3/12,13伊豆高原リトリートセミナー。参加理由(1)~職場でうまくいかず、彼もできなくて、家族ともぎくしゃくしていた私でした~


Tさんより。


リトリートセミナーに参加できるのがすごく嬉しいです。ありがとうございます。

私は去年の10月からねもとさんのセミナー参加させてもらってます。正直自分の問題がよくわかってないので日にちが合えば参加してる状態でした。あまり関係ないかな?と思ったトピックでも実は自己嫌悪してた。とか中身は男だった。とか気づくことたくさんあります。

何回か出たセミナーで気がついたことは色々な感情を知らない間に封印してました。悲しいとか嬉しいとか感じるのが鈍くなってました。言いたいことも言えずいつも我慢してる状態でした。だからいつも機嫌悪くて文句言ってました。
職場で仕事、人間関係うまくいかず、彼もできなくて、家族ともぎくしゃく。唯一友達には何でも話せて私を理解してくれる大切存在なのにあっちでけんかしてこっちでもけんかして…すごく孤独でした。

まさか私が原因でこの状態だったなんて気がつかず悲劇のヒロインでした。

最近すごく毎日楽しくて生きやすいです。元気です。家族とも前より話すようになって友達も変わったと言ってくれます。とは言えながーいこと勘違いしてたのでぐるっとは変わってないのでセミナー参加してみたいと思いました。

私は去年ホノルルマラソンに出ました。何の準備もしないでぶっつけ本番だったのでかなり辛かったです。でも私は知らな人たちだけど沢山の人のサポートでゴールすることができました。

ホノルルマラソンはボランティアで働いてる人が沢山いてその中に高校生もいます。ひねくれてる私は高校生に元気付けられてもハイタッチしてもらっても「どうせ大学行きたいからやってるんでしょ」と思ってました。
沿道に沢山の人から食べ物もらいました。ひねくれてる私は安全かな?とか思ってました。
一緒に行った何回も出てる友達のアドバイスで走るのは手ぶらがいい。って言われたのでジプロックにチョコとエナジーバーを沢山入れて腰にぶら下げてました。それを見た知らないおばちゃんに「あなたこんなにチョコレート持ってどうやって細い体キープしてるの?」と言われました。
いつもなら「なにー?」ってなるところなんですけど大爆笑でした。すごく元気でました。
知らないおじさんに話しかけられたり後ろからハグされたりしました。いつもなら「やだーっ」って思うところなんですけど愛を感じました。おじさんたって疲れてすごく辛いのに知らない私を元気づけてくれました。
やさしさ受け取るストライクゾーン広げずにはいられませんでした。
25キロ過ぎて体力の限界になってリタイアしようと思ってた時、親子三世代で参加してる人たちに会って一緒にゴールまで行こうと言ってくれてゴールまで連れてってくれました。
普段運動してない私はもうダメと思って「おいてってください」って何回も言ったのに一緒にゴールしよう。と言って見捨てませんでした。
この知らない人たちの出会いがなければ私はゴールすることができませんでした。

ゴールから私はタクシーに乗らないとホテルまで帰れない状態でした。タクシーに乗って帰ったら、先に着いてる友達がジャグジーに入れてくれてご飯も作ってくれました。

次の日の朝起きて私は昨日あった出来事、出会った人たちに感謝して涙がとまりませんでした。10年ぶり以上泣きました。大泣きしました。

私は実は色々な人から愛されて優しくされてたのに気がつかなかっただけでした。

といったことありました。私の人生がドラマティカリーに変わってます。ありがとうございます。
セミナーに参加できることすごく楽しみです。よろしくお願いします。


2016/3/12&13 伊豆高原リトリートセミナー

廊下から望む富士山

廊下から望む富士山

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事