そんな自分を受け入れる~ないものねだりはしなくていい~


ラブ・カウンセリング

失恋や離婚、浮気、あるいは、仕事がうまくいかないなどののカウンセリングで「どこがいけなかったんだろう?」「私の何がダメなんだろう?」とあれこれと考えられたことって皆さん一度ならずともあると思うんですよね。

そうして、自分の弱いところを直して成長しようとする姿勢に間違いはないのですけど、でも、なかなかうまく行かなかったり、しんどくなったり、ということもありますよね。


「変わりたいんですけど、変わらなきゃいけないんですけど、全然前に進めていなくて」と言うお話もよく耳にします。

より良い方向に変わるためにまず必要なこと、実は、自分にダメ出しをすることではなく、今の自分を受け入れることなのです。

「今の自分にもこんないいところがあるけれど、更にこんな要素が加わったら、さらに魅力的になっちゃうなあ~」

そんな感覚になれたら一番かな、と思います。

でも、そうは言っても・・・という思っちゃいますよね。

「ありのままでいいって良く言われるんですけど、ありのままだったら、何も変わらないし、うまく行かないままじゃないですか・・・」

「そのままの自分がダメだから、彼が去って行ったんですよね?じゃあ、やっぱり今の私は変わらなきゃダメてことですよね?」

そうなんですよね・・・。確かにすごく気持ちの持ちようが難しいところなのです。。。

色々な言葉を用意することもできますけれど、でも、「私」の気持ちに目を向けて欲しいと思うんです。

失恋して、傷ついて、辛い状況です。悲しいし、寂しいし、悔しいし、これからが不安だし。
そんな「私」に対して、「あんたはダメ!」と言ってしまうのはどうなのかな、と思うのです。痛いでしょう?

今、自分が元気だったらいいと思うんです。やる気満々で将来に向けて意気揚々と向かっていこうとする、体育会系がウェルカムな状態だったら。
「お前ら、今のままで全国大会で通用すると思ってんのか!甘いぞ!もっと必死になって向かっていかなきゃダメだろ!」
というコーチの叱責に「くそーっ!」ってアドレナリンが分泌される状態ならば。

でも、ハートブレイクした後というのは、そうした叱責って傷口に塩を塗りこむようなものだと思うんです。

「今の私じゃ、彼と付き合えない」って自分を否定するってことは、「私」にとって辛いことですよね。傷口を更に広げる行為と言ってもいいのかもしれません。

もちろん、悔しいし、辛いし、怒りの矛先が自分に向かってしまってるからだと思います。
自分が情けなく、不甲斐なく感じてしまうわけで。
彼のことが大好きだった分だけ、その思いは強くなります。

だから、難しいんです。そんな自分に優しくしてあげるということは。
時には、友だちからの優しさにも素直になれないことだってありますよね。

よくこう言う言い方をすることがあるんです。

「それが○○さんなんですよね」
「○○さんって、そういう人なんじゃないかなあ」
「○○さんって、そういう女性なんですよね」

え?何が???という顔をされる方に、それまでお話を中で聞いてきたエピソードを絡めていきます。

「そういう風に彼をとことん愛してしまうところが、○○さんのいいところなんですよ。とても情熱的で、一途で、まっすぐで、自分に嘘が付けない、という。」

「一度好きになったら、とことん行ってしまう女性なんですよね。さっきも、どれだけ頑張って来られたら、一生懸命話してくれましたよね?あの彼に、そこまでの思いを持つってどれだけ愛情深い女性なのか、分かりますか」

さらには、「私ってそういう女なんだよね」とか「それが私ってことなんだ」と思うようにしてみてください、とお願いすることも多いんです。

今の自分を受け入れる、それは、今のあなたが感じていること、していること、その癖、考え方、価値観、その全てをただただ「それが今の私なんだよな」て受け入れていくことなんですね。

否定ではなく、まずは、受容していくんです。
変えていくのは、その後がいいんです。

いいとか悪いとかじゃなくて、それが自分。
完璧な人間もいなければ、常にちゃんとしてる人間もいませんね。

「結局彼のこと、ダメだって分かってても、追いかけちゃう。そういう人なんだよね、私って」

「傷つくってわかってるのに、好きになっちゃう。それが私なんだよね」

「すぐに目移りしちゃう、そんな女なんだよなあ、あたしって」

「いっつも自分のダメなところばかり探してしまうのが、今の私なんだよなあ」

「先に進むのが怖くて、ついつい逃げちゃうのが私。嫌なんだけど、それが今のありのままの姿」

「どうしても白か黒かはっきりさせなきゃ気が済まない!それが私なんだよなあ」

「いけないとわかってても、ついつい感情的に彼を責めちゃう・・・うーん。それが今の私かあ」

こういう言葉を意識的に口にしたり、思い返してみてください。

心はどんな状態であっても、受け入れられるとすーっと楽になっていきます。
つまり、自分を受け入れていくと、心が落ち着いてくるポイントがあるんですね。
地に足が着いてきた証拠なんですが、そこまで来た時に、じゃあ、どうする?て自分に聞いてみるんです。

「今のままでもきっとうまく行く人はいると思うな。でも、もっと自分から積極的に動ける人間になりたいな」

「今の私がいいって人もきっといるけれど、でも、やはりもっと自分が思ってることをちゃんと表現できるようになりたい」

「今の私を愛してくれるだろう人は必ず居るし、今のままでも幸せになれるんだけど、でも、もっと女性的になった方が幸せ度は増すかなあ」

そんな風に、受け入れた後、これからの目標を見つけていくわけです。

もちろん、

「今は疲れてるし、今のまま、しばらくいようかな。」

「特になりたい自分と言うのも今は見つからないし、しばらくは、今の自分のままでいようかな」

というのもOKなんですよ。

焦りが出てきたら、その焦っている自分を受け入れてあげましょう。(そんな自分にOKを出してあげるんです)

今の自分にNGを出して変わろうとするのは、ちょっと修業みたいな、体育会系みたいな感じ。余裕があるときだけにしましょう。

そうでないときは、まずは、受け入れて、それから、変化を探りましょう。
これ以上、自分で自分を傷つけないためにね。

ちょっと難しいけれど、参考になりましたら幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事