(本のご感想)それを知らなければ、この気持ちを受け入れて前に進むことは至難の業のように思います。普通はもう諦めたくなるでしょうね。



つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法

ありがとうございます~!!
ネタバレ多数ですが、いいですね~!いいですね~!うれしい感想です!!

根本さんの著書は既刊本で5冊ほど購入し、読ませて頂きました。
それぞれにその時々で深い気づきにつながったり、「あ、こんな考え方があったんだ」とか、「やっぱり私はこれでいいんだ」という安心感につながったりして、たくさん救われてきました。
今も私の心強いお守りとして本棚に鎮座しています。

そして今回のライフワーク本、根本さんが執筆されている報告をブログで見るたびにワクワクしていたのですが、読ませて頂いた感想としては今までで一番大好きな本です!!今の私に一番合っているのだと思います。

私はアラフォー独身、両親とともに実家住まい、子供の頃からの憧れの職業についたものの、それが軌道にのらず、それを支えるための仕事を続けながら、去年野良猫問題が爆発して根本さんのブログに流れ着いた次第です。

当初、決別した野良猫のことで頭がいっぱいで、身動きできない瀕死の状態だったのですが、根本さんの御恨み帳や感謝のワークに参加したり、著書やブログを読んだりするなかで、自分自身と向き合うことをし始め、自分を世界で一番大切な人として扱うようになってから、色んなことが変わり始めました。

自分が喜ぶこと心地良いことをたくさんしてあげる中で心が回復してきたように思います。
そうすると、本当は私を大切に扱ってくれる素敵な男性と結婚したい!!という願望があることに気づき、それを認められるようになりました。
(もうずっと結婚願望はないと思っていたのですが)
ですけど、婚活パーティーなどに出てみるも、何かしっくりこず…。
その時、根本さんがよく言われている“ライフワークに向き合う”のが今の自分に一番合っているのではないか?と思うようになりました。
「私が本当にしたいことは何?私はどうしたいの?」と自分に問いかけるたび、やっぱり上手くいかず挫折し、諦めかけている仕事のことしか思い浮かばないのです。
苦しくて、上手くいかなくて、やっぱり自分には向いていなかったのかもしれないと思っていましたが、新刊のプロローグに出てきた、デザイナーのCさんのエピソードを読んでとても励まされました。
私はとにかく仕事をもらわないと!と必死になっていたので、自分のやりたくない企画や苦手な案件でも全部受けていましたし、

“こんな実績も何もないダメな私なんだから”と自分を低く粗末に扱っていたので、その仕事を続ける度に心も体もボロボロになっていきました。
だけど今はやり方が間違っていたのだなって思っています。
自分に合わない仕事は断って、自分がワクワクする心からやりたい企画にだけ取り組んでみようと思います。
もっともっと自分の感情に素直になって「私はやりたいことだけをやって生きていく。そうしていいんだ」って自分に言ってあげます。
また新刊のワークもとても楽しく取り組めました。
実は今まではこういったワーク、“なるほどなぁ”と思いつつ、頭の中で簡単に考えてみたりはしていたものの、ちゃんと紙に書いたりしながら取り組むことは少なかったです。
楽しかったから全部やれたのかな?って思います。

とくに個人的に良かったのは、『1日目・自分に許可をだす』のワーク、《自分らしい生き方を見つけるためのワーク》です。
《やりたいこと、好きなこと、心地よいこと、楽しいこと》を書き出すのは、本当に胸が躍るようにワクワクが溢れてきて、楽しくって、書いてるだけで気分が良くなりました。
そして大事だなって思ったのは《やりたくないこと、好きじゃないこと、不快なこと、楽しくないこと》を書き出すことです。

もともと“いい人”をやって生きてきた時間が長い分、知らず知らずのうちに他人のことを優先し過ぎていたりする時に、
“あれ?今私がやってることって、この前ワークで書き出した「やりたくないこと」じゃん!!「不快なこと」じゃん!!こんなことしなくていいんだ、
気にする必要なんてないんだ”って、自分に立ち返りやすくなりました。

やっぱり改めて書き出すことの大切さを感じました。もちろん、本の枠では足りないので、A4用紙いっぱいに書き出しました(笑)
それから『4日目・ライフワークを描く』と『5日目・心理的ブロックを取り除く』がやはり個人的に一番肝でした。
私は自分は「目標達成型」だと思って今まで生きてきたのですが、根本さんに出会って以来、もしかしたら「天命追求型」なのかなって思いました。
器用なところがあるので、目標達成型でもある程度のとこまでやってこれたけど、苦しくなってきたので、これからは天命追求型として生きてみようかと思いました。
またライフワークを描くのは本当に楽しくワクワクが溢れたのですが、一番驚いたのはその後、夜眠る前になって、得体のしれない居ても立っても居られないような不安感に襲われて、怖くて仕方なくなったことです。

その時に、次章の『5日目・心理的ブロックを取り除く』まで読んでいたので良かったです。
これは私の心が思い描いたライフワークを現実のものとして捉えている証拠なんだなって思って、思いっ切って口に出して「怖い、怖い、怖い、誰か助けて助けて助けて」って枕を抱きしめながら言ってみました。そしたら不思議と心がホッとした感じがしたので、「やっぱり怖いよね、怖くてもいいよ」って、自分が安心するまで言ってあげました。

私は憧れの仕事を目指して苦労した挙句、仕事についてからも心と身体をボロボロにしてきたので、そこにもう一度チャレンジするのはやっぱり怖くなっても仕方ないですよね。
それに今までも自分に向き合うことをはじめて数か月経つ頃に両腕と両ひざ下に発疹ができて、痒くてたまらなくなって病院に行き、発疹が蕁麻疹にかわって一ケ月続いたりとか、アファメーションをはじめたら不安でどうしようもない気持ちが湧きおこるとか、自分が変化成長する時に、そういうことが起きていたし、根本さんのブログの中でもそういうことがあることを書かれていて、それも順調な証拠なんだと思えました。

ただ、それを知らなければ、この気持ちを受け入れて前に進むことは至難の業のように思います。普通はもう諦めたくなるでしょうね。
また、お金の心配や嫉妬への怖れというのは、自分の中にあるブロックだと感じました。そうした怖れと向き合うためのヒントが書いてあることも、ライフワークを生きようとする自分への手助けになりました。

これからもこの『5日目・心理的ブロックを取り除く』を読み、不安や怖れを感じる自分を全部認めてあげて、そうしてライフワークに向かう自分でありたいです。やはり、自分にとって肝になる章です。
もっともっと書きたいことたくさんあるのですが、キリがないのでまとめますが、この本は本当に今、私にとって出会えて良かった一冊です。
頭で考えて計算したり、失敗を恐れてやめたり、嫌なことでもやるしかないって自分に鞭打って無理やりやる方法は今まで散々やり尽くしました。そして上手くいきませんでした。
だから私は、今までやったことのない、この本に書かれたやり方でライフワークを生きる私になろうと思います。私にはやっぱりそれが合っていると思います。
そうしたら、どんな結果になったとしても私は、人生の終わりに笑って「いい人生だったな~!楽しかった!!」って言える確信があります。
根本さん、素敵なライフワーク本、ありがとうございました。とりあえず、ライフワークをすでに生きてる前提で日々生きようと思ってます!

長くなりましたが、根本さん新刊感想です。もしご利用の際は好きなように編集して下さい。
お会いできるの楽しみにしていますね!ありがとうございました。
(MSさん)


あなたにオススメ