「お金がないとき」


*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

「お金がない」というのも、貯金もなく、収入にも余裕が無く、ほんとうに無い場合と、将来のためなどの貯蓄はあるけれど、今使っていいと言える“余裕分”がない、という場合と二つに分かれると思います。
(月末の支払いなどで出て行く予定のお金は既に無いものと捉えてくださいね)

つまり、「ほんとうに無い」と「あるけど使えない」という場合があるんですよね。


前者の「ほんとうにお金がない」という感覚は自分の心を本当に追い詰めます。
僕も結婚当初はほんとうにお金がなくて、今よりずっと生活が大変だったのですが、ケンカも増えるし、ギスギスするし、今思い出しても辛いことがたくさんありました。

でも、もし、それが望むと望まないと現実に今起きているとしたら、まずは、それを受け入れることがとても大切です。
現実を受け入れ拒否してしまうと、前向きに気持ちを切り替えることも、何らかの変化を起こすことも難しくなります。

もし、なかなか前向きになれない、どうしてもネガティブに考えてしまうと言う方は、まだお金がないという現実に向き合えない状態なのかもしれません。
だから、お金の問題というよりも、その前提になる環境などを見つめなおすことが肝心かもしれませんね。
(仕事が無い・・・としたら、仕事の問題。何かしら浪費してしまう・・・としたら、ストレスや心の問題として向き合うこと)

さて、現実を受け止めることができたら、こういう風に考えてみてください。

「お金がない今の状況を、どうしたら、楽しめるだろうか?」

もう、ハナから無理無理無理無理!という声が聞こえてきそうですが、でも、お金がない現況を受け入れたとしたら、じっくり時間をかけることで、このテーマの重要性にきっと気付いていただけるはずです。

今の状況で楽しめるとしたら・・・もし、これで収入が増えたら、もっと楽しめるようになる・・・と考えられませんか?

思い出してみてください。
大抵の方は学生時代などはお金がなくて苦労してたこともあったろうと思います。
でも、友達と遊んだり、何かに夢中になったりして、お金がないなりにその現実を楽しもうとしていた自分はいなかったでしょうか?

だから、今再び、この状況を「楽しんでしまえ!」ということが、あなたに課せられた“神様”からの命題のように受け取ってみると、心がスーッと落ち着いて、より前向きな気持ちになりやすいはず。

(来週に続く)

※なお、お金に関するワークショップを開催中です。
 東京・五反田)5/20(日)13:30-17:30 『豊かさの心理学~心も懐も人も豊かになるワークショップ~』
 名古屋・金山)5/12(土)13:30-17:30『豊かさの心理学~心も懐も人も豊かになるワークショップ~』

まことに申し訳ありませんが、大阪、福岡地区ではこのテーマに関するワークショップは終了しました。ただ、人気のあるテーマですので、今後も開催していきたいと考えています。

心の処方箋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事