セミナー動画「コミットメント~選択し続ける勇気と秘訣~」



・覚悟を決めること。
・選択し続けること。
・決意すること。
・腹をくくること。

そんな解釈をされる「コミットメント」。さらに意味を拡大するならば、

・信頼し続けること
・全責任を負うこと
・あきらめないこと
・まな板の上の鯉になる
・サレンダーする

という意味になる「コミットメント」。

「諦めずに取り組む姿勢」でもあり、「怖れを越えてチャレンジすること」にも、「幸せになること」にも、あらゆる成功の影にあると言われる「コミットメント」。

もし、あなたが幸せになりたいと思っているにも関わらず、あと一歩が踏み出せないのであれば、この動画は大いに力を与えてくれると思います。

同じように、「決めることが苦手」「継続ができない」「飽き性」「頑張りたいのに頑張れない」「いつも何かに足を引っ張られる」「自分は宙ぶらりん、中途半端な感じがする」「達成したいことがあるのに勇気が出ない」そんな思いを抱えられているあなたの力になれる動画です。

コミットメントとは何か?
どうしたらコミットメントができるようになるのか?

そんなプロセスをお話ししたいと思います。

「今の彼にコミットする」とは、日本語ではこういう風に訳せると思います。

「私は今の彼のことを一瞬、一瞬選び続けることを決めます!」
「私は今の彼と幸せになることを選択し続けます!」

コミットメントというのは、AとBという選択肢があった場合、常にAを選び続ける覚悟のことを言います。
一瞬、一瞬、AとBのうち、Aを選ぶ、という行為を続けることなのです。
つまり、Bという選択肢を消すことをしないのですね。
(Bを消してAのみを残すと、コミットメントではなく、執着になってしまう)

これは私たちの決意がほんとうに試されることですし、なかなか難しいことと言えます。

要するに「肚をくくる」「覚悟を決める」ということです。

コミットメントを阻むのは感情です。
怖れ、不安、罪悪感、無価値感、無力感、自信のなさ、自己肯定感の低さ、、、様々な感情が選択することを迷わせます。

怖れや不安は歩みを止め、その場にとどまらせようとします。
罪悪感は巧みにあなたを幸せに導かないような選択肢を示します。
無価値感はあなたのする選択を無価値なように思わせます。
無力感はあなたにはコミットなんてできないと思わせます。

そうした感情を抑圧し、否定するのではなく、また、逃げ出すのではなく、それらの感情、ひとつひとつ向き合い、乗り越えていくこともまたコミットメントです。

「何があっても私はやり遂げる!」という意欲がコミットメントの代表的な表現でありますが、それだけではありません。

選択肢があることを分かった上で「自分にはこの生き方しかできない!」と決めることもまた、腹をくくることになります。

本質的なコミットメントには、そうした湧き上がる感情と向き合うだけでなく、「自分を知ること」「自分を受容すること(自己肯定感)」「自分軸であること」などが求められます。

他人の影響を受けることなく、自分らしい選択をし続けることがコミットメントです。

そんなとても難しい概念であるコミットメントは「男性性」と「女性性」のバランスから生まれるものでもあります。

だから、このコミットメントを学ぶことにより、自分自身を成長させ、自分らしい人生を生きる決意を固めてくれるものと思っています。

もし、あなたが決め切れない何かをお持ちであれば、
もし、あなたが何かに迷っているのであれば、
もし、あなたがこれから先の人生を考えているのであれば、
もし、あなたがライフワークを生きたいのであれば、ぜひ、お聞きいただきたいテーマです。

DVDでお買い求めの方はこちらの販売サイトをご利用ください。

★動画配信(ストリーム)での購入を希望の方は↓の画面、右上の「¥5,500で購入」をタップ or クリックしてください。左下の再生ボタンをタップ or クリックされるとサンプル動画がご覧いただけます。

 

あわせて読みたい