結婚して穏やかな生活を過ごしたいと思うけれど、誰かとずっと一緒に仲良く暮らすことなど到底できない。

問題好きな人は「できてること」よりも「できてないこと」に目を向けたくなります。
そして、頭で考える分析は潜在意識のパワーの元では何ら力を有さず、ゆえに、私たちの現実はいつもドラマに満ちているのです。

***
根本さん こんにちは。
このHPにたどり着いてから、ブログ(メルマガ)を毎日ココロの支えにしています。

私もはや46歳ですが、まだ一度も結婚したことがありません。そろそろ結婚して、心穏やかな毎日を落ち着いて過ごしたいなあと思っていました。

昔からですが、両親や故郷から遠く離れ、物心ついてから、両親と心を通い合わせたことはないだろうという感じでいました。

読み始めてから、両親との関係かあと思っていたところ、私にも大きな変化がありました。

母が不調になり、つい先日あわてて実家に帰りました。そこで、今までとは全く違って優しく素直に母と接することができました。そして、大嫌いだった田舎が、めちゃくちゃいいところだったと気づくことが沢山でした。
それ以来、心がとても穏やかになり、干からびていたような自分が潤い、寂しくなくなりました。いまさらながら、娘として母ともっともっと過ごしたいと思えるようになりました。

根本さん、いろいろたくさんのことを教えていただいて有難うございます。
自分がこんなになれるとは思ってみませんでした。

後は、父との関係です。
父は、もうすでに他界しています。父のことも大嫌いでした。

そして、これまでつきあう人(不倫が多い)にも、最初はものすごく恋して、ほぼべったりのような関係になるのですが、1年をすぎてくると、相手にいろいろ思うようになってきて、そのうち嫌な感情が渦巻き、抑えられない状態になってしまいます。

たとえ、結婚しても、相手を大事に出来る自分であると、とても思えないのです。結婚後、その人と一緒にずっと仲良く暮らすことなど、到底出来ない自分のように分析します。

こんな私は、どうしたらよいでしょうか。
(Mさん)
***

お父さんとうまく行かないと、理想のお父さんを求めて不倫しやすい、というのは定番中の定番なんですよね。
ただ、そこまで嫌いになれるってことは、そこまで好きだった時代があるって示唆も含んでいまして。
今も大嫌いなままでしょうか?
それとも少しは亡くなられてマシになりました?

お父さんを許しましょう!というのも一つのテーマになりますね。

>たとえ、結婚しても、相手を大事に出来る自分であると、とても思えないのです。結婚後、その人と一緒にずっと仲良く暮らすことなど、到底出来ない自分のように分析します。

私も分析好きで、あれやこれやと現状分析をするのを趣味(?)としているカウンセラーなんですけど、今まで見て来た事例の多くはそんな分析などクソくらえな現実がやってきたものです。

例えば、Mさんに王道のカウンセリングをするのであれば、お父さんを許し、男性との親密感を自分に許せるようになり、また、かつての不倫してきた彼らを手放すと同時に、不倫していた自分を許す、みたいなプロセスを提案するでしょう。

もちろん、これは間違いのない道なので、否定する気は毛頭ないのですが、Mさんの成功体験に目を向けてみると「今までとは全く違って優しく素直に母と接することができました。そして、大嫌いだった田舎が、めちゃくちゃいいところだったと気づくことが沢山でした。」って言う風になるために、母親を許し、手放すセッションを何回ぐらい受けたんでしょう???って話になるんですね(笑)

もしかしたら、そういうカウンセリングやセラピーを受けまくられたのかもしれませんが、逆に、まったくその辺は手つかずで、なんかブログ読んでたら・・・セミナー行ってたら・・・自分のこと大事にしようとしてたら・・・知らんうちにこうなってしまってた・・・。だから自分が一番びっくりしてるんです!!!!!!!

なんで、大嫌いな田舎が好きになったのか???
なんで、お母さんに優しく接することができるようになったのか???

本来、分析すべきはこっちなんです。

でも、おそらく、はっきりとコレ!!という理由は見つからないかもしれません。

なぜならば、人生なんてそんなものだからです。

・・・。

元も子もないことを言ってしまいました・・・。

そもそもカウンセリングやセミナーを受けなくたって幸せな人はいっぱいいるし、心理学を知らなくても人とうまく行くこともあるんだし、、、むしろ、知ったから余計に考え過ぎちゃうこともあるし、、、(笑)

ああ、また自虐的なことを言ってしまった・・・(笑)

だから、Mさんのお話を聞いて私が思いつくのは今までの「なんでか分からんけど幸せになっちゃった人たち」の話です。

「なんかねー、あまり乗り気じゃなかったんだけど友達にどうしてもって頼まれて出た合コンに彼がいたんだけど・・・全然始めはタイプじゃなくて、根本さんがいつも言ってるように『男はNGでも飯はうまい!』を楽しんでたら、しつこくメールアドレスとか聞かれて渋々教えてやり取りしてたら、なんかいいかもって思うようになって・・・それで今、ラブラブ。なんで?ねえ、なんで私こうなったの?分析して?」

知らんわっ!!
勝手に幸せやっとれ!!

「ほんとたまたま飲み会の帰りが一緒になって、実は同郷だってことが分かって盛り上がって、そのままなんか付き合うことになったの。お父さんのこと、まだ全然許せてないんだけど、でも、今けっこう幸せで~。根本さんのおかげです。ありがとう!」

いえいえ、どういたしまして!
それはあなたが頑張ったからですよ!(←美味しいところだけもらっていくカウンセラー)。

えてして世の中そんなものでして。
講座でもよう言いますけど、
「なんでパートナーができたの?」
って質問して、その一番人気の答えって何だと思います???

「なんとなく」

ですよ。所詮そんなもんなんですよ、世の中なんて(やさぐれながら)。

だから、Mさんもきっとパートナーができて結婚できた暁にはこんなことを言うようになるんです。

「私、今まであまりいい恋愛とかしてこなかったし、結婚しても相手を大事に出来るなんて思えなかったし、結婚してその人とずっと一緒に仲良く暮らすなんて到底できないと思ってたんですけど、今の彼は違うって思えたんですぅ~。この人は大丈夫って思えたんですぅ~。ああ、これってノロケですかぁ~???」

はいはい。
(スマホに目をやりながら)どうぞ、好きにやってください。

>こんな私は、どうしたらよいでしょうか。

うまく行くときはうまく行くので、今はますます田舎を楽しみ、お母さんを大切にして(でも、時々むかつくときももちろんある)、自分が喜ぶことをしていればOKです。

お父さんのことが気になるなら、セミナーとかカウンセリングとかを利用なさるといいでしょう。「その気になる」ということを手放す効果はありますから。

要するに「好きにしなはれ」ということですね(笑)

私たちが分析等で使っている顕在意識は心全体から見ればわずか数%以下。
残りのほとんどは潜在意識・無意識と呼ばれるエリアで、頭でどんだけ考えても数%くらいの範囲でしかパワーを有さないのです。

そもそも潜在意識(感情)なんて矛盾の塊ですから、「結婚したいけれど、誰かと一緒にいられる気がしない」なんてことはふつうにあり得ます。

それが本音だとするならば、Mさんの潜在意識は次のどれかの世界を創り上げます。

1.この人は大丈夫!って人と出会い結婚する。
2.結婚したけれど仕事の都合で週末婚状態になる。
3.自由人な旦那で愛情は感じるけれど、あちこち飛び回っていて一緒にいる時間が少ない
4.その他。

この「4」があるのがポイントで、私たちの潜在意識は自分でも想像もしなかった現実を与えてくれたりします。

「あっ!その手があったか!!」とやられる瞬間です。

だから、大丈夫なんです。
結婚することになってる人はいずれ結婚するんですし、結婚しないことになってる人は結婚しなくても幸せな生活を送れるよう、ちゃんと準備されてます。

あとは本人(顕在意識)が素直にそれを受け取れるか?ですし、自立系武闘派女子が矛を収めて平和な世界を受け入れるか?です。

素晴らしい成果を挙げていらっしゃるのですから、「できてないこと」よりも「できてること」に意識を向けてあげませんか?

その方が幸せですよね(^^)

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
☆根本本。
根本の著作