(罪悪感本の感想)自分と仲直りできる本です




『いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本』の感想を頂きました。
※リトリート仲間やお弟子さんたちの希望者に原稿(ゲラ)をお渡しして読んで頂きました。

自分と仲直りできる本です

●感想
自分の中にある「空っぽ」な感覚は、もしかしたら罪悪感がもたらす感覚かもしれない。。
本を読むまではその感覚すら自覚がありませんでしたが、様々な形に変えて私たちの日常に潜んでいる罪悪感を、いくつもの実例を通して読み進める中で、ハッとしました。
そして、自分が思っていた以上に罪悪感に動かされていることに気付かされ、いたたまれない気持ちになりました。

でも、「なにかに対して強い罪悪感を覚えるとき、その裏側にはそれと同じくらい強い愛がある」という言葉に接して、私にとって罪悪感は「忌むべきもの」ではなくなり、「無くす」よりも「うまく付き合っていく」というアプローチの方がしっくりと感じられるようになりました。
後半からは、具体的な罪悪感との付き合い方がたくさん書かれています。自分の中の罪悪感とうまく付き合うために、自分を許すことは、そのまま自分を愛することにつながります。読み進めるうちにとても心が癒されるのを感じました。

もしも今後、自分の中に罪悪感を見つけたら、これまでとは違った眼差しで受け止め、その中に愛を見つけていけたらいいなと思います。そして、今まで隠してしまっていた自分らしさや、ワクワクのライフワークを探っていきたいです。
(RYさん)

あわせて読みたい