(12/28)夫婦のバランス



年末も迫り来る今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
仕事納めを迎える方も多いのかも知れません・・・。

妻とも話をしてたんですけど、乳児のいる生活をしていると、そうした社会の動きに疎くなります。

クリスマス?あ、ああ、そうだね、クリスマスだよね。
もう今年も終わりなの?そっかー、早いなあ・・・。もうそんな時期か・・・。

ま、年賀状はもう既に投函済みですけどね・・・ふふふ。

年が暮れ、新しい一年が来るというイベントよりも、年明け早々、うちの乳児が10ヶ月を迎えるというインパクトの方が遥かに大きいのです。
10ヶ月ですよ、10ヶ月。
なんか、現実離れした数字に見えるのが不思議(笑)

*~~~*~~~*~~~*~~~*

昨日のクリスマスプレゼントの右側の写真は、うちの奥様からの贈り物です。
奥様よりも長いお付き合いをしていた手帳が少しずつほころび始めまして、新しいのを買ってもらいました。

東急ハンズにて悩むこと1時間。
洋服でも、日用品でも、あまり購入に悩まない僕としては珍しい長考です。
即ち、こだわりの逸品なのです。

何年も、そして、毎日使うものですから、いいものを選びたい。
しかも、何年使っても味のあるものでありたい。
故になかなか選べないのも仕方のないことかもしれません。

・・・と偉そうにこだわりを披露するものの、今まで使っていた物もやはり同じ思想で手に入れたものなのに、その割には保有していた8年間のうち、実際に使い込んだのは2,3年に過ぎないという矛盾を孕んでます。
その間、手帳は要らなかったり、ケータイ入力で事足りたり、ポケットサイズにミニ手帳を使ったりと、書棚で寝てる時間も長かったかなあ・・・。

でも、この1年は猛烈な勢いで使い倒してましたし「本当にありがとうございました!」との思いでいっぱいです・・・。
そうすると、処分の方法にもまた困るのも事実でして、「燃えるゴミの日」に出してしまうのも、何とももったいないような気がしてくるのです・・・。

*~~~*~~~*~~~*~~~*

手帳に限らず、文具には昔からけっこうこだわりがありまして(そういう男性は多いんじゃないでしょうか?)、ボールペンやシャープペンシル、ペンケースなども購入時は悩むものです。
機能的で、デザイン的にも素晴らしいものを手に入れたときには感動的なものでして・・・。

ただ、往々にして夫がそうした趣味を持つ場合、妻はいたって逆の趣を持つことが多く、うちの奥さんは手帳はミスタードーナッツのスケジュールン始め、もらい物を使うことが多いようです。

逆に僕はファッションを選ぶときにはそんなに時間をかけることは無いんですけど、奥様は並々ならぬ思いで取り組んでいます。
服を買いに行くと、僕のはほんとに数分で決めてしまうんですけど(注:サイズが無いから選択の余地がないってわけではありません!!)、奥さんは本当に気に入ったものが見つかるまで何軒でもショップを渡り歩きます。

夫婦というのは、こうしたところでもバランスを取りたがるものなんですね・・・。

だから、相手を理解するというのはとても難しく感じる場合も出てくるんでしょう。
夫が熱中してる趣味に、奥さんが全然興味持てないって話もよく耳にするでしょう?
逆に妻が冬ソナに夢中になってると、夫がそれを白い目で見てたりすることもありますね。

うちら夫婦にとっては僕が文具や時計にこだわりを持つ気持ちと、奥さんが服にこだわりを持つ気持ちは同じくらいのものかもしれません。
そう考えてみれば、奥さんが阪急~阪神~大丸と梅田や心斎橋の百貨店をハシゴするのも理解できそうな気もしてくるってもんですよ・・・。

あわせて読みたい