グループカウンセリングの感想~ブラックな自分を知ったら自分を好きになっていた~

MKさんから感想を頂きました~!
ありがとうございます(^^)
***
★参加目的★
母のコントロールからどうやって抜け出したら良いのだろう、と悩んでいた事がきっかけでした。
昨年、自身がアダルトチルドレンなのでは?と感じ、セミナーやセラピーを受けるようになりました。
そして、両親や兄を最優先に考えることから少しずつ離れ、今まで寄り添ってくれた夫と幸せに暮らすことを考えようと意識するようになりました。
ゆっちさんの講座に参加してからは特に、夫への感謝の気持ちが強くなりました。
しかし、私の変化を母が受け入れられないようで・・・。
あの手この手で、母のコントロール下に引き戻されていました。
私自身も、なかなか『良い子病』をやめられない・・・
38年、そうやって生きてきたので・・・
このままでも苦しい、やめるのも苦しい。
自分の心のコントロール法を知りたい、また他の参加者の方の家族との関わりを知る事でヒントを得られるかも、と思い参加を希望しました。

★参加してみた感想★
まさか、自分が兄に対して怒っているとは思っていませんでした。
帰宅後、兄に手紙を書いてみたのですが。
嫌になるくらいブラックでした(笑)
そして、驚くほどに子供でした(笑)
「いなくなっちゃえ!」「お母さんを返して!」と思ったり、「お兄ちゃんに甘えたい!」という謎の感情まで。
嫌なことがたくさんあったけれど、それでも兄のこと、好きなんですよね。
だから、世間に対しても怒ったり、恥ずかしいと思った自分のことも怒ったり。
「いじめられるから、兄のことは隠しなさい」と言った母を怒ってたり。色々怒っていました(笑)
これだけの感情を表に出さないで抱えて生きていたのか・・・結構頑張ったな私!って思えました。
これはこれでメンタル強いな!と(笑)
でも、本当の私は怒るのも面倒くさいし、かなりの甘えたい人間のなんです。
けど、
甘えるなんて私はそんな弱い人間じゃない!
私は弱い人のために闘わなくちゃ!と思っていたのです。
甘えたいのに甘えられない、闘いたくないのに闘っている、だから辛かったの・・・と認めることができました。
まだもう少し知らない自分が出てきそうなので手紙を続けたいと思っています。

★気付いたこと、今後に生かしたいこと、学んだこと★
良いことも悪いことも、自分のことはなかなか自分ではわかりにくい、とグループでカウンセリングを受ける事で改めて感じました。
わかりにくいけれど、何事もやはり自分次第。『自分』なんですね。

他の方のカウンセリングを聴いていると、様々なアドバイスがある中でも、自分の考えに近いものは受け取り易いけれど、そうでないものは否定しがちになってしまうなあと感じました。
もちろん、私もです。
第三者としては全てが有効に思えるのだけど、自分にフィットしたものをまずはピックアップしてしまう。
最初はそれで良いのかな、できることから、と思うけれど。現状でうまく行かず悩んでいるのなら違和感があるアイディアを受け取る勇気も必要なのかも、と思いました。
私も、「兄(障がい者)を否定するなんてあり得ない!」「兄のことを恨むなんて私はそんな人間じゃない!」とかなり拒絶してました。
でも、嫌々ながらもやってみたらブラックな自分に驚いたり、呆れたり。結構良い人だな!と思ったり。そして今は、自分のことが結構好きになっています。

自分を良く見せようと頑張っても自己肯定感はあがらなかった。ブラックな自分を知ったら好きになっている、なんて不思議すぎ。
ブラックな自分を知ることは怖かったけれど、知った先は割と穏やかな世界が広がっていました。

★グループカウンセリングについて★
個別カウンセリングだったら、「先生、なかなか私の心に響くこと言ってくれないわあ・・・」なんて受け身だったかも知れません。
グループだったからこそ、自分の番ではない時にもヒントを得ようと積極的になれました。
自分とは関係ないかな?と思うテーマでも、なるほど!そうか!と思うことが多かったです。
一歩引いて客観的になることで、かえって素直に受け取れるところがありました。
「私もやってみよう!」と気軽に受け取れるというか・・・。
しかし。
『良い子病』がついつい出てしまう私。
自分自身の全てを出してカウンセリングを受けたか、と考えると答えは「No」です。
誰かに聴いて欲しい、共感して欲しい、と思う一方で恥ずかしい、知られたくない、という思いもありました。
(みなさん良い方で秘密は守られると分かっていても・・・。)
客観的な視点を持てるので学びは多い。でも、受ける時の自分自身の状況による、と感じました。

★最後に★
色々な人生があって、みんなその人生を生きようとしていて。悩みを比較することはできないけれど。この表現が合っているのかわからないけれど、勇気をもらいました。

ダメなところに目がいってしまう、という話がありましたが。まったくその通りで、
「両親の仲が良かったら・・・」
「兄が健常だったら・・・」
と手に入らない部分、悪い部分をフォーカスして淋しさや孤独を感じていました。

でも、皆さんの話を聴いていると私はとっても世間知らずで。
世間知らずでいられるほど守られてきたんだと感じました。
ブラックな自分も認めて、幸せな自分も認めて。
両親も兄も今まで通りで構わない。
少しずつ、私から見える世界を変えていけたら良いなと思っています。

これからもセミナー・ワークショップに参加させて頂きたいと思っています。
特にリトリートセミナー!
日程等も含め、ご縁がある時に参加したいです。
これからも、根本先生のスケジュールはしっかりチェックさせていただきます(^^)/

長文・乱文失礼しました。
末筆ながらますますのご活躍をお祈り申し上げます。