1/14 名古屋・心理学WSのフォローアップ


ご参加くださった皆さんありがとうございました。
アンケートにて頂きましたご質問に回答させていただきます。
参加されていない方にもできるだけ分かりやすいようにさせて頂いているつもりですので、どうぞお時間のある時にお楽しみ下さい。

心理学ワークショップ(名古屋)
2006/1/14(Sat)『心と心を繋ぐパートナーシップ』
2006/1/14(Sat)『問題の影に才能あり~今のあなたのテーマから隠れた才能を見つてみよう~』
名駅・中小企業センター


<質問・疑問>

Q.子どもがいなくてもパートナーシップは築いていけますか?

A.様々な事情で子どもがいなくても幸せな夫婦・カップルはたくさんいますよね。
確かに子どもは両親を繋げてくれる存在でもありますが、逆に子どもが巣立った後が本当のパートナーシップの始まりと言われることもあるんです。
最終的には夫婦が一対一で向き合うわけですから、そのつもりでいることが大事ですね。
なかなか理屈だけではうまく行きませんので、できるだけ実践を重ねたいところですよね。

Q.分離感、孤独感が強くていつも足を引っ張られているような気がします。こんな自分でも才能があるのかな?と感じてしまいます。

A.自分自身の中にネガティブな怪獣がいて、いつも攻撃しているような感じでしょうか。
その怪獣はどうしてあなたをそんなに責めるんでしょうね。
足を引っ張る目的って何なのでしょう?

そんな風にちょっと感覚的に捉えてみると良いかもしれません。

足を引っ張るのも、引っ張るのも自分自身。
周りの誰かが邪魔しているように感じても、それは自分の心の投影だと思ってみてください。
そうすると、どうしてそんなことをするんだろう?と自分を見つめなおし、成功すること、謙虚に自分の才能を受け取ることを選択できるようになります。

孤独感が強いと、いつも一人でもがいているような感じがしますよね。
そういう時は誰かとのつながりがとても大切です。
いつも近くに「人」を感じられる環境作りも重要です。
自分が信頼できる人に近付いてみましょう。

誰にでも才能はあります。
でも、しんどい時にはそれが疑わしく感じてしまうのも事実です。
地層に覆われた化石を発掘するように、優しく優しく自分を内面を掘り下げていきましょう。

Q.考える事が逃避になる・・・というのをもう少し詳しく教えてください

A.考えることが悪いというわけではありません。
ただ、感情を感じるのではなく、考えてしまうことで、目の前の事実から目を逸らしてしまうことが少なくないんですね。

例えば、ちょっとショックな出来事があって、どうしていいのか分からずに不安が強い時、私達は、その不安を感じるのは嫌だし、怖いので、できるだけその状況を早く抜けられるような“方法”を考えてしまいます。
ところが、そういう怖れの真ん中で考えることは、その状況から逃げるための手段だったり、小手先のテクニックだったりするので、なかなか現実がついてこなくて、より悪化してしまうことも少なくありません。
そして、さらにパニックになって、何とかしようと更に目先の方法ばかりを考えるようになるんです。

それは追い詰められれば追い詰められるほど、化けの皮が剥がれるようにすぐにばれる嘘を付いてしまうのと似ているかもしれません。

そういうときは、まず、しっかり地に足を着ける感じで自分の気持ちを一つ一つすくい取ることが大切なのですが、考えることで現実と向き合えなくなる事が多いんです。

さらに詳しくは↓の心理学講座を一度読んでみてくださいね!

※参考)心理学講座:考えてしまうこと~思考という逃避~

Q.能力・望みと、悩み・課題の間をどのようにステップを設定していくのか(どのように支援されるのか)も伺ってみたいです

A.目標設定~達成のプロセスをきちんと定義することはとても難しいことで、なかなか思うようには進まないのが現実ですね。

それは“心”という目に見えない、感覚的・感情的なものを、理論立てたり、きちんと設計したりすることが難しいからかもしれません。
いわば、芸術作品を分析・解析するようなもので、「感じる」ものを「考える」ことで、台無しにしてしまうこともあるでしょう。
だから、そのプロセスはとても直感的に、感覚的に築かれていきます。
(それを説明するのに心理学的な見方を多用するんですね)

基本的には「私はどうしたいんだろう?」という点に基づいてお話を伺っていきます。
そして、どうすればそれが現実になるのか?どういう状況になればそれが手に入るのか?を感覚や感情的に繋ぎ合わせていきます。
これは言葉にすると非常に難しいので、実例をいくつか見ていただいたり、ワークショップで見聞きしていただくのが一番早いかもしれません。
(参考:個人カウンセリングの実際

ただ、「望めば叶う」という言葉はとても大切な意味があり、自分が心から望むこと(選択すること)で、自分の才能に気付き、望んでいるものを受け取れるようになると思っています。

そして、自分を成長させながら、やがては自然と望んだ状況がやってくる、そんな風に捉えて見られると良いかと思います。

<ご意見・ご感想>

○他の人とも触れあえて楽しかったです。
○自分のパターンもとてもよく分かったです。
○勇気を出して手を挙げて、さらに受け取るべき才能を教えてもらえて良かった。
○他の人のテーマも自分に当てはまるところが多く、ためになった。
○いろんな人の意見が聞けてよかった
○初めてで緊張しました。話を聞いていてもなかなか質問するところまで行きませんでした。
○「問題」=「大切なもの」と聞いて、とても腑に落ちました。
○いつも気付かされることがいっぱいで、来るたびに少しずつ成長している感じがします!
○人の問題を聞いているうちに、自分の話したい問題が出てきたのが良かった。
○話の内容が具体的で理解しやすかった。
○参加者の方が悩みを話され、それに答えられるという形式で、とても臨場感があり、心に落ちるものがありました。
○このテーマをもっと掘り下げて聞いてみたいです。
○初めて参加するので不安だったのですが、最後にはそんな気持ちもなくなり楽しく過ごせました。
○根本さんのせいで天気が悪かった?(笑)

ワークショップのフォローアップ&テキスト集

あなたにオススメ