(12/30)才能(ギフト)について



スケジュール帳を見てたら、1週間後が1月5日と知って、ちょっと愕然とした今日この頃です。
1週間すると、もうお正月は終わってるんですよ!!
(当たり前ですけど・・・)

それくらい年末年始、年が変わる一日というのはすごく大きなインパクトがあるんですよね。

なんせ、来週末は僕の体は東京にあるんですから、これまたビックリです。

*~~*~~*~~*~~*~~*

29日の大阪は朝、冷たい冬の雨が降ってました。
昼前くらいから晴れてきて、お陰でカウンセリングルームに傘を忘れてきたんですけど(もう、これはお約束)、その冷たい空は何とも言えないしんみりした気分にさせてくれます。

これがクリスマス前とかだったら、華やいだ雰囲気の中でまた違うムードになるのかもしれませんが、年も押し迫ったこの時期ともなりますと、リアルな冬を感じますね。

温まろうと思って淹れたコーヒーがイヤに美味しかったです。

東京の方は雪が降っていたんですね。
お客さまからそんなメールを頂いて、改めて冬の到来を感じました。

やはり乳児標準時間で生活してると、イマイチ季節感に乏しいものですなあ。

*~~*~~*~~*~~*~~*

江坂のお店も年末からお休みに入るところが多いようで大掃除をしていたり、店先に早くも「謹賀新年」のポスターを貼っていたり、一様に年末ムードです。
カウンセリングルームも27日にみんなで大掃除を済ませまして、新年を新しい気持ちで迎える準備をしました。
ま、早速その翌日も普段どおり使ってるわけですけど・・・。

*~~*~~*~~*~~*~~*

その人の持つ才能や価値というのは限りなく、また、その性質ゆえに自分では気付きくいものです。
お話を伺っていると、その方の将来に大きな可能性を感じられたりして「本当に才能豊かですよね」なんて話をさせていただいたりします。

ま、そういう時はたいていポカンとした顔されますけど・・・。

才能というと、絵とか音楽とか、話をする、とか、そういう目に見えるものばかりをイメージされるかもしれませんが、それは表現力の一つに過ぎないわけで、実際は心が優しいとか、温かいとか、強いとか、そういう価値や魅力の中で、特に強いものを僕たちは才能と呼んでます。

ギフト、と言うこともあります。
生まれてきたときに持ってきた贈り物、という意味で。

それを見つける(思い出す?)イメージワークをすることもありますが、誰でもいくつも色んなギフトを持って生まれてきています。
でも、才能って言われるくらいのものですから、それが活かしにくい環境を選んで生まれてくるわけで、無力感は募れど、一向に自分の才能を使いきれないことが多くなったりします。

それが、問題、という奴です。

例えば、人を癒す才能を持って生まれてきた方は、その周りにどうしようもないくらい傷ついた奴らが集まってきます。
「こいつをどうやって癒せっちゅうねんっ!」と神様に中指を立てたくなるような環境が与えられるわけです。
でも、心のどこかではその才能に気付いていますから、そんな連中を見殺しにすることもできずに、でも、助けることもできずに、罪悪感を背負ったり、無力感に押しつぶされそうになったりする状況が生まれます。

でも、実際は才能っていわれるようなものですから、その場に自分がいるだけで、勝手に人を癒していたりするものなんです。

**

ところが、過剰にそれを追い求めるあまり、いたずらに人の痛みを抱え込んでしまったり、引き受けたりして、むしろ、自分自身が傷ついてしまうことも少なくありません。

そこではやり方を変えることが求められています。
新しいやり方、アプローチ。

でも、そのためにはちょっとイヤだなあ・・・と思うことも出てきます。

例えば、助けたい人がいるのに、自分があまりに疲れすぎているとしたら、一旦引く勇気が必要なんです。
勇気ある撤退、が求められる場合もあるんですよね。

また、助けを求めてきてる人もいるのに、今の自分ではそれに応えられないことを受け入れる(つまりは、負けを認める)必要がある場合もあります。
白旗を揚げるって感じです。

その一方で、自分の痛みを越えて、あるいは、そこで踏ん張って相手に手を差し伸べる必要がある場合もあります。

それを見つける、選ぶことは難しいものですが、そこで自分を信じられた分だけ、確実に一歩前進できます。
そして、真実が見えてきます。
その時の感動と言うのは本当に筆舌に尽くしがたい場合も少なくありません。

才能というのは、自分がそう信じられたときに本当にそれを発揮できるもので、そして、溢れんばかりの喜びや充実感、パワーを与えてくれるものです。
それはとても楽で、自然で、そして、輝いている自分自身です。

もし、自分にどんな才能が備わっているのかを知りたい場合には、プライドや欲や、今あるもののすべてを手放す覚悟をしてみましょう。
それはとても難しいことだけれど、とても意義のあるチャレンジです。

大きく深呼吸して、両手を広げ、一歩前に出るイメージをしてみましょう。
そこで見えてくるものも、きっと、多いはずです。

あわせて読みたい