あなたの過去はあなたの将来ではない。


何か行動を起こすときに自信がなかったり、不安に感じたり。
あるいは、まだあんなことがあるんじゃないかと常にびくびくしてしまう。
以前、失敗したからまた同じことを繰り返してしまったらどうしよう・・・。

そんな経験はありませんか?

「今を生きる」という話をよくさせていただいています。
これは私の今のテーマでもあるからだろうと思います。(皆さん、お付き合い有難うございます(^^))


私たちは過去の影響を受けて生きていることは確かです。
それが役立つことも多く、危険回避や自信などの恩恵も得られます。
過去に起きたことがネガティブなことであれば、またそれが未来に起こるような気がしてしまっても無理ないことでしょう。
それは自然の摂理だと思います。

だから、そこで再選択。

私の過去は過去であり、未来ではないことを確認します。

「あの場面での失敗は過去に起こったこと。今は起きていないし、これから起こると決まっているわけではない。」と。

そして、今、できることを探しましょう。

先程の言葉を声に出して言ってみてもいいでしょう。
それで気持ちがすっきりしたら、きっと今の自分にフィットしています。
もし、もやっとしたり、違和感を感じたりしたら、表現を変えるなりちょっとした工夫をしてみましょう。
その作業も「今」できることの一つに違いありません。

過去のあまりに大きな影響はその感情を手放すことが「今」できます。
そして、その影響を軽減させていくこともできます。
どのような方法を使って手放そうか「今」考えてみても、調べてみてもいいでしょう。

そうすると、きっと、わくわくがやってきます。

先日の名古屋のワークショップで「仕事中に緊張したり、ちょくちょく不安になってしまう」旨の質問を頂きました。
「今、できることは何?って自分に聞いてみましょう。予め具体的に決めておくといいですよ」

天井を見上げる。
手の指を数える。
足の裏に意識を向ける(足踏みをする)。
パソコンのメモ帳を立ち上げて「上司のバカ」と10回入力する。
とりあえず口角を上げてニッとしてみる。
席を立って歩数を数えながら部屋を出る。など何でもいいです。

そうして、過去から一旦切り離して「今」に意識を向けられると驚くほどにホッとすることが分かります。
(これも以前ご紹介したネタですね。)

参考になりましたら幸いです。

毎日使える心理学講座

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事