(お客様からのご報告)彼女には助演女優賞をあげたいです。

ほら、自立系武闘派女子の皆さんは念を飛ばすのがお上手ですから気を付けてくださいね。
生霊飛ばし過ぎたりすると色々と・・・ね?被害者が増えますよ。

「彼女には助演女優賞をあげたいです。」
このセリフ、感動ものですね!
素晴らしい体験をなさいました!!

***
先日のセミナー、涙と笑いに包まれたあたたかい時間でした。
ありがとうございます。

不思議なことが起きたので、ご報告します。
職場で私をいじめていた人が入院したのです。セミナー受講していた日に!
正直、私が呪いの念を飛ばしたのかと…こわいな~。。。
偶然にしては、タイミングよすぎてびっくりしました。

退院して復帰したのですが、いじめのターゲットが私から他の人へ変わったようです。
根本さん、彼女のことはお恨み帳にも書いてないんですよ。五寸釘も打ってないし…生き霊は飛ばしちゃったかもしれないけど!

セミナーを受講し、心境の変化がありました。
彼女の背景や事情、いろいろあるでしょうが同情せず、私が悪いのかも…という罪悪感にしばられることなく。

「問題は私が作ってたのか~。ということは、彼女は悪役に徹してくれたのね。おつかれさまでした!彼女はもう、私の世界には必要ない。関係ないから、どう思われてもいいし、何を言われてもいい」

それまでは、誰かを苦手に感じても嫌いになるのは悪いことだと思ってました。苦手な人からも嫌われたくなかったんです。
不快感をあらわにするのもイケないことだと禁じてました。
彼女、私が気をつけてたこと平気でするんですよ。聞こえるように悪口言ったり。

ここまで嫌われると私も彼女のこと大嫌いになったし、和解できなくてもいいと思いました。

そうか、そこまで潜在意識で打ち合わせ済みだったんですね。
彼女には助演女優賞をあげたいです。
ありがとう、さよなら。

根本さんのコミュニケーションの記事、とても興味深いです。
また機会がありましたら、セミナー参加しますね。
(Yさん)
***