イタリア人(?)的テンションに触れる日々


昨日、早めに寝たお陰で朝はいつもよりかなり早く目が覚めて、いい感じで一日がスタート。
外も明るくて晴れていて気持ちよかったですね。。
いつもこういうのだといいんだけどなあ・・・。

今日は半休というか、夕方からはオフなので、家族とゆっくり過ごす。
奥さんはリトミック帰りでとても疲れていて、僕も何となくだるーくなっていたのですが、子どもはその分全開でほんと参りました。


なんで、こんなに元気なの?と思うくらい歌を歌い、笑い、しゃべっていて、そのテンションに付いていこうとすると、まず母親が脱落し、父親も程なく音を上げます。
こんなんじゃあかん、体力つけなければ・・・などと思うのですが、それにしてもアクティブすぎるんですよね。
他のお母さんの話を聞いて、羨ましくなることがほんとうに多いです。

ほんとラテン系というか、イタリアーノというか、将来はあちら方面に留学でもしちゃうんじゃないかな?で、「おぉー、懐かしい。水が合うわ」とか言って居付いてしまうじゃないか?とか妄想が膨らんでしまうんですよね。

しかし、こんな子どもも内弁慶の外地蔵で、友達と一緒にいても全然騒がず、じーっとしています。
むしろ、かなり引き気味で、これは親の性格を見事に反映しているんじゃないだろうか???と妻と戦々恐々様子を見守ってます。

・・・でもまあ、それならそれで良いけれど・・・と思う親なのですが。
好きにしてくれたら良いかな、と、ただそれだけです。

夜は久しぶりにイタリアンをデリバリー。
僕は食べたいものが多すぎて優柔不断なので、今日もメニューを見ながら悩んでいたのですが、横から奥さんが
「また決められないんでしょう?私が直感で選んであげるから迷ってるの言ってみて」
というので、ざっと6個くらい挙げてみると(ほんとうはもう少しあったのだが)、
「そんなにたくさんあるの?無理無理。覚えきれない」
とさじを投げられました。
そう、パスタ、リゾット、ピザ、ドリアなど様々な角度から迷っていたんです。
で、最後は覚えにくい名前の、アンチョビやオリーブが入っているパスタにしました。

そして、オーダーの電話をしてみると、1年に1回くらいしか頼まないのに、ちゃんと家のデータとか残っていて、
「いつもありがとうございます」
とか言われてしまうと、なぜだかホッとする反面、妙に何か申し訳なくて、もっと頼まないと悪いなあ、と思ってしまうんですね。

ただ、それくらいの使用頻度だと、使うたびにメニューが変わっていて、
「すいません。それは半年前に終わってしまっていて・・・」
とか良く断られるんです。
で、いつも新しいメニューを持ってきていただくんですが、そのメニューを次に使うときには、またいくつか変わっていて、この季節のメニューはきっと食べられないのです。

日々のミニコラム


関連記事