(罪悪感本の書評)「行きつくところは罪悪感!罪悪感にモヤッとしたら・・・この1冊であなたは自分自身のカウンセラー」



『いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本』の感想を頂きました。
※リトリート仲間やお弟子さんたちの希望者に原稿(ゲラ)をお渡しして読んで頂きました。

「行きつくところは罪悪感!罪悪感にモヤッとしたら・・・この1冊であなたは自分自身のカウンセラー」

「あなたが地球に生まれるときに『どんな感情を持っていってもいいよ!』と言われたら、おそらく一番人気は「罪悪感」なんですよ」って凄くないですか?!
いきなり目からウロコです。
この本は罪悪感の正体を徹底的にわかりやすく7つのタイプに分け例題をあげながら解説してくれます。自分はどのタイプなのか?どういう状態なのか?
根本先生の鋭いお見立てに気付かされます。
罪悪感をなくしてしまうのではなく上手く付き合い、より簡単に幸せを感じられる方法を知り、自分を許し受け入れ愛と繋がります。
私の場合は母親との関係において「癒着」による「大人の理想的な私」と「子どもの感情的な私」の分離にぴたりと当てはまり、母から連絡が入り何かを頼まれるといつも心がざわつき混乱していた意味が解説を読んで納得できすっきりしました。
それにより「親密感の恐れ」が起こることも理解できました。
根本先生が惜しげもなく知識をぶち込んで書かれているので、一般の方はもとより、カウンセラー、セラピストの方の心強いバイブルになること間違いなしです。
(N子さん)


あわせて読みたい