10/7(金)北浜・ルポンドシエルのランチセミナーの下見をしてきた。

北浜の駅、29番出口を出て東へ向かう。阪神高速の高架をくぐり、大川から望む中之島を左手に見ると突如現れるのがこの建物。
天満橋から西向きに歩いてもまたきっと同じ思いをすると思う。北浜には確かに歴史的建造物は多いけれど、どれも近代的な建物の間からひょっこり顔をのぞかせる感じで存在する。そして、そのたびに本当にこんな建物があるんだ、という驚きを隠せない。
当然だけど大正生まれのこのビルの前景を視野に収めるには目の前を走る土佐堀通を渡って反対側に向かわなければならない。

LE-PONT-DE-CIEL

LE-PONT-DE-CIEL

普通に入口を目指すとちょっと重厚な感じで出迎えてくれる。はっきり言えばちょっと躊躇する。
とても私が主催するセミナーには似つかわない感じすらする。

ルポンドシエルの入口

ルポンドシエルの入口


自分でそれを開けるべきか躊躇しているとスタッフが扉を開けて私たちを出迎えてくれた。
一歩踏み込むと予想外に中は近代的で、それこそ、高級なレストランの風情をいきなり醸し出してくる。接待などで使われる雰囲気でますます私のセミナーで使ってもいいのか?という疑念が沸く。
重厚な扉があり、その向こう側が今回ランチセミナーで使う個室だという。

この扉の向こうに個室がある。

この扉の向こうに個室がある。


しばし、ここで待て、という感じで入ってすぐ右手のソファ席でしばらく時を過ごす。
ウェイティングスペース

ウェイティングスペース

担当者がやってきて名刺交換をする。そうか、今日は下見であることを予め伝えていたのだった。
ここでランチセミナーを開催する。
「15名様でしたらこんな感じです」と椅子まで15個セットしてくれている。
いや、実際は10名とかになるかも・・・と冷や汗をかきながらも、表向き「これなら十分会話もできますね」と大人の対応をする。
「ここで何かお話をされるとお伺いしました」と担当者。まさか色恋話が中心のにぎやかな自立系武闘派女子たちの酒宴だとは言えず、「ええ、ちょっとしたセミナーのようなことをさせていただきます」と答える。
「ここなら外に声が漏れることもございませんし、安心してお話頂けます」とのこと。
「それは素晴らしいです」と紳士を飾ってみたのだが、正体はバレていそうだった。

個室の風景~全景~

個室の風景~全景~

「この絵は岡本太郎さんの?」と聞くと、「ええ、そうなんです。元々このビルを本社としていた大林組がこの絵を所有していて、このレストランのオープンと一緒にこちらに飾ることになりました。」とのこと。
まさか、こんなところで生の岡本太郎さんの絵に出会えるとは・・・。俄然、テンションが上がる。

個室の風景2~岡本太郎の絵~

個室の風景2~岡本太郎の絵~

さて、来月がランチセミナーなので、メニューは変わるが同じ価格帯のランチメニューとおすすめワインを飲ませて頂いた。
昼間からこんな優雅な空間で贅沢な食事を頂けるなんて幸せである。あ、下見だからね。あくまで仕事。

レストランの中はこんな雰囲気。
格式はあって、接待などに使われるような感じがする(実際、仕事の打ち合わせのビジネスマンもいた)。
でも、落ち着く。窓からの景色は空だけで大川は眺められないのだが、かえって静けさが漂い、不思議と気持ちが和むのだ。
DSC_0984

DSC_0999

料理の数々。アミューズが数種類。スープはズッキーニ。前菜に琵琶鱒を、肉料理は七面鳥を選ぶ。デザート前のデザートに、本編のデザートのソルベまでまあ絶品の数々。
王道で勝負するフレンチで、油やバターでべたべたすることなく、ほんとうに美味しかった。
まことに失礼であるが、ここまでとは期待していなかった。
ワインもまた個性的な銘柄で手ごろな値段にて楽しませて頂ける。
正直、食事中はこれらの皿に夢中になってセミナーなんてどうでもよくなるんじゃね?と思ってしまった。ま、それもまたよしか。
DSC_0979

DSC_0978

DSC_0985

DSC_0988

DSC_0990

DSC_0994

DSC_0995

DSC_0996

DSC_0997

このレストランでも「やっぱり大阪だなあ」と思う場面に出くわした。
建物も内装も料理もきちんとしていて格式ばっていて身なりもピシッとしているのだが、スタッフの皆さんがやはり関西人なのである。
話しかければフレンドリーにあれやこれやと答えてくれ、和やかに、また、楽しい時間を演出してくれる。
畏まっているようで、全然畏まらない、大阪の良さがここにも出ている。だから、ホッとする。

こんな料理を頂きながら、岡本太郎さんの絵に見守られつつ、ざっくばらんに話をし、いつもの根本風に緩やかな感じでランチセミナーを開催する。

ちょっと気合を入れてオシャレをしてくるのも楽しいと思うし、敢えて崩してみるのも面白いし許されると思う。
なんせ、ここは商都大阪のど真ん中なのだ。

こんな空間の中で恋の話をし、旦那の問題を語り合い、そして、これからの幸せについて想像を膨らませるのもステキなことではないだろうか?

他の地域がそうだったから「お部屋は2時間制ですか?」と聞いてみた。
「いえ、ラストオーダーは14時ですが、特に時間は・・・ご自由にお過ごしください」とのこと。
おしゃべりな関西人を2時間で追い出すことなどできない、と悟った店側の深慮であろうか。
当然、私もそのつもりで挑むわけだが。

【詳細】
日時:2016/10/7(金)12:00-14:00
場所:北浜・ルポンドシエル1F
   大阪市中央区北浜東6-9 ルポンドシエルビル 1F
交通:谷町線・京阪電車 天満橋駅 14番出口より徒歩5分、堺筋線・京阪電車 北浜駅 29番出口より徒歩5分
料金:14,000円(ワイン飲みます!) or 12,000円(ソフトドリンク派!)

お申し込みはこちらから!

★セミナーの詳細はこちら>http://nemotohiroyuki.jp/event-cat/14728