[179]ここ数年、まったく「恋愛モード」になりません。


<リクエスト>

ここ数年、まったく「恋愛モード」になりません。
少し大きめの失恋をし、そこからは立ちなおっていると思うのですが。
好きな人もできないし、好意をもたれることも皆無です。

元々恋愛には縁遠いほうでしたが、すでに30代半ば、このまま枯れちゃうんじゃないかってちょっと怖くなってきました。

何かアドバイスをお願いします!

(ゆうさん)


<根本からの回答>

まずは、ガツガツ動いて、心の状態をチェックしてみよう!

それはもったいないような気が・・・

でも、彼ができなくて焦ったり、怖くなったりはしても、寂しさは感じられますでしょうか?

彼氏がいない寂しさ・・・みたいなもの。

例えば、休日も趣味が忙しかったり、友達と遊ぶのが楽しかったりで、彼氏がいなくても、特に寂しさを感じないと・・・いざ恋活と言っても腰が重たくなったりしないでしょうか?

特に30代も半ばになると、経済的に多少はゆとりが出てきたり、精神的にも大人になったりして、ある程度のことは“おひとりさま”で何とかなると思うんですよね。

買い物にしても、旅行にしても、他人に煩わされないだけ一人の方がいいかも・・・あるいは、気の合う友達で十分かも・・・ってチラッと思ってしまうこともあるものです。

もちろん、誕生日やクリスマスなどのイベントの時には彼氏がいなくて寂しさは感じられると思うのですが、スポット的な彼氏では・・・あんまりモチベーションアップには繋がらないと思うんですよね。

しばらく恋をしていない状態だとすると、少しリハビリも必要で、そのために、ちょっとばかりかガツガツしてみることもお勧めするんです。
パーティとかコンパとかに積極的に顔を出してみたり、男友達を彼氏に仕立てて一日デートに付き合わせたり、心を「男が欲しいモード」へと切り替える必要があるんですね。

あと大きめな失恋をされたとのこと。
その直接的な影響からは立ち直っていらっしゃるとは思いますが、実は失恋って、そのものの影響にとどまらないんですよね。

例えば、その彼ともう一度やり直そうとか、もう一度付き合いたいとか思わなかったとしても、その失恋のショックが大きかったりすると、「そんな強いショックは味わいたくない」という感覚が心にインプットされてしまうんです。

そうすると、傷つきそうな恋愛からはちょっと距離を置いて、別の方に意識を向けさせようとするわけです。
つまり、それが恋愛モードが封印されてしまう要因なわけです。

だから、上に書いたように、ちょっぴりガツガツしてみることをお勧めします。

そこでうまく行けばいいのですが、そうでなかったとしたら、もう少し心の整理・・・それも、少し深いレベルでのお掃除が必要なのかもしれません。

その際はカウンセリングなども試してみてください。
意外な発見があるかもしれませんしね。

参考になりましたら、幸いです。
ありがとうございました!

=今日の一言《心に響くアファメーション》=

「私は心がとろけるような、熱くて深い恋をします!」

※30回以上、声に出して言ってみてください。

男と女の心理学

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事