今、何を手放したらいいのか分からなくなりました。


手放しとは苦しいことではなく、自分を自由に開放し、楽になっていくプロセスを言います。
でも、そのためにはいくつかの準備が必要です。

***
こんにちは。いつもするどい切り口で、人の心理を深く読まれた説得力のあるお話を、ありがとうございます。
よろしければ、ネタにしていただけると幸いです。

結婚18年目です。
昨年4月頃、夫がこれから不倫に発展しそうな段階だと、偶然ラインのやりとりを見て気付きました。
問いただした結果、私への不満にもう我慢の限界がきたと言われ、彼女といると楽だと。離婚も考えてると言われましたが、子供とは離れたくないので離婚はしないという結論を夫は出しました。
二人はその後関係を持つようになり、今は水面下です。どんなに問いただしても関係を否定し、私の勝手な想像だと一蹴されます。
夫がこれまで我慢してきたことは、
・私がなんでも自分が思うようにやってきてること、
・夫はそれに従ってきたこと、最後は夫が悪者にさせられること、
・私と実家の関係が近すぎることによる実家からの干渉、夫は家に居場所がないと感じていたこと、
・子供への接し方も、私の思い通りにしようとすることは子供にとってよくないと何度も注意してきたのにやめなかったことなど。

長年ずっと、我慢してきたと言われました。私への気持ちは完全に冷めて、これからも変わらないって。子供にとって離婚することはよくないから表向きは夫婦を選ぶけれど、気持ちがない夫婦なんて、そこらじゅうにいるだろうと、夫婦修復をする気はないと言われてます。
今まで、私から大事にされていると思ったことがなかったと言います。

それでも、私はこれまでの自分を反省し、この出来事は私に何かを気づかせるために起こった必要なことと思うようにして、自己改善に努めていますが、私は彼女のことを知っているだけに、彼女のどこに惹かれたかもよく分かるし、夫と彼女が行為をしてるところを想像してしまい、頭から離れません。
手放すことが大切といいますが、夫は今は離婚は望んでないし、彼女との関係は続けたいと思っていると思うので、私は夫を手放すことが夫の幸せには結び付かないと思うんです。子供のそばにいられることが夫の幸せなら、私が手放すことってなんなのだろうと思います。

夫への執着を放し、夫が思うようにしてあげるってことは、不倫を黙認し、このまま夫婦生活を、続けるってことなのでしょうか。そんなことは耐えられないからって、自分から離婚を選ぶのはよくないし、もしかすると気持ちがもどるかもしれないのに自分から離婚を選ぶと後悔しそうで。まだ発覚して一年きてないのに、私が変われば相手も変わるかもっていう結果を求めるには、これまで10何年も夫に嫌な思いをさせてきたのに早すぎるのではないかと。
私は今、何を手放していくことを考えたらいいのか分からなくなりました。
(K)
***

「手放し」って「喜び」であり「解放」であり「自由になること」なのです。
その苦しい思いから解放されるために手放すんですね。
だから、不倫を黙認することでもないし、Kさんが我慢することでもないし、また、必ずしも離婚することでもないし、かといって「亭主元気で留守がいい」という状態を作ることでもありません。
手放しが出来たらすごく楽になって気分も良くなり、未来が明るく見えて希望が持てます。
もちろん、旦那さんのことを信頼でき、かつ、幸せを祈れます。

なんて言われても想像しにくいでしょう?
なかなか難しいですよね。

手放しにはそれなりの準備が必要で、段階を踏む必要があるんです。
いきなり手放すことはできません。

Kさん、責任感のある人、周りから信頼されるお姉ちゃん的存在、頑張り屋さんで、人のことを一生懸命考える人、誰かのために頑張っちゃう人、でしょう?
Kさんこそ、我慢しぃなところもあると思うんですよね~。

旦那はそういうけれど、けっこう家族のこと考えて来られたんじゃないでしょうか?
子どもにあれこれ言うのも良かれと思ってのことでしょう?

でも、その辺が旦那さんの我慢を強いた部分になるのかもしれませんね。
例えば、「すごく良く仕事のできる上司の部下は苦しい」って法則(?)知ってます?
「めちゃくちゃ稼ぎのいいパートナーを持つと、無価値感を感じる法則」知ってます?
「勝者は敗者の気持ちが分からない」とも表現します。
「自立側の立場の人は依存の立場の人の気持ちが分からない」とも言います。

Kさんが家庭内で主導権を握っていた18年の間、「きっと夫もそれを認めてくれるだろう」「夫も分かってくれてるだろう」という気持ちもあったと思います。
彼が我慢してるだの、私の思い通りにするのが嫌だのって思ってるとはKさんも気付かなかったと思うし、彼があれこれ忠告してきたとしてもあまり気に留めなかったと思います。
私が正しいし、良かれと思ってやってるんだから間違いない、と思っていたかもしれません。

夫婦の力関係はずっと

妻 > 夫

だったと思います。浮気・不倫の原因の一つのその力関係を逆転させる目的があるんです。

妻 < 夫 + 彼女

という風に。彼は彼女の存在を得て発言権を増したわけですね。
「離婚カード」をチラつかせながら自分の意志を通そうとしているのです。

そうするとお互いの立場は逆転します。
今までの夫のポジションにKさんが入るわけですね。

だから、今、Kさんが感じている気持ちは彼が18年間感じてきた気持ち、と思ってもいいでしょう。
彼はこんな気持ちで毎日を過ごしてきたのかもしれませんね。
どうでしょう?
もちろん、後半戦はだいぶ諦めも入っていたかと思いますが。

Kさん、いい子をずっとやってきたのかなあ、と思うのです。
今も真面目にこの問題に取り組まれてますよね。
だから、あれこれ葛藤し、手放して何?でも、それって・・ああ、でも、苦しいし何とかしなければ、私が変われば相手も変わるって言うし、、、でも・・・って状態になると思うのです。

それはすっぽり問題にハマってしまってる状態です。
自分を見失ってしまってる状態とも言えるんです。
あれこれ考えすぎてワケが分からなくなったりしませんか?

手放しが必要ですよね、というのはシンプルに次のような理由からです。

『今、あなたはどんな目で旦那さんを見ているでしょう?
 その目を見て、彼はあなたを愛おしい、と思えるでしょうか?』

もし、すがるような眼、責めるような眼で彼を見ているとしたら、彼に「彼女の方に行っていいよ」と言うのと同じです。

もし、悲しそうな、寂しそうな眼で彼を見ているとしたら、彼に「こうなったのはあなたのせいよ」と言ってるのと同じです。

どんな眼で彼を見てあげたいでしょうか?

その前提として彼と一緒にやっていきたいんでしょうか?
本音はどうでしょう?

この問題が発生する前は旦那さんのこと、どういう風に見ていましたか?
バカにしていたり、見下してたりしてたことありませんか?
興味を失って、亭主元気で留守がいい・・・ってなっていませんでしたか?

今は旦那に女性が現れててんやわんやなのですが、基本的な気持ちは浮気が発覚する前がベースです。
もし、その頃に旦那さんに愛を感じ、一緒にいられることに喜びと感謝を感じられているのであれば、それがKさんの本音です。

多くの場合、気持ちが冷めていたり、バカにしていたりしてるところにこの問題が起きて、やっぱり好きだったってことに気付かされるんです。

今、旦那さんのこと愛してるって思いませんか?
こんなにも好きだったのか、って思いませんか?
それともプライドが邪魔してなかなか認められませんか?

なんで苦しいんだろう?
なんで手放さなきゃと思うんだろう?
なんであれこれと考えてしまうんだろう?
なんで何とかしたいんだろう?
なんで離婚したくないんだろう?

突き詰めていけば旦那さんのことを愛してるからですよね?
愛してるから、苦しいんですね。

よくこんな例えをするんです。
実はKさんには一回りも下のラブリーな彼氏がいて、ほんとは離婚したいんだけどなかなか自分からは言い出せなかったとしましょう。
そのときに旦那に彼女ができたことが分かったら?
「おぉ、これぞ渡りに船だ~!!」って歓喜すると思いませんか?

まあ、彼氏がいなくてもほんとに旦那のことが嫌だったら、彼女のがいること分かった時点で慰謝料と養育費と財産分与の計算始めると思うんですよね。ウキウキしながら。

やり直したい、離婚したいってことは・・・その逆ってことですね。

この辺は『手放す愛で夫婦仲に奇跡を起こす、愛で問題を解決する』というDVDで詳しく語っていますよ~(宣伝です)

で、こういう時は「考え」じゃなくて「気持ち」に注目してみるんです。

旦那さんに女性ができたと知って、どんな気持ちがしますか?今は何を感じていますか?
旦那さんとどうなりたいと思いますか?

考えじゃなくて「気持ち」を答えてくださいね。

旦那さんのどんなところが今は好きでしょうか?
旦那さんとどうなるのがベストだと思いますか?
それはどうしてでしょうか?

自分の気持ちに繋がっていくと、不思議と心は落ち着いていくんです。
それは主体性を取り戻したから。
「自分が主人公」になったから。

今のKさんは「夫」に振り回されていますよね?
だから、「夫」が主人公で、自分が脇役なんです。

そして、不安でいっぱいだから、それを何とかしようと一生懸命外を見ています。
藁をも掴む、という状態かもしれませんね。
何とかする方法を見つけようって一生懸命になって意識が外に向かってます。
それは「情報」とか「やり方」が主で、Kさん自身は「従」の状態。

それをまずは自分に意識を向けてみましょう。

私は今、不安。
私は今、辛い。
私は今、怒ってる。
私は今、寂しい。

そんな風に自分の気持ちを見つめていくんです。

体のケアもよくお勧めしますね。
今、体バキバキでしょう?
神経張ってますからね。疲れも溜まるでしょう。
問題発覚から1、2か月は頑張れるんですけど、3、4か月過ぎると疲れも出てきます。
週に1,2度、マッサージとかエステとか行くといいですよ。

夜は眠れてますか?
自分を休ませてあげることも大事なんです。
でも、一人では無理だから、マッサージ行ったり、友達としゃべったりして、誰かの力を借りながら心を元気にしていくんです。
ブログを読み漁って同じ立場の人に共感するのもいいし、何とかなりますよ!って唱えてる人の言葉をもらって安心してもいいし。

私、ダメです。
どうしていいか分かりません。
1人では頑張れません。

ぜひ、白旗作って振ってください。
これ以上、頑張りすぎないように。

そうして「私」に主体を移して、自分らしさを取り戻していきます。

「ああ、私ってこういう人間だった」
「こういうのが私なんだよな」
「そうそう、私ってこうだった!」

これが今の目的、目標です。

旦那のことはその後。
今は何やっても空回りするだけだから(「従=依存」の立場だから)、彼にはむしろ外に出てもらった方がいいんです。
その間にびっくりするくらいの変化を見せてあげましょう。

女性としてはどうでしたか?
手を抜いてませんでした?
もし思い当たるところがあったらぜひ再びオシャレに目覚めてみてください。

彼のためにするんじゃないですよ。
自分のためにするんです。

はっきり言うと、彼は関係ないんです。
そうは思えないかもしれないけれど。

彼の態度に自分が反応してるだけなんです。
だから「私がどうあるか?」ということだけが今、求められているんです。

そうして自分に意識を向けて行って自分を取り戻す・・・
もし、手放しが必要ならそこからです。

今度もまた「許しのワークショップ」をやるんですけど、一番最初にやるのは「今の気持ちを認める」ということなんです。

怒るのが苦手な人が多いから、まずは怒ってみましょうって怒りの手紙を書くんです。
ちゃんと演出もしますよ。
和紙に筆ペン用意します!
ほんとは白装束とロウソクと藁人形と五寸釘も用意したいんです(笑)

そうして自分の気持ちと繋がってから、許し、そして、手放し、へと駒を進めていきます。

「今、できることをしましょう」
「それはできること?できないこと?」
「まずは自分」

基本はここですね。

そうしてやるべきことやってくと、なるようになります。
その「なるようになる」というところに行くまでは苦しいけれどね。

そこまではちょっと頑張りましょう。

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事