罪悪感本を起稿しました。


2月に新刊が出るのですが、既に脱稿して編集者に原稿を渡しております。
そして、その次の本の構成がほぼ出来上がっているので、編集者の許しをもらって少し早めに起稿することにいたしました。
(ほんとは2月から書き始める予定でしたが)

常に本を書いている状態にしておきたいんですよね。
原稿を書いて、編集者に渡して、その後、数か月もブランクが空いてしまうと、原稿を書くエンジンを点火するのに時間がかかります。(大規模な工場みたいなもんですね(笑))

なので、原稿をひとつ書き上げたら、少し休む程度で次の原稿に取り掛かった方がスムーズに書けると思うのです。

しかも、今度のテーマは「罪悪感」。
単独でセミナーを企画してしまうほどに私が重要視している「罪悪感」。
念願かなってこのテーマで書かせていただくことになったのです!!

ということで、ずーっと以前から書きたいテーマでしたので、待ってました!!とばかりに書き始めております。

「もし、あなたが今、幸せを感じられないのであれば、それは自分を許していないからだ」という格言があります。つまり、そこに罪悪感があるのです。
自分を許し、幸せを感じられる自分になるための一冊を今から書きたいと思います。

ああ、めっちゃ興奮して来た!!(笑)

元旦に起稿するのって、なんか素敵じゃないですか?(笑)


あなたにオススメ