[197]彼を大事にするってどういうこと?



<リクエスト>

根本さん、こんばんは。

彼を大事にするって、どういうことなのでしょうか。自分より、彼を優先することですか?はずかしいのですがわかりません。おしえてください。

(シロさん)


<根本からの回答>

分からなくて当然だと思ってくださいね。一生通じて学ぶ事ですから。

むつかしいですよね。彼を大事にするってことを考え始めると出口のない迷宮にどんどんハマってしまうのではないでしょうか?
だから、恥ずかしがる必要ってないんです。
むしろ、そういう気持ちになれた私、つまり、それくらい彼のことを愛している自分に誇りを感じていいくらいです。

むしろ、分かったつもりになっていることの方が危険なんですね。
謙虚に学び続けたいテーマでもあります。

彼を優先すること・・・それも大事にすることの一つなのですが、でも、そのときのシロさんの気持ちはどうだろう?と思ってしまうんです。

「彼を優先させないと嫌われちゃう。それは嫌だから優先しよう」

これは“犠牲”ですからね。表面上は大事にしてることでも、中身としては反対方向になっちゃいます。それに長続きしませんから、長い目で見れば「大事にしている」とは言えなくなってしまいます。

でも、「彼のことが大好きで、彼のことを優先してあげることが大好きなの。彼も喜んでくれるしね」という状態であれば、“犠牲”ではなくて“愛”ですから、彼を大事にしてあげることになるでしょう。

ただ、現実的には、始めは後者で、あとあと前者、という流れになったりもします。

だから、要は「行為」ではないんですね。

「気持ち」だと思うのです。

それに「彼を大事にする」ということでも、彼の“気持ち”を大事にするんですよね?やはり。

そして、私の気持ち。これも重要です。
実は、自分のことを大事にできなければ、相手のことも大事にできないのが人間です。
(そうでないと、やはり犠牲になってしまいますから)

そういうわけですから、自分の気持ちに素直になりつつ、彼が喜ぶことをしてあげたり、彼のために何かをしてあげることが、彼を大事にすることであり、彼に与えることになるんじゃないかと思うわけです。

そして、その匙加減は人生を通じて学んでいくことだと思います。

例えば、疲れている彼に対して「今日はゆっくり寝てなよ。家のことはあたしがちゃんとしてあげるから」と素直に言えたら、それは彼を大事にしてあげること。

でも、疲れているけれど、今は踏ん張り時だよな、と思ったら「疲れてるのは分かるけれど、今、頑張った方がきっといいんじゃない?だって前から夢だって言ってたことが実現しそうなんでしょう?」と励ましてあげること、それも彼を大事にしてあげること。

同じように、疲れている彼に対して「今日は一緒にいてたくさん甘えようと思ったけど、そんなにしんどいなら、今日のところは自由にしてあげるかな」と前向きに思えたら、それは彼を大事にしてあげること。

ケースバイケース。そして、私の気持ち。だから、大事にするってことはむつかしいことですし、個人差もありますし、学びは深いですよね。

1.彼への愛情を示すこと
2.彼の魅力や価値を見続けること
3.彼を信じること
4.彼の気持ちを考えてあげること。
5.彼の考え方を理解すること。
6.彼の価値観を受け入れること。
7.彼が喜ぶことすること(与えること)
8.彼の愛情を受け取ること
9.彼のことをもっと愛そうと思うこと
10.自分が幸せで、笑顔でいられること

このうちの一つをやってみようと思えば、彼を大事にしてると言えるのではないでしょうか。

=今日のミニレッスン=

普段自分がしているパートナーを大事にすることを具体的に思い出してみる。

男と女の心理学

あわせて読みたい