[189]気になっていた相手と互いに危険な恋に落ちてしまったのですが・・・。


<リクエスト>

気になっていた相手と互いに危険な恋に落ちてしまったらどうしたらいいのでしょう?
いま、職場恋愛、かつ私の位置は浮気相手というわけのわからないことになっています。

相手のことは好きです。向こうも私を好きです。彼は女性経験は多いものの、浮気はいままでしたことがなく私が初めてだそうでとても悩んでいるようです。

私は過去、浮気に近い状況になって散々傷ついたことがあるので彼女にはほんとに申し訳ないし、自分で自分が許せない気持ちです。

でも、好きになって、かつそれが実ってしまうともう頭で考えても答えが出ません。

そして彼が異常に嫉妬深く、職場で少し他の男性と仲良く話しただけでものすごく怒ります。そして、嫉妬しすぎると相手を切ってしまう傾向があると話してくれました。常々、自分は難しい人間だ、不幸になりたいのか、と私に言ってきますが私からすればいま好きなもんはどうしようもないのです。

彼自身も状況も難しくて、どうしたらいいのか自分でもわからなくなっています。理屈でいくら考えても答えが出ないのでどうかアドバイスを下さい。

(りんさん)


<根本からの回答>

感情は押さえれば押さえるほど反発するものです。

感情というものは止まらないものですよね。
特に頭で分かっているのに・・・と言う思いは自己嫌悪、自己攻撃を招きます。罪悪感も強めます。そのため、より一層火に油を注ぐ結果になりやすいんですね。

こうした“危険な恋”がとても刺激的でハマり易いのは、こうした心理によるものなんです。

だから、まずは感情をコントロールしようとしないことが大切なんですよね。
「~しなきゃ」「~にならなきゃ」「~してはダメ」といった強いコントロールは感情の反発を招くだけで何も起こりません。

自分自身がそうなってしまったときにはもちろん、あなたの周りの方が、こうした恋にハマってしまったときも同じこと。
止めようとすればするほど逆効果、と覚えておいてください。

さて、そうは言っても決して気持ちのよい恋ではなく、苦しい状態に変わりはありませんよね。
そういうとき、私たちはどういう風にアドバイスしていくのか・・・というと、感情をただ感じ続けてください、と言います。
好きな気持ち、苦しい気持ち、罪悪感、嫉妬、不安、怖れ・・・そうした心の中の感情をただひたすら感じ続けることをおススメします。
感情は感じきってしまえばどんどん移り変わっていきますから、流れるべき方向に向かって行きます。

だから、もし、りんさんの心の奥で「これは私にとって真実の恋ではない。真実のパートナーは別にいる」と思っているとしたら、今ある感情を感じきる(燃やす、途も言います)と自然と“今の恋は必要となくなる”のです。

逆に、これが真実の恋であるとしたら、そのプロセスの中で状況が二人にとっていい方向に変わっていくでしょう。
それはお互いが真実のパートナーであることを確認し、より深い親密感とつながりを許せるようになるプロセスです。
でも、そのどちらになるかはやってみないと分からないところがあるのです。
(一般的には前者であることがほとんどですが、全てとは言い切れないんですよね)

そして、私たちは更に深いりんさんの心のうちに意識を向けていきます。

なぜ、この恋を選んだのでしょう?

例えば、りんさんが過去に書かれているように“逆の立場”を経験されたことがあるとしたら、心は今の関係を実現することで何かをメッセージとして残そうとしているのかもしれません。
【過去の男性への復讐?過去の自分、女性への復讐?】
そんなちょっと心理もあるかもしれません。

あるいは、過去の傷がまだまだ強いとすれば、幸せになれない恋をあえて選ぶことで自分を罰したり、攻撃したりしている可能性もあります。

そうして、今、なぜ、この嫉妬深い彼とこのような関係に陥ってしまったのか?を感情レベルで理解することができたとすれば、より手放し易くなるのです。

ですから、少し落ち着いてきた頃に自分の心に問いかけてみてください。

なぜ、この恋が必要だったのか?
なぜ、この彼だったのか?

という風に。もちろん、こういうシーンでカウンセリングはとっても役立ちます。

お役に立ちましたら幸いです。

=今日のミニレッスン=

【パートナーがいらっしゃる方へ】

なぜ、今のパートナーなのでしょうか?心に問いかけてみてください。

【パートナーがいらっしゃらない方へ】

なぜ、今の私はパートナーがいらないのか?心に問いかけてみてください。

男と女の心理学

あわせて読みたい