文庫本のゲラが届いてました。



ホテルに帰るとゲラが届いていた。昔、共著として著した本の文庫本。

内容を今の時代に合わせて吟味しつつ、火曜日には編集者の手にわたっていなければならないブツである。

ワクワクとドキドキが同居する瞬間がゲラを手にしたときなのだなー。これはいつでも変わらないなー。慣れないなあ。

あわせて読みたい