持てなくなったりすることもありますが、過去であることを認識し、卒業することで、「過去」に置いてあった意識を「現在」に戻していくことができます。

また、セラピーのアプローチとしては、純粋に手放しセッションをしていくことも多いかもしれません。
その彼ともう一度向き合い、そして、その恋を卒業していきます。
彼と出会ったことに感謝し、成長を確認し、感情的にもう一度別れを選択します。
そして、その別れが二人にとってベストな選択であったことを意識し、かつ、その後の彼の幸せを願い、自分の幸せを約束します。

手放しのセッションは数々の種類がありますが、王子さまを手放す場合、あえて少し強目のものを選択することも多いですね。
具体的には「その彼の結婚式に出席して、彼の幸せを直接祝福し、そして、祝辞を述べる」ようなイメージワークもあります。

永遠の王子さまが、普通の王子さまとなり、昔の彼氏にちゃんと戻ったとしたら、きっとあなたは今までよりも、今の恋、これからの恋に意識を向けやすくなるでしょう。

同時に、自分の幸せがその“王子さま”にとっても喜びであることを受け取れたらいいと思います。

すなわち、この段階でのセラピーは、その彼にあなたの幸せのパートナーの元へ、連れて行ってもらうこと。イメージでも、ロールプレイでも。

そうして、一つ一つを卒業していくと、「今」に生きられるようになりますね。
「今」をより受け入れ、リアルに「今」を感じられるようになると、きっと情熱も戻ってきます。

参考になりましたら幸いです。

あわせて読みたい