(新刊執筆中)もうすぐ脱稿!?先が見えてきた油断しつつ、明日はその本の内容を全部しゃべる講演会。



セミナー後にスタッフたちと食事をして帰宅。
あれこれ残務をこなしながら、久々に執筆に勤しんでみました。
前回より6000文字ほど増えていますが・・・なぜだろう???(笑)
そんなに今日は書いてないから、きっと前回の記事のあとにちょっと書き足したんだろうと思います。

明日は大阪・中の島公会堂で「まだまだ執筆中だけど講演会」を開催します。

現在、7分の6が書き終わりました。
あとは大団円に導く最終章が残っているだけです。

その中身をまたお話していきたいと思っています。
当日飛び込み参加もウェルカムですから、どうぞ、お越しくださいませ。

実はお断りがひとつありまして、発売日が延期になりそうなんです。
当初は12月中の発売をもくろんで動いてきたのですが、出版社のスケジュールの都合で変更になるみたいです。
一応、今月末が締切なので原稿はちゃんと仕上げようと思いますが、まだ発売日は未定です。

・・・ということは、講演会では「いつ本が出るか分からないから、かなり早めに内容を学ぶことができる!」というプレミアムが付くことになりました。

今回は書き上げたところまでのお話を90分語らせて頂くのですが、すでに重要なポイントは仕上がっているので、実質「出版講演会」に近いものがあると思ってるんです。

・・・ということを言って、みなさんに明日来て頂こうとするあさましい営業トークでございます(笑)

とはいえ、7分の6を書き終えた、上に、ある程度のイメージはできあがっているので、なんか書き上げたも同然ですよね~(笑)
今まで書いた本の中で、一番、余裕を感じる締め切り前かもしれません。
なんて、調子のいいことを言っていたらあっと今に締め切り日が来ちゃいますので、そこは心してかかりたいと思います。

もうすぐ脱稿・・・。いい響きだなあ・・・。

あわせて読みたい