(4/20)車窓から



10日ぶりに自宅に帰ってきまして爆酔こいておりまして、更新をすっぽかしてしまいました・・・。
いやー、13時間も寝てしまって、現実と夢の世界の区別が付かないよ・・・。
下記は昨日新幹線で名古屋から移動する車中で「今夜のネタにしよう!」と思っていて書いていた文です~

*---*---*---*---*

朝起きると外は雨でした。
うかつだったなあ・・・と思いながら、朝風呂に浸り、帰り支度をしてチェックアウトしました。
どこか遊びに行くのも悪くないなあ・・・と思いながらも、そのモチベーションも低く、素直に帰ることにしたんです。
朝からずっとハウス系の音楽を部屋で聴いていたせいか、タクシーのワイパー音に触発されて、頭の中にはずっとそれ系の音楽が流れてます。
僕の頭の中にはたいてい何か音楽が流れているんですよ。

でも、それだけでは満足しなかったのか、知らず知らずのうちにワイパーの動きに合わせて首を左右に振ってしまい、思わず車に酔ってしまいました・・・。
大人になって何てことをしてるんだろう・・・とブルーになりながらも、負けじと新幹線のホームでは「びっくり味噌カツ弁当」を購入しました。
今回はきしめん以外は名物を食してなく、かつ、味噌カツは大好物なので、車酔いなどには負けていられません!
さすがに飲み物はいつものビールではなく、お茶にしましたけどね。

味も良く、とても満足感でいっぱい。

今回はのんびり帰ろうと「こだま」にて車窓の景色を眺めながら帰ってきました。
出張慣れするとあまり車窓の風景に意識が向かうことも少なくなってることに気付かされます。

特に雨の景色を車窓から眺めるのはけっこう良い気分で、車酔いも思ったよりもずっと早く治まり、青々とした緑に目を奪われていました。
長良川の河岸の草原も、岐阜羽島を過ぎた辺りの霧の立ち込めた山も、関が原あたりの間近に迫った田畑もとてもきれいで。
大阪、東京、名古屋と移動して、普段、ほとんど緑を目にすることがない生活をしているので、新緑を迎える山の景色はなんとも落ち着きます。
日曜日に熱田神宮に行ったときも不思議な安らぎを感じたのですが、この緑の効果ってのもあるんでしょうね。

ただ、のんびり帰ると言っても「のぞみ」「こだま」が55分程度で着くところが、1時間10分程度に伸びるくらいなんですけどね。
近いですよねえ・・・名古屋。

そういえば、先日和歌山からいらして下さったお客さまに「和歌山って名古屋や岡山よりも遠いって知ってました?もしかしたら広島よりも遠いかも知れないですよ」なんて軽口を叩いてみました(笑)
江坂は新大阪に近いですし、大阪の中でも北のほうですからね。
(和歌山は大阪の南)

とてもびっくりされていましたけど。
もちろん、距離や金額を考えれば和歌山の方が近くて安いです。
でも、時間だけみたら、名古屋や岡山の方が早くカウンセリングルームに到着できるんですよね。
時刻表で見ると、名古屋-新大阪は55分、岡山-新大阪は45分、広島-新大阪は1時間20分程度です。

以前京都の北のほうからいらしてくださったお客さまは3時間以上かかりました・・・っておっしゃってたんです。
東京(2時間半)よりも遠い???

時間軸で見ると、日本地図って本当に大きく変わりますよね・・・。

などという文章を新幹線の中で打っていたら再び車酔いが復活(笑)
この辺で打ち切らせていただきます・・・はぁ。

あわせて読みたい