(受付終了)7/8,9 沖縄リトリートセミナーを那覇にて開催!!


【お知らせ】いよいよ、今週末ですね。お申し込みの受付を終了させていただきました。しまったー!間に合わなかった!けど行きたい!!という方はメールを送ってくださいませ。(7/3)


前夜祭、懇親会、後夜祭。要するに毎日飲み会なのですが、どんなお店で開催するのか!オーガナイザーの地元民もっくんが記事を書いてくれました!
7/7(金)かずさん亭
http://ameblo.jp/okinawa-retreat/entry-12284571993.html

7/8(土)DOCG おきなわダイニング
http://ameblo.jp/okinawa-retreat/entry-12284551413.html

7/9(日) かんから・カン
http://ameblo.jp/okinawa-retreat/entry-12284561756.html


オプショナルツアーの詳細が決まりました!!
7/7(金)12:00-17:00 沖縄 今昔物語
http://ameblo.jp/okinawa-retreat/entry-12284054319.html

7/10(月)8:30-15:00 根本夫妻と共に、聖なる海でゆっくりと
http://ameblo.jp/okinawa-retreat/entry-12284059613.html


いよいよ、あと1か月ですね~!航空券もそろそろ高くなる時期になりますよ~!


7/8(土)のゲストルーム(洋室・和室)がいっぱいになりました。ドミトリー(相部屋・2段ベッド)はまだいけます。もちろん、ご自身でホテルを確保される場合は関係ございません。(5/12)



今年で3回目を迎える沖縄リトリートセミナー。
今回は過去最大の規模(=セミナールームの広さ)にて開催の運びとなりました。

お申し込みはこちらから!!

元々私の夢だった沖縄でのセミナー。それが現実のものとなり、喜ぶ暇もなく、もっといいものが作りたい!と思って開催した昨年。
そして、見えてきたのは「なぜ、沖縄で、セミナーをしたいのか?」という私の本音でした。

私自身は10年以上前に沖縄の魅力に憑りつかれました。
わずか4泊5日の沖縄の旅だったのに、大阪に戻った後、ものすごく癒されていることに気付いたのです。
なんでなんだ???そう思って、活動の範囲を広げていった結果、今では毎年当たり前のように沖縄に通うことになりました。

そして、今、ひそかに家を探しています。
移住するかどうかは別として、拠点の一つにしたいな、と思い、海の見える、少々にぎやかにしても許される環境に出会おうとしています。

で、どうしてなのか?と思ったとき、やはり人なんです。
そもそも私が旅好きなのは会いたい人がいるからです。
それは友人からバーのマスターから料理人からセラピストまで様々ですが、その人に会うために篠突く雨の中、長距離バスに揺られてでも出かけて行くんです。

そして、沖縄で開催するリトリートセミナーでは、皆さんにウチナンチュ(沖縄の人)と接してみて、ああ、こういう生き方もあるのかあ、ということを肌で感じたら、日常に戻ったときに世界が少し変わるかもなあ・・・と思っているんです。


先日、象徴的なエピソードがあったので紹介させてください。

今年の1月、沖縄に飲みに、あ、いや、カウンセリングやセミナーをしに訪れました。
その時、今回の沖縄リトリートセミナーでもコーディネートをしてくれる「もっくん」が「根本さんに紹介したい方もいるので飲み会しませんか?」と誘ってくれ、ウチナンチュの中にヤマトンチュ(内地の人)が一人、という飲み会が実現したんです。

さて、飲み会は7時からです。
私ともっくんはその店の前にどうしても行かなければならない(!?)栄町の餃子屋(これが絶品。毎回必須です)があったのでまずはそこに向かいました。
そして、滴り落ちる雨を避けながら(!)コスパ抜群の各種餃子を頬張ったのち、そのお店に向かいました。
ちなみにそのお店は今回のリトリートセミナーの前夜祭でお邪魔する「かずさん亭」です。

私たちは餃子屋に寄っていたこともあり、約束の7時過ぎに到着しました。
はい。その時点で集まっていたメンバーは0人でした(笑)

店の人も我々もなんの疑問も抱かず案内された座敷に座りました。

ちなみにこのかずさん亭の若旦那は元々東京・代官山のフレンチの店で修業したそうです。
でも、なぜか最近は包丁よりも絵筆を握る時間の方が長いように見受けられるのは気のせいでしょうか。

ちなみに6人席でした。

さて、さっさとオリオンビールで喉を潤していると、もっくんが紹介したいと言ってくれていた女性の一人が10分遅れて到着。
さらに、その10分後、「飲み会があることをお知らせしていたけれど、参加するかどうかの返信が一切なかった女子1名」が到着。
連絡しなかったことを詫びるどころか気にする素振りも一切見せずに「こんばんは~!久しぶり~」と笑顔連発。

そして、さらに遅れること10分。もっくん曰く「夫婦それぞれにお誘いのメールを送ったけど、奥さんからしか返事がなく、旦那さんの参加が未定」という状態だった夫婦が仲良く2人で登場。
この時点で30分以上遅刻してるわけですが、彼らには罪悪感の欠片もなく、むしろ「会えてうれしいでしょ?私も嬉しい」的なノリで合流。
この時点で7人なわけで、座布団を追加して詰め詰めの席。

で、もう一方、根本さんに紹介したいともっくんが呼んでくれた方は現れず、「もしかしたら来ないかもしれないねえ~」と皆さん気楽な様子。

結果的にその方は約1時間遅れで登場となりました。

7時からの席の予約に全員集まったのが8時。
6人で予約していた席に8人集合。

もし、これが東京だったらどうでしょう?
しかも、かなりの人気店ですよ。いつも満席です。
皆さんなら7時開始の友人主催の飲み会、何時に会場に行きますか?
もし、1時間も遅れそうなら連絡とかしません?
お店の方もイライラしたり、ホントに来るんですか?って問い合わせて来たりしません?

実は私、このできごと、沖縄ではふつうのことだと思い込んでいたのですが、その異常さに気付いたのは帰国してから、あ、いや、大阪に戻って来てからでした(笑)

ここで大事なのは、参加者も、お店の人も、誰一人としてこの状況に「怒り」とか「不満」とかを漏らしていなかったことです。

この「ゆるさ」「自由さ」「マイペースさ」、悪く言えば「自分中心的思考」・・・これをぜひ皆さんに体験していただきたいな、と思うのです。

ちなみにこちらがその時の写真と色紙です。(1名はすでに帰宅されてました。たぶん(笑))
色紙はフランス料理が作れるはずなのになぜか絵筆ばかり握っている若旦那による作品です。

沖縄に居ると、「ちゃんとしなきゃ」というブロックが自然と外れて行きます。
あ、いや、強引に外されます。そうじゃないと生きていけません(笑)

そんな人々がふつうに生息する沖縄。

私が沖縄にハマったもう一つの理由は、やはり空気です。
本当に「緩む」感覚。

ああ、自由なんだな。
好きにしていいんだな。
こんなきれいな空とクソ暑い夏の日差しの下にいたら何かを頑張るなんて気持ちにはなりません。

そんな場所で一緒に過ごしませんか?
遠い沖縄の地からふだんの日常を眺めたら、一皮むけちゃうかもしれませんね。

まあ、ゆっくり行こうぜ。
マイペースで行こうぜ。

勝手に、そんな気持ちにさせられます。

リトリートセミナーもそんな空気の中、進行していきます。
だから、きちんとしたい方はセミナー中、ちょっとイライラしちゃうところもあるかもしれません。

私もふだんのセミナーとはまた違う雰囲気だそうです。
ま、服もアロハみたいなのですし、思考がほとんど停止してるのでセミナーの進行もかなり緩やかです。

私だけでなく、皆さんを支えるスタッフたちもそんな感じですね。

マイペース過ぎるスタッフもいれば、
いきなりコーヒーを淹れ始めるスタッフもいます。
彼はいつしか、自分の役割はおいしいコーヒーを提供することに決めたそうです。
カチャーシーを躍らせたらキレッキレの女史もいれば、その笑顔ですべての不満を封じ込めてしまう40代独身男子無職彼女なしのもっくんもいます。

そして、もしかすると今年は沖縄在住の方も参加してくれるかもしれません(^^)
毎年1、2名はいらっしゃいます。
私の知っている沖縄在住の方は内地からの移住者もいれば、離島出身の方もいます。もちろん、ずーっと那覇に住んでる人も。
そんな方々とお友達になっていただきたいなあ、とも思うんです。

本当はそういう空間に皆さんをご招待したいだけなのかもしれません。
これが私がリトリートセミナーを沖縄で開催する目的であり、理由なんです。

身一つでお越し下さい。
後はただ流れに任せて2日なり3日なり4日なりをお過ごしください。

日常に戻った時、あれ、なんか違う・・・という体験をしていただけると思います。

人生を変えたい方、
今、解決したい問題がある方、
自分を違う角度で見つめ直したい方、
今、人生の転換期を迎えている方、
非日常に自分を置いてみたい方、
沖縄の空気に触れてみたい方、
沖縄人の洗礼を受けてみたい方、
日常を脱出して新しい自分に出会いたい方。

そんな皆さんにお勧めです!!!

【沖縄リトリートセミナー概要】

日時:2017/7/8(土)13:00-18:00、7/9(日)10:00-15:00
 ※7/8(土)の12:00~13:00に受付を済ませてください。
 ※7/7(金)12:00~、または、7/10(月)10:00-15:00にて自由参加のオプショナルツアーも開催されます。

会場:沖縄国際ユースホステル・大研修室
住所:〒900-0026 沖縄県那覇市奥武山 51
交通:ゆいれーる壷川駅徒歩5分。那覇空港から4駅、8分。那覇空港からタクシーで10分。
アクセス:http://www.oiyh.org/facilities/access

【スケジュール】

7/7(金)
12:00-17:00 もっくん主催、沖縄ディープツアー(※1)
19:00-21:00 前夜祭(先ほど本文にも出てきた「かずさん亭」にて)(※2)

7/8(土)
12:00-13:00 受付
13:00-18:00 リトリートセミナー
19:00-21:00 懇親会(※3)

7/9(日)
10:00-15:00 リトリートセミナー ※ランチはお弁当(実費)の予定です。
17:00 後夜祭(※4)

7/10(月)
10:00-15:00 オプショナルツアー(※5)

【セミナー料金】

60,000円(税込み)
ただし、再受講の方は50,000円にて受講頂けます。

 ※2日間全日程ご参加できる方が対象です。
 ※20歳以上の方が受講できます。
 ※お申込み頂くと(自動返信メール)がお手元に届きます。そのメール内に振込先が記載されておりますので、1週間以内にお振込みください。
 ※振込確認後、申込確定となります。
 ※振込手数料はご負担下さい。
 ※領収書は振込票にて代理ください。
 ※病気治療中、療養中の方は主治医の許可を取ってください。(誓約書に一筆お願いしています)

お申し込みはこちらから!!

【交通と宿泊について】

●会場までの交通手段はご自身での手配をお願いしております。
当日沖縄入りされる方はなるべく11:00までに那覇空港に到着する便をお選びください。
また、7/9(日)に内地にお帰りになる方は17:00以降に那覇空港を出発する便をお勧めしています。
那覇空港から会場まではモノレールで8分+徒歩5分、タクシーで10分です。

なお、7/10のオプショナルツアーにご参加の方も17:00以降の便をご予約下さい。(15:00那覇空港解散予定)

●会場である沖縄国際ユースホステルにも宿泊できます。ただし、ベッド数に限りがありますので早めにお申し込みください。
7/7(金)ドミトリー(2段ベッド6人部屋)
7/8(土)ドミトリー(2段ベッド6人部屋)もしくはゲストルーム(洋室2名、和室3~4名)
7/9(日)ドミトリー(2段ベッド6人部屋)もしくはゲストルーム(洋室2名、和室3~4名)
料金はドミトリーが4,104円、ゲストルームが4,860円です。朝食は864円です。

宿泊費は受付時に現金にてお預かりいたします。

●各自で宿を予約して頂いてももちろんOKです。
ゆいれーる坪川駅からは「旭橋」「県庁前」「見栄橋」「牧志」などの駅が近く、那覇市内にある多数のビジネスホテル、シティホテル、ゲストハウスからも近い立地となっています。

【オプショナルイベント】

毎回リトリートセミナーでは参加自由のオプショナルイベントを開催しています。

※1 もっくん主催、沖縄ディープツアー
7/7(金)12:00-17:00頃。集合は12:00那覇空港。
生粋の沖縄人であり、今セミナーのコーディネータでもあるもっくんが沖縄のディープスポットにご案内します。
地元の人じゃないとなかなか行かない場所や、観光地だけど見落としがちなスポットにご案内いたします。
ご予算)4,000円。確定次第、個別にご連絡申し上げます。

詳細な内容はこちらのページをご覧ください!!
http://ameblo.jp/okinawa-retreat/entry-12284054319.html

※2 前夜祭
7/7(金)19:00-21:00 かずさん亭。
根本が沖縄に行くたびに通っている沖縄人が集う居酒屋にて前夜祭を敢行します。
本文中にもありますが、美味しい料理に沖縄らしいホスピタリティをぜひ味わって沖縄を感じて見てください。
高校野球好きの方はぜひトイレに入ってみてください(笑)
ご予算)3,500円。当日現地にて割勘精算。

※3 懇親会
7/8(土)19:00-21:00 DOCG。
おそらく、一番参加者が多い飲み会がコレ。セミナーで出会ったご縁を育む場になります。
沖縄らしさを味わえるお店をチョイスする予定です。
ご予算)4,000円。当日現地にて割勘精算。

※4 後夜祭
7/9(日)17:00-20:00 かんからかん
別れを惜しみながら、また、出会った仲間と親交を深めながら沖縄の夜を楽しんでください。
毎回、名残惜しくて涙する人たち、ハグする人たちが続出する感動的な飲み会になります。
ご予算)3,500円。当日現地にて割勘精算。(途中で帰る方は2,000円)

※5 オプショナルツアー
7/10(月)8:30-15:00 根本夫妻と共に、聖なる海でゆっくりと~
今回はゆっくりと夏の沖縄を楽しめる企画を練っています。
ふつうに旅行しただけでは絶対に味わえない、沖縄らしい、特別な時間をお約束します。
ぜひ、ご期待ください。
ご予算)7,000円。初日の受付にて精算します。

詳しい内容はこちらのブログをご覧ください。
http://ameblo.jp/okinawa-retreat/entry-12284059613.html

お申し込みはこちらから!!

【参加者の皆さんの声】

昨年の沖縄リトリートセミナーのご感想です!!

沖縄リトリートに初参加しました。
東京のセミナー以上に根本さんの雰囲気は緩くて、しゃべりはゆっくりだし、ブログみたいに説明してくれる感じじゃないし、無言の時間は多いし一見中身は充実してない感じ(せっかちな僕には特にそんな風に感じられた)
でも実はその無言の時間にこそ意味があった、ポロッと発した一言がすごいヒントだったりする。あえて僕たちに考えさせる時間、自分と向き合う時間を作ってくれたし、そのために必要なヒントはいたるところにちりばめられてた。
ホントにスゴイ2日間でした。

いつも根本さんのブログを見てて、ここまで書いちゃって平気なのかなって勝手に心配しちゃう時があるんだけど、根本さんに会うとそんな心配いらないなって毎回思う。
目の前の根本さんはブログとは違うパワーがあるし、たぶん何万倍も伝わるものがあると思うから。
根本さんの凄さを改めて感じた2日間でもあったし、一杯パワーを貰いました。

帰ってきて、改めて根本さんのブログの「沖縄リトリートでなにが体験できるの?」の記事を読んで宣伝に偽りなしだな~、すごいなーと思いました。

今回さしたる差し迫った、あるいは大きな悩みや問題はなく参加したけど、終わってみたらまだまだ蓋をして見てなかった自分を発見したし、「こんな自分らしい自分で良いんだ」と本当に思うことが出来た。
参加する前と帰ってきてからでは日常の景色がまるで違うのにびっくりしてます。

本当に最高の2日間でした。
勇気を出して参加してよかったです。
ありがとうございました。
(野村さん)

初めての参加でした。緊張してはじめは瞑想もうまくできませんでした。が、ゆる~い雰囲気の中、少しずつ自分がみんなと一体感に包まれていくのが不思議でした。自己嫌悪だらけの自分が癒されていくのは、本当に信じられなかったです笑。不思議なことは続きまして‥‥隣の席の人と『同じ車の同じ色』に乗っている事がわかり二人で笑顔になりました。また帰りの飛行機の隣の席の人が『同じ町に住む高校の同級生』でした。あまりのステキな奇跡に来年も参加しようかな~と思う53才でした笑。
(鹿児島のU)

根本さん、理加さん。沖縄リトリート、最高の時間をありがとうございました。

参加前はあれこれ理屈っぽくなり、参加理由でさえ、頭で捏造し、組み立てて、自らを苦しめる思考で構築していました。
いざ始まってみると、参加者の方たちの考えが自分と重なる部分があり、気持ちを代弁してくれることで、いまの自分はこうなんだ!と気付けました。

2日間は、自然に笑って泣いて泡盛飲んで、学んで気付いて泡盛飲んで、これが癒されてるってことなんだ!と体感しました。笑
時間が経つにつれて、皆さんと過ごすことが当たり前になり、無理せず、自然に身を委ねられました。

やっぱり私は根本さんが作り出すあの一体感が大好きで、それまでの過程にドキドキ、ワクワクするのです。

根本さんからの言葉数少ないシンプルな質問。
その相手の答えから導かれた意表をつく見解。
はっ!!!っと驚き、その見事な流れにしびれるのです!!

好きなことに対して、大好き!!と素直に言える図々しさ?は沖縄のおかげだけと思います。

帰りの飛行機は寂しさもありましたが、満たされた気持ちでいっぱい。皆さんの笑顔がとても印象に残っています。
最後に、当日を含め事前の準備や打ち合わせをしてくださった、スタッフの方、参加者の方全員に感謝です。
ありがとうございました!

***

金曜日のオプショナルツアー、とっても素敵なプランでした!
沖縄を満喫して欲しい!というもっくんの気持ちと優しさが、めいっぱい伝わってきて、
幸せな気持ちを持って、セミナーに参加出来ました。前夜祭の盛り上がりましたね。笑

セミナー会場が駅チカで、セミナーまでの自由時間を各自で過ごせたのも、有り難かったです!おかげさまで、充実した3日間を過ごす事が出来ました^ ^
(Kさん)

根本さん、りかさん、隆盛さん、もっくん、まさきさん、やこさん、ふみのちゃん、こんにちは~。
沖縄リトリートセミナー本当にありがとうございました。

沖縄の空気、海、食べ物、オリオンビールに泡盛、みんなで踊ったこと。最高の思い出になりました。オプショナルツアーも凄く快適で楽しくって最高でした(*^^*)はぁ~、楽しかっなぁ~。溜息でちゃいます。

今回のリトリートセミナーは、とっても感覚的で言葉にするのが難しいのです。
二日目にあんなに泣くと思わなかったです。それまでは、あんなにユルユルしてたのに~!
私、こんなに自己嫌悪があったんだとビックリしました。最後の大人の女性になるセッションも自分そのものでした。すごく癒されました~。

あんなに「沖縄には呼ばれてない」って言ってたのにね(笑)、なのに、あの場所にいた理由がわかりました。私、自分のこと、もっと癒して、もっと大切にして!もっと好きになって!!って心の奥底で叫んでたんですね。

1日目の瞑想やペアワークから感じてたのだけど、沖縄から帰ってからずっと「私、幸せになっていいんだ~」ってじわじわ込み上げてきます。この感情、嬉しくもあり、驚きでもあります。

リトリートセミナーの素晴らしいところって、あの場所にいる一人一人が、お互いを心から認め合える、もの凄く心地いい優しい空間を作りあげていく事だと思います。この2日間も、幸せで、心が暖かかくて希望に満ちていました。

伊豆のリトリートで伊豆の仲間に心を救ってもらった事、それがなければ沖縄にはいなかったと思うし、失恋をしなければ根本さんと出会うこともなかった。

こんなに幸せな時間を体験できるなんて、今まで起きた全ての事に感謝ですよね。

沖縄から帰ってきて、自分で言うのも何ですが、「私はスケールの大きい女性だから、スケールの大きい男性がふさわしい」って思うんですよね。そんな男性に出会えますよね?!だって私、もっともっと幸せになっていいだもん♪

この気持ち、自分の人生にどう表現していこうかな~。ワクワクします☆

本当にみんなの事が恋しい~!
出会ってくれてありがとう!幸せな時間をありがとう!また、会う日まで♪

根本さんにはずっとお世話になると思いまーす!やっぱり、根本さんの作り出す場所が大好きだなと実感しました。これからも宜しくお願いします(*^^*)
(Uさん)

沖縄から戻って、女に生まれてきたことが悲しいんだ………………っと
こんなに大きくて重いものを持っていたようです。
何か根底にあるものに火がついたのでしょうか?
何かの機会に取り上げて頂ければと思います。失礼いたします。
(HKさん)

沖縄のセミナーでは、久々に根本さんの声を直接きけて、セッションをみられて、楽しく自分のこころを再確認できたし、沖縄の景色からもこころをほぐされ、参加されてる方やスタッフさんとのお話でも緩み、理加さんの瞑想にも癒され、オプショナルツアーでいった素敵な場所でエネルギー酔っ払いを体験し。
ほんとうにたのしく、気づいたら「あははは」って笑ってました。あっという間で、深く楽しみました。

根本さんに直接お会いした8年前(ブログでは10年前?)。
わたしはいろいろなことに「怒って」おり、女性であることを否定していました。
きっと、「「自立系武闘派女子」というよりは、「自立系武闘派おっさん化女子」だったのだと思います。いまは、「大人の女性」っぽく見えるようになったようで…。
ようやく、武装解除して、わたし自身を生きていく準備が整ったのだなと思います。
まだ、時々、武装するときもありますが、女性であることに納得出来た感じでしょうか。
その自分の気持ちを確認できて、嬉しかったです。

また、衝撃的だったのは、八方美人であるという自覚を持っているということは、「愛されるにふさわしい。自分は愛される存在である」という確信を持っていることと同じ意味だと聞けたこと。
「確信」もって愛されてもいいのだな、と思ったら、楽しくなりました。

なにかに裏切られたと勝手に思って、怒りが渦巻いて自分への攻撃も世界を呪うのにも大忙しだった頃も今はむかし。
こころを解きほぐしていく実例を、他の方のセッションやブログや。いろんな媒体で見せていただけて。
疑り深いわたしも、やっと、「世界を愛するって楽しいな、嬉しいな」と納得できつつあります。
「自分もおおっぴらに世界を愛せるといいな」と思っていた8年前の想いが、ようやく「自分もできる!愛せる!」に変わっていたことを確認できてうれしかったです。

セミナーの感想というより、楽しかった。という遠足の感想みたいな文章ですが、あの場に集まっていたみなさんとの空間がとても心地よかったです。
皆さんと会えて、とても楽しかったです。また、根本さんのセッションを見られるのも楽しみにしてます。オフ会も楽しみにしてますね。
次の機会も、参加したいと思いました。その折は、よろしくお願いします。
(よぅちゃん)


沖縄から帰ってきて2週間程経って、そのときの自分を見つめてみると、とても素で、緩んでいて、満たされているなぁと感じます。笑顔も涙も気を遣わず出せる時間や空間って、日常ではなかなかない(自立系だから?!)けど、リトリートはなぜか何でもOKだせてしまいます。普段、自分に厳しくがんじがらめにしていることにもあらためて気づきました。
参加しなければ一生出会うことがなかったかもしれない人と出会い、大切な友人となり、日常に戻ってからもその友人とああでもないこうでもないと言い合えるのがとても嬉しく、ありがたいなぁと感じています。

根本さんご家族をはじめセミナーを支えてくださったスタッフのみなさん、参加者のみなさんのおかげで、まったりとゆるゆるしたすてきな時間になりました。本当にありがとうございました!!
ディープなオプショナルツアーにも参加でき、初の沖縄も満喫できました。
もっくんが、ごみを拾いながら歩く姿に、自然や沖縄を愛してることが伝わってきて温かい気持ちになれました。
沖縄、また行きたいです!!ありがとうございました^^
(SSさん)

最後に去年は参加者として、今年はスタッフとして参加してくださったふぅちゃんより。
膝の上に乗せてくれたり、手をつないで歩いたり、うちの息子がたいへんお世話になりましたっ!!!(怒)


根本さんのリトリートセミナー
今回は沖縄組のスタッフとして参加しました。

あれから日がたち、日常に戻りましたが、みなさんいかがお過ごしですか?

今回のリトリートセミナーでは、私自身もスタッフで参加しながら、癒されました。
いつも不意討ちにくるメッセージが急に涙を誘発して動揺します(笑)

この涙の動揺は、ずっと抑圧してきた心のメッセージだったのかなぁって思います。
一人ではたどり着けない癒しの作業がリトリートセミナーを通して行われてるんですね。
日常に戻ってもなんだかあの時間が恋しく感じますが、大地に2本足で立ってる感覚がしっかりあります。
非日常の空間に身をおくことで、日常で強くなれる。
バランスがとれる。
一人で強くなろうとしなくてもいいんだって、優しい気持ちです。
自分への優しい思いが、人へ優しさを手渡せる余裕になるんですよね。

きっと今回のリトリートセミナーには、来たくてもいろんな理由で来れなかった方が多かったと思います。
来れないのもきっと意味がある。
でも根本さんのリトリートセミナーは来年も沖縄でありますよ。
勇気とタイミングが重なったとき、お逢いできそうですね。
沖縄でお逢いできるの楽しみにしています。

そして、リトリートセミナーの2日間、始まりと終わりではみなさんの表情が違って素に戻っている姿が嬉しくて……
素に戻ったみなさんがとてもイキイキして、美しくて……
みなさんの事が大好きになりました。

めっちゃ恋しいです。

なんで、あんなに心地いい時間を共に過ごせたのに……
帰っちゃうの(._.)?
リトリートで削がれて素に戻ったから
誰も無理せず、誰も強制せず、
ただ尊重しあえる空間。
自分ができることを当たり前にする。
自然体でいることが自然。
みなさんとコミュニティで生活できたら、どんなに平和な空間で幸せなんだろう……と空想でいっぱいです。

チリチリ肌を焼く日差しと
スコール
濡れた地面から、むわっとくる空気
それでも晴れたら青い空
美味しいのかよく分からないけど、来たから食べる沖縄そば……

沖縄恋しくないですか?
(笑)

いつでも沖縄に遊びに来てください。
沖縄組はいつでも待ってます。

連絡くれれば、沖縄組と飲みとか……
タイミングあえば、私達の好きな場所を案内だってできますよ。
うちなんちゅと誰もいない海でのんびりしてみませんか?
海で見上げる夜空も素敵ですよ。
もっくんツアーで、穴場もいっぱい紹介しますね。

日常に戻って、もしリトリートの充電が切れたら遊びに来てください。
リトリートのような癒しが手渡せるか分からないけど、あのときの感覚を一緒に探せるかもしれません。
そして、また来年も再会しましょうね。

(ふぅちゃん)

感想
コーヒー、撮影、引率などなどをさせて頂いたMです。
このお話が無ければ、いち参加者として、もしかしたらモルモットになっていたか
もしれません(笑)。
さて、僕は、文化財保護の現職がきっかけでうつ病を再発し、2年ほど休職し、そ
ろそろリハビリ出勤からの復職か、といった状況です(これまでのカウンセリング
等で根は深いのを知りますが)。
文化財なんて見るのも聞くのも嫌ーー!!そこに行くなどもってのほかーー
ー!!!だった2月頃。
色々あって、次のステージに行くにはとりあえず復職するしか道がないと気づかさ
れ(選択肢がないということではなく)、ほんと嫌だけどまぁ戻ってもいいかな
ぁ…と思い始めた3~5月。
リトリートに集まる方々となら文化財にも触れられやすいかもと思いオプショナル
ツアーの参加を検討し、いやいややっぱり、根本さんの個人面談カウンセリングが
いいかなぁと思ったら空きがなくなっていて、むしろ運転手のお話を頂き、…流れ
かな…と半ば覚悟と諦めをもったリトリート直前。
そうして迎えた今回でしたが、結論から言うととても楽しかったです。
半分地獄めぐり的ツアーの気分でしたが、皆さんと行くことで、こういうとろこに
関心があるのか、そんなこと感じたり考えているのかとか、単純に楽しそうだった
のを見聞きする機会となりました。
これまでの僕は、仕事だから文化財だからと、とかく囚われ過ぎていたのかもしれ
ません。皆さんのおかげで見たり聞いたり行ったり、そこで笑ったり出来ました。
まだまだまだまだ嫌だけど(笑)、根本さんの言葉を借りると、この経験のおかげ
で現職に対する「ハードルがグッと下がり」ました。
さてコーヒーですが(笑)、これは趣味で楽しんでいる程度です。
たままたプライベートで来ていたMちゃんに飲んでもらったら、僕の分まで美味し
いと飲んでくれて(笑)。その嬉しい経緯があったから、せっかくだからと今回申
し出てみました。
しかし一度に大勢に出すのは初めて。どの豆を、どのくらいの量で、セミナーの邪
魔にならないようどうな風に出そうかとあれやこれや考え、一方でコーヒーそのも
のは全然美味しくない日が続きました。これまた趣味でも囚われ過ぎていたのです
が、ギリギリ前日にやっとまとまりました。師匠に「お金を取れるくらい美味し
い。優しい味。自信を持ってね。師匠と呼んでいい。」とまで言ってもらいまし
た。
少し残念なのは、今の僕では、淹れている時は集中して気を張っていないと仕上が
りが崩れるので、その時話しかけてくれた方々とちゃんとおしゃべりできなかった
ことです。
仕事に向かう自分、コーヒーに向かう自分、人に向かう自分、それらは自己肯定感
と愛の受け取りやすさといったものとやっぱりつながるようです。やれやれ
(笑)。
コーヒーが美味しかったとしたら、師匠曰く、それは豆がいいからです。僕が淹れ
るからではありません(そりゃちょっとはあるけど)。
だから少し練習すれば、誰でもその美味しさは出せます。
つまりそもそも素材がいいから、余計な情報や知識や技術はいらない=ありのまま
でいい。
つまりそもそも皆さん素敵なんだから、余計なことをしなくてありのままでいい。
みたいな。
この感覚を持っているコーヒーなら、僕も含めて皆さんに通じる部分があると思っ
て。
そんな意味を持ったコーヒーを崩すことなく皆さんに提供することができ、そして
美味しいと飲んでもらえたことがまた嬉しかったです。
もちろん休職した頃より僕の状態はかなり良かったのですが、仕事や人生や自分自
身に自信を失っていた。そこへこの喜びを皆さんに頂けて感謝しています。
ね、とても3分では伝えきれないでしょう(笑)。
参加者ではなかったから皆さんからは距離があるかもしれませんが、勝手ながら戦
友として皆さんに本当に感謝です。
また会いたいです。
ありがとうございます。
追伸
「涼 アイスコーヒー始めてみました。」
(M.Cさん)

その他、リトリートセミナーのご感想はいっぱい頂いております。
こちらの検索結果を参照にしてくださいね(^^)

お申し込みはこちらから!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事