(罪悪感本の感想)自分をなだめつつ何とか言ってみると…そりゃぁもう、ボロボロボロボロ涙が止まりませんでした。




『いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本』の感想を頂きました。

こんにちは、根本先生。
KHと申します。

日々、メルマガ、ブログ、本とお世話になっております。

罪悪感本の感想です。

そりゃあ、罪悪感てんこ盛りだよね!と自覚持って読み進めました。

途中、アファメーションや十字架のワークでウルウルしたりボロボロ泣いたりしましたが、1番決定的だったのは、最後の方のある男性のお話でした。

何を隠そう、私も「もう頑張れない」「もうしんどい」と言葉にする事に、すごく抵抗を感じたのです。
それでも、自分をなだめつつ何とか言ってみると…そりゃぁもう、ボロボロボロボロ涙が止まりませんでした。

しかも、一度だけではなく、何度もです。

そしたら、姑問題の事でもう限界なんだと気が付き、夫と子どもたちの前で、限界だと言う事を伝えました。(どうするのかは、今のところ夫に一任)

何ということでしょう。
伝えたその後から、気持ちは軽いし、もうがんばらなくていいんだ〜と喜びの気持ちか湧いてきました。
驚きの変化です!(*^^*)

以前から、他のワークもしていたからとはいえ、この変化のきっかけの1つは罪悪感本であるのは、間違いないので、本当に感謝です(^^)

この後も「私は無実です。もう、私は許されました」この言葉を呟いていきたいと思います。

あわせて読みたい